FC2ブログ
プロフィール

cosmostudy

Author:cosmostudy
Architect

建築施工のプロへの道

NHK 日曜美術館

日曜美術館 今週のお花
日美 今週の花

一級建築士 過去問題

【 学科試験 】
令和01年度
学科I,Ⅱ (計画,環境・設備)
学科III(法規)
学科IV,Ⅴ(構造,施工)
平成30年度
学科I,Ⅱ (計画,環境・設備)
学科III(法規)
学科IV,Ⅴ(構造,施工)
平成29年度
学科I,Ⅱ (計画,環境・設備)
学科III(法規)
学科IV,Ⅴ(構造,施工)
平成28年度
学科I,Ⅱ (計画,環境・設備)
学科III(法規)
学科IV・Ⅴ(構造・施工)
平成27年度
学科I,Ⅱ (計画,環境・設備)
学科III(法規)
学科IV・Ⅴ(構造・施工)
平成26年度
学科I,Ⅱ (計画,環境・設備)
学科III(法規)
学科IV・Ⅴ(構造・施工)
平成25年度
学科I,Ⅱ (計画,環境・設備)
学科III(法規)
学科IV・Ⅴ(構造・施工)

合格基準点等
(正答枝、配点、合格基準点)
令和01年度
平成30年度
平成29年度
平成28年度
平成27年度
平成26年度
平成25年度
【 設計製図 】
平成29年度
小規模なリゾートホテル
設計課題
下書用紙
答案用紙

平成28年度
子ども・子育て支援センター
設計課題
答案用紙

平成27年度
市街地に建つデイサ付き
高齢者向け集合住宅
設計課題
答案用紙

合格基準点,解答例等
平成29年度
合格基準点等
標準解答例

平成28年度
合格基準点等
標準解答例

平成27年度
合格基準点等
標準解答例

二級建築士 過去問題

【 学科試験 】
令和01年度
学科I,Ⅱ(計画,法規)
学科Ⅲ,Ⅳ(構造,施工)
平成30年度
学科I,Ⅱ(計画,法規)
学科Ⅲ,Ⅳ(構造,施工)
平成29年度
学科I,Ⅱ(計画,法規)
学科Ⅲ,Ⅳ(構造,施工)
平成28年度
学科I,Ⅱ(計画,法規)
学科Ⅲ,Ⅳ(構造,施工)
平成27年度
学科I,Ⅱ(計画,法規)
学科Ⅲ,Ⅳ(構造,施工)
平成26年度
学科I,Ⅱ(計画,法規)
学科Ⅲ,Ⅳ(構造,施工)
平成25年度
学科I,Ⅱ(計画,法規)
学科Ⅲ,Ⅳ(構造,施工)

正答枝、配点、合格基準点
令和01年度
平成30年度
平成29年度
平成28年度
平成27年度
平成26年度
平成25年度
【 設計製図 】
平成30年度
地域住民が交流できるカフェ
を併設する二世帯住宅
鉄筋コンクリート造(ラーメン構造)3 階建て
設計課題
答案用紙

平成29年度
家族のライフステージの変化
に対応できる三世代住宅
(木造2階建て)
設計課題
答案用紙

平成28年度
景勝地に建つ土間スペース
のある週末住宅
(木造2階建て)
設計課題
答案用紙

平成27年度
3階に住宅のある貸店舗
(乳幼児用雑貨店)
RC造(ラーメン構造)3階建
設計課題
答案用紙


合格基準点,解答例等
平成29年度
合格基準点等
標準解答例
平成28年度
合格基準点等
標準解答例
平成27年度
合格基準点等
標準解答例


その他の製図解答例
平成21年度【RC造】
「商店街に建つ陶芸作家
 のための工房
 のある店舗併用住宅」
▶︎ 解答例

リンク2

環境工学・建築設備 コメンタール

2018-04-13

環境工学・建築設備 コメンタール

一級建築士 学科試験 環境工学・建築設備の重要ポイントを整理したものです。
知っておくべき基本事項、および設計製図にも役立つものを念頭に整理しました。

 §1.環境工学
  1.1 日照・日射
  1.2 採光・照明
  1.3 色彩
  1.4 室内気候と気象
  1.5 換気
  1.6 熱・結露
  1.7 音響

