FC2ブログ
プロフィール

cosmostudy

Author:cosmostudy
Architect

建築施工のプロへの道

NHK 日曜美術館

日曜美術館 今週のお花
日美 今週の花

一級建築士 過去問題

【 学科試験 】
令和01年度
学科I,Ⅱ (計画,環境・設備)
学科III(法規)
学科IV,Ⅴ(構造,施工)
平成30年度
学科I,Ⅱ (計画,環境・設備)
学科III(法規)
学科IV,Ⅴ(構造,施工)
平成29年度
学科I,Ⅱ (計画,環境・設備)
学科III(法規)
学科IV,Ⅴ(構造,施工)
平成28年度
学科I,Ⅱ (計画,環境・設備)
学科III(法規)
学科IV・Ⅴ(構造・施工)
平成27年度
学科I,Ⅱ (計画,環境・設備)
学科III(法規)
学科IV・Ⅴ(構造・施工)
平成26年度
学科I,Ⅱ (計画,環境・設備)
学科III(法規)
学科IV・Ⅴ(構造・施工)
平成25年度
学科I,Ⅱ (計画,環境・設備)
学科III(法規)
学科IV・Ⅴ(構造・施工)

合格基準点等
(正答枝、配点、合格基準点)
令和01年度
平成30年度
平成29年度
平成28年度
平成27年度
平成26年度
平成25年度
【 設計製図 】
平成29年度
小規模なリゾートホテル
設計課題
下書用紙
答案用紙

平成28年度
子ども・子育て支援センター
設計課題
答案用紙

平成27年度
市街地に建つデイサ付き
高齢者向け集合住宅
設計課題
答案用紙

合格基準点,解答例等
平成29年度
合格基準点等
標準解答例

平成28年度
合格基準点等
標準解答例

平成27年度
合格基準点等
標準解答例

二級建築士 過去問題

【 学科試験 】
令和01年度
学科I,Ⅱ(計画,法規)
学科Ⅲ,Ⅳ(構造,施工)
平成30年度
学科I,Ⅱ(計画,法規)
学科Ⅲ,Ⅳ(構造,施工)
平成29年度
学科I,Ⅱ(計画,法規)
学科Ⅲ,Ⅳ(構造,施工)
平成28年度
学科I,Ⅱ(計画,法規)
学科Ⅲ,Ⅳ(構造,施工)
平成27年度
学科I,Ⅱ(計画,法規)
学科Ⅲ,Ⅳ(構造,施工)
平成26年度
学科I,Ⅱ(計画,法規)
学科Ⅲ,Ⅳ(構造,施工)
平成25年度
学科I,Ⅱ(計画,法規)
学科Ⅲ,Ⅳ(構造,施工)

正答枝、配点、合格基準点
令和01年度
平成30年度
平成29年度
平成28年度
平成27年度
平成26年度
平成25年度
【 設計製図 】
平成30年度
地域住民が交流できるカフェ
を併設する二世帯住宅
鉄筋コンクリート造(ラーメン構造)3 階建て
設計課題
答案用紙

平成29年度
家族のライフステージの変化
に対応できる三世代住宅
(木造2階建て)
設計課題
答案用紙

平成28年度
景勝地に建つ土間スペース
のある週末住宅
(木造2階建て)
設計課題
答案用紙

平成27年度
3階に住宅のある貸店舗
(乳幼児用雑貨店)
RC造(ラーメン構造)3階建
設計課題
答案用紙


合格基準点,解答例等
平成29年度
合格基準点等
標準解答例
平成28年度
合格基準点等
標準解答例
平成27年度
合格基準点等
標準解答例


その他の製図解答例
平成21年度【RC造】
「商店街に建つ陶芸作家
 のための工房
 のある店舗併用住宅」
▶︎ 解答例

リンク2

マネジメントには基本とすべき3つの役割がある

2017-12-29

マネジメントには基本とすべき3つの役割がある


「企業をはじめとするあらゆる組織が社会の機関である。
 組織が存在するのは、組織のためではない。
 自らの機能を果たすことによって、
 社会、コミュニティ、個人のニーズを満たすためである。
 組織は目的ではなく、手段である。」
(「マネジメント[エッセンシャル版] - 基本と原則」より)