 §2.建築設備
  2.1 空気調和設備
  2.2 省エネルギー・保全・管理
  2.3 給排水・衛生設備
  2.4 電気設備
  2.5 消防・防災・防犯設備

以上、学科及び製図対策にご活用ください☆//

 ゼロからはじめる建築の「設備」教室
 ゼロからはじめる 建築の[設備]演習

    

☆★★☆★☆★☆☆☆★☆★☆☆☆★
スポンサーサイト



環境・設備 コメント: 0

設コメ 消防・防災・防犯設備

2018-04-11

建築設備 コメンタール 

§2.建築設備
2.5 消防・防災・防犯設備
1.消火設備・延焼防止設備の種類と防火対象
  消火設備等

2.屋内消火栓設備
 在居者による初期消火の主な設備。
  屋内消火栓設備

3.スプリンクラー設備
 天井にスプリンクラーヘッドを設け、
 火災の熱などを感知して自動的に散水して消火する
 初期消火に最も有効な設備。
  スプリンクラー設備



4.自動火災警報設備
 感知器で熱や煙を自動的に感知し、中継機等を経て、
 中央管理室などに設置した受信機に火災の発生と場所を
 ブザーとランプで知らせる設備。
  自動火災警報設備

環境・設備 コメント: 0

設コメ 電気設備

2018-04-10

建築設備 コメンタール 

§2.建築設備
2.4 電気設備
1.電圧の種別
  電圧の種別

2.受変電設備
 ①受変電設備:
  契約電力が 50kW以上で必要
 
 ②設置形式
  開放形:
   受変電機器を現場で組み立てて配線する。
   設置面積は大きいが、設備は安い。
  閉鎖形:
   キュービクルともいい、
   鋼製のキャビネットに各機器を収めた
   工場組み立てのユニット。
   高価であるが設置面積は小さく、安全性も高い。
   キュービクルは屋外にも設置できる。
   
3.受変電室の位置・面積・構造
 ①受変電室は、
  日常の保守点検が容易で、
  引き込みや機器の搬出入に便利な場所とし、
  防火、騒音、重量を考慮するとともに、
  浸水や災害の恐れがなく、
  水の浸透や湿気の少ない場所とする。

 ②熱が多量の放出されるので、
  換気回数10回/h以上の換気が必要。

 ③受変電室には他設備の配管・ダクトは通さない

 ④電気室の面積は、延べ面積1~2%程度

4.予備電源設備
 ①非常電源用の自家発電装置は、
  非常電源が停電してから電圧確立および投入まで
  40秒以内の所要時間とする。

 ②無停電電源装置(UPS):
  オンラインの電算機などの瞬時停電に対応。

 ③定電圧定周波装置(CVCF):
  電圧などの変動による電算機の誤作動やデータの破壊を防ぐ。

5.電気方式
 ①同じ電力を供給する場合、
  電圧を高くすると電流が少なくなり、電線を細くできる。

 ②三相は単相に比べて電圧降下が小さい。
  単相2線100V:
   主に住宅などの小建築、中小ビルの電灯・コンセント
  単相3線100V/200V:
   主に100Vは電灯・コンセント、
   200Vはエアコン・40W以上の蛍光灯など
  三相3線200V:
   主に動力用

 ③ 3路スイッチは、階段の上階と下階など
  照明を2カ所から点滅する場合に用いる。

6.配電方式
 ・バスダクト方式
  ダクト内に絶縁物を介して銅などの裸電線を直接収めたもの。
  工場や大規模建築物の引込み幹線および
  電気室内の高圧配線などに使用される。

 ・フロアダクト方式
  扁平な角パイプを、床スラブ内に縦横格子状に埋め込み、
  適当な箇所にジャンクションボックスを設ける方式。

 ・セルラダクト方式
  コンクリートスラブの捨て型枠となる
  波型デッキプレートの溝を利用し、
  下面から特殊なプレートを取り付けて
  電気、電話等の配線ダクトにしたもの。

 ・アンダーカーペット方式
  床上とカーペットの間にごく薄い平形のケーブルを
  直接敷設する方式。
  増設や変更に対して、容易に対抗できる。

 ・フリーアクセスフロア方式
  床を2重床とし、
  その間を配線スペースやダクトスペースとするもの。
  コンピュータールームなどに採用される。

 ※直接埋設式地中電線路の土被り:
  車両その他重量物の圧力がある場合 1.2m以上
  その他 0.6m以上
 
7.動力制御設備
 ①スターデルタ始動方式を採用すると、
  電動機等の始動電流を小さく抑え、
  電路、遮断器等の容量が過大になることを防ぐことができる。

 ②熱源機器やポンプなどは、
  大容量の機器を1台設けるよりも小容量の機器を複数台設け、
  負荷に応じて運転台数を制御することが
  省エネルギー上、望ましい。

8.情報通信設備
 ①PBX(Private Branch Exchange:構内電話交換機):
  事務所内などでの電話機相互の接続(内線接続)と、
  電話局の回線(局線)と事業所内の電話機との
  接続(回線接続)を効果的、かつ、経済的に行う装置。

 ②LAN(Local Area Network:構内情報通信網):
  同一建物内等に分散配置されたパソコンやプリンタ等の
  端末同士をつないで、データのやりとりの合理化を図るもの。

9.避雷設備
 ①避雷設備は、高さ20mを超える建築物に必要。

 ②引下げ動線には、鉄、銅、アルミの他、
  建築物の鉄骨や相互接続した鉄筋も利用可能。

続きを読む

環境・設備 コメント: 0

設コメ 給排水・衛生設備

2018-04-09

建築設備 コメンタール 

§2.建築設備
2.3 給排水・衛生設備
1.給水量
 ①主な建物の1日の平均使用水量
  住宅・・・・・・160~250ℓ/(人・日)
  事務所・・・・・ 60~120ℓ/(人・日)
  小中学校・・・・ 40~ 50ℓ/(人・日)
  ビジネスホテル ・・・400~500ℓ/(客・日)
  病院・・・・・ 500~2000ℓ/(床・日)

 ②受水槽の容量:
  1日使用水量の約半分程度、
  高置水槽の容量:
  1日使用水量の約1/10程度 

2.最低必要水圧
 ①一般水栓・・・・・・・・・・30kPa
 ②シャワー、フラッシュバルブ(洗浄弁)・・ 70kPa
 ③ガス瞬間湯沸器・・・・・30~50kPa

3.給水方式
 水道直結方式:
  水道本管の圧力によって給水。受水槽、ポンプが不要
  低層・小規模建物に適する。停電時の給水が可能。
  水質汚染の可能性が最も小さい

 水道直結増圧給水方式
  水道引き込み管に増圧給水設備を設置して給水。
  受水槽が不要。
  低中層・中規模建物に適する。
  適用の際には、水道事業者との事前協議が必要。

 高置水槽方式:
  受水層に貯水してから、
  揚水ポンプによって高置水槽へ揚水した後、
  重力によって給水。
  水道本管の圧力にかかわらず、一定水圧で給水できる。
  中~大規模建築に適する。
  高置水槽が必須。水質汚染の可能性が最も大きい。

 ポンプ直送方式
  受水槽に貯水してから、直送ポンプによって給水。
  中~大規模建築に適する。
  自動制御に費用がかかり設備費が高い。

 圧力水槽方式
  受水槽に貯水してから、給水ポンプで圧力水槽に送水した後、  
  圧力水槽の圧縮空気によって給水。
  中~大規模建築に適する。
  空気が水中に溶けて管が腐食しやすい。
  水圧の変動が大きい。