マネジメント[エッセンシャル版] - 基本と原則


ここでいう組織とは、企業、政府機関、非営利組織など、
特定の目的を持つ人間集団を指す。
これらは、家族、親族、地域共同体など、
絆そのものに価値を持つ人間集団と異なり、
目的は組織の外にある。
組織の外である社会に対し価値ある成果をもたらすがゆえに、
社会の資源を委ねられているにすぎない。

その組織を動かすものがマネジメントである。
ドラッカーはマネジメントには、組織を社会に貢献させる上で、
基本とすべき次の3つの役割があるという。

第1に自らの組織に特有の使命を果たすことである。

第2に仕事を通じて働く人を生かすことである。

現代社会においては、
組織が、生計の源、社会的な地位、コミュニティとの絆、
自己実現を手にする手段である。

第3に自らの組織が社会に与える影響を処理するとともに、
社会の問題の解決に貢献することである。

最近目にする組織の不行状、不祥事の多くが、
これらの基本を忘れたことに起因しているかは明白である。

「転換期にあって特に重要なことは、
 変わらざるものとしての基本と原則とを確認することである」

(「マネジメント[エッセンシャル版] - 基本と原則」より)
スポンサーサイト



P.ドラッガー コメント: 0

イノベーションと企業家精神が常に必要な理由

2017-12-19

イノベーションと企業家精神が常に必要な理由

「われわれは、人の手によるあらゆるものが、歳をとり、硬直化し、陳腐化し、苦しみに変わることを知っている。かくして経済と同様に社会においても、あるいは事業と同様に社会的サービスにおいても、イノベーションと企業家精神が必要となる。」(ドラッガー名著集⑤「イノベーションと企業家精神」

ドラッガーは、人の手によるものに絶対のものはないとする。したがって永遠のものもないとする。あらゆるものがやがて陳腐化する。そして進歩する。それが文明というものである。

だからあらゆるものにイノベーションと企業家精神が必要となる。しかも常時必要となる。

イノベーションと企業家精神が力を発揮するのは、それが全国一律でなく、この製品、この政策、この社会的サービスというように、個別かつ段階的に行われるからである。暫定的であって、期待した結果、必要な成果をもたらさなければ、変えたりやめたり、抵抗されるからだ。言い換えれば、教条的でなく現実的であり、壮大でなく着実だからである。

たとえ大勢の優れた人たちが年月かけてつくりあげたものであっても、見直しと組み立ては常に必要であるという。今のわが国でいうならば、構造改革とその着実な実現である。

「われわれが必要としているものは、イノベーションと企業家精神が当たり前のものとして存在し、維持していく企業家社会である」(イノベーションと企業家精神)



イノベーションと企業家精神 (ドラッカー名著集)

P.ドラッガー コメント: 0

近代合理主義としてのモダンを超えて知覚的に認識せよ

2017-12-03

近代合理主義としてのモダンを超えて知覚的に認識せよ

350年前、デカルトは、我思う。ゆえに我ありといった。
今や、われわれは、我見る。ゆえに我ありといわなければならない
(『イノベーターの条件』(P.F.ドラッガー)より)



中世の暗黒時代では、一つの真理を得るならば、
論理の力によって、もうひとつの真理を得る。
そこからもうひとつの真理を得る。
さらにそこからもうひとつ・・・。
こうして、全世界、全宇宙の真理を得る。
この考察をつきつめると、神の存在まで論理で証明することができる
こうのに考えた幾何学者がいた。

しかし、この定式が成立するには、
最初の真理が、確たる真理でなくてはならない。
悪魔に魅せられた挙句の幻であってはならない。

しかし、かかる考えが幻であったとしても、
かかることを考えている我が、今ここにあることは間違いはない。
こうして彼は、
「我思う。ゆえに我あり」
といった。

暗黒に理性の光が差し込み、
そこから近代合理主義としてのモダンが始まった。

モダンは、すべては論理によって明らかにできるとした。
全体は部分によって規定されるとした。
何事も定量化できて初めて意味をもつとした。

事実、そこから技能の技術化が始まり、工具製作者が生まれ、
ジェームズ・ワットの実用蒸気機関が可能となり、
産業革命の物的基盤がもたらされた。
奇しくも同じ頃、同じスコットランドのアダム・スミスが『国富論』を書いて、
ブルジョア資本主義の理念的基盤ができた。

しかし今日、われわれの眼前にあるあたらしい現実はすべて複雑系である。

論理のみによってそれらの問題を扱うことはできない。
部分最適の和をもって全体最適とすることはできない。
致命的に重要なものは