4.給水配管
 ①クロスコネクションの禁止:
  上水の中に上水以外の水(井戸水も含む)を
  混入してはならない。

 ②汚水等の逆流を防止するために、吐水口空間を設ける。

 ③大便器の洗浄弁や屋外散水栓などには、
  バキュームブレーカ(逆流防止器)を取り付ける。

 ④ウォーターハンマーの防止方法:
  レバーハンドルなどの急閉止の器具を避ける。
  管内流速を 2m/s以下になるように、
  管径を太くする。
  エアチャンバーなどの水撃防止器を付ける。

5.受水層
 ①上水用(飲料用)受水槽は、
  6面点検可能な構造とし、建物の躯体利用は不可。

 ②受水槽の周囲および下部は 60㎝以上、
  マンホール上部は100㎝以上のスペースを確保する。

 ③飲料水以外(雑用水・消火用水)の受水槽は、
  建物の躯体の利用は可能。

6.排水通気設備
 ①雨水は、屋内の他の排水管や通気管へ接続してはならない。

 ②排水トラップの主目的は、
  下水管からの臭気やガスが室内へ侵入するのを防ぐこと。

 ③排水トラップの封水深さは、排水管径に関径なく
  50~100mmとし、二重トラップは禁止されている。

 ④阻集管の目的は、
  排水中に含まれる有毒・危険物質の流下を
  阻止、分離、収集すること。

 ⑤通気管の主目的は、トラップの封水を保護すること。

7.排水処理・排水再利用
 ①排水を高度処理した再利用水(中水)のBODは、
  20ppm以下(20mg/ℓ)とする。

 ②排水再利用水の原水には、
  雑排水のほかに便所洗浄排水も含れまれる。

 ③再利用水は、主に便所の洗浄水として利用される。

8.給湯設備とガス設備
 ①レジオネラ属菌の発生を防ぐために、給湯温度は、
  分岐管でも55℃以下にしないようにする。

 ②ガス瞬間給湯器の号数は、
  1ℓの水を1分間に25℃上昇させる能力を1号としている。

 ③給湯用ボイラーや配管は、
  空調・暖房用ボイラーや配管に比べて腐食しやすい。

 ④LPガス(プロパンガス):
  ガス比重は空気より重く、換気口は最下部に設ける。
  
【 その他 重要用語 】
●バキュームブレーカー
 断水などで給水管内が負圧になろうとする場合、
 外部から空気を吸引して負圧の発生を防ぎ、
 汚水などの逆流を防止する装置。

●ウォーターハンマー(水撃作用)
 管内を流れている水を急に止めると、
 その衝撃で水の瞬間的な圧力が栓や配管・器具に加わり、
 騒音や振動を生じる現象をいう。

●BOD(生物化学的酸素要求量:Biochemical Oxygen Demand)
 水中の微生物が有機汚濁物質を
 生物化学的に酸化分解するときに消費する酸素量であらわす。
 値が大きいほど汚れがひどい。単位 mg/ℓ

環境・設備 コメント: 0

設コメ 省エネルギー・保全・管理

2018-04-04

建築設備 コメンタール 

§2.建築設備
 2.2 省エネルギー・保全・管理
 1°.省エネルギー手法
  ①アクティブソーラー
   屋根などに設けた集熱装置で水や空気を暖め、
   ポンプやファンなど機械設備を使用して蓄熱し、
   冷暖房、給湯に太陽熱を利用するシステム。

  ②パッシブソーラー
   建築物の構造や間取りなどを工夫して日射熱を取入れ、
   建築物自体に蓄熱するなど機械力を使用せずに
   太陽熱利用を図るシステム。

  ③ダイレクトゲイン
   ガラスを透過して室内に取り込まれた日射熱
  (ダイレクトゲイン)を熱容量の大きな床などに蓄熱させ、
   夜間に放熱させて暖房効果を得る方式。

  ④ライトシェルフ
   窓部分に取り付けた庇によって太陽光直射を遮蔽しつつ、
   庇の上面に反射した光を庇上部の拡散窓(欄間)から
   取り入れて、室内天井面に反射させ、柔らかな拡散光を
   室内奥に導入する建築的工夫の一つ。

  ⑤クールチューブ
   外気を地中埋設管(クールチューブ)を経由して
   利用することにより、地中の恒温性を最大限利用して
   外気の予冷・予熱を行うシステム。

  ⑥コージェネレーションシステム
   発電の際の排熱を冷暖房や給湯の熱源として
   利用するように、1つのエネルギー源から
   電力と熱の2つを同時に取り出し、
   エネルギーの有効利用を図るシステム。

  ⑦燃料電池
   水の電気分解の逆反応原理
  (水素と酸素が結合して水ができるときに電力が発生)
   を利用したもの。
   燃料電池を用いたコージェネレーションシステムは、
  「発電効率・総合熱効率が高い」、
  「騒音・振動が少ない」、
  「有害な排気ガスはほとんど発生しない」
   などの利点がある。

  ⑧地域暖房方式
   地域の1か所又は数か所のプラントにおいて製造された
   冷水、蒸気、温水などの熱媒を、
   その地域内の複数の建築物へ供給する方式。

  ⑨BEMS(ビルディング管理システム:
   Building Energy Management System)
   建築物の省エネルギーを実現しながら
   室内環境を適正に保つために、コンピューターによる
   情報処理機能を利用し、一元的な管理を行う為のシステム。
   
 2°.省エネルギー基準
  ①PAL(Perimeter Annual Load)年間熱負荷係数
   【 建築的な省エネルギー 】
   建物外周部の熱的性能を評価する指標
   PAL
   = ペリメーターゾーンの年間熱負荷(MJ/年)
    / ペリメーターゾーンの床面積 [ m2 ]

  ②CEC(Coefficient of Energy Consumption)
   エネルギー消費係数
   【 設備的な省エネルギー】
  ・空調(AC)
  ・空調機以外の換気(V)
  ・照明( L )
  ・給湯( HW )
  ・エレベーター( EV )
  の5種類について示され、
  その値が小さいほど、
  延べ面積当たりのエネルギー消費量は小さい。

  ・V、L、EVの場合
   CEC
  = 年間実態消費エネルギー/年間仮想消費エネルギー量

  ・AC、HW の場合
   CEC
  =年間実態消費エネルギー/年間仮想負荷
  省エネルギー基準


 3°.各種建築物のエネルギー消費量
  ①用途別の一次エネルギー消費原単位 [ MJ/(m2・年) ]
   建物の使用時間の長いホテルや病院の原単位は大きく、
   百貨店、事務所、学校の順に小さくなる。

  ②ホテル、病院は、給湯用の比率が大きい。

  ③学校は、夏休みがあるので、冷房用の比率は小さい。

  ④事務所建築は、空調用が約1/2、照明用が約1/3を占める。

【 その他 重要用語 】

●CASBEE(建築物総合環境性能評価システム)
 建築物の環境性能で評価し格付けする手法。
 建築物における環境性能評価指標として、
 BEE(建築物の環境性能効率)で評価する。

 BEE=建築物の環境品質・性能Q/建築物の外部環境負荷L
   =Q/L

●PM(予防保全:Preventive Maintenance)
 計画的に点検・試験・調整を行い、
 使用中の故障を未然に防止するための保全方法。

●LCC(ライフサイクルコスト:Life Cycle Cost)
 建築や設備の建設から取り壊しまでにかかる総費用

●LCCO2(ライフサイクルCO2::Life Cycle CO2
 建築や設備の建設から取り壊しまでに発生するCO2の総量。

環境・設備 コメント: 0

ホーム 次ページ >

検索フォーム

スポンサーリンク2

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ村・ブログランキング

◆Recommendation◆



設計製図の課題研究の必携品
トレースするだけでも 研究になります

コンパクト建築設計資料集成
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

made in Germany
ロットリング 平行定規 A2 522002 [日本正規品]


□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

P・ドラッガー(著)
すでに起こった未来―変化を読む眼




未来の年表 人口減少日本でこれから起きること (講談社現代新書)


------------------

スポンサーリンク

チームの各人が自らの強みを知って、最大限に活かすことができれば、しいては組織全体が…. そうすれば最強の組織をつくることができる

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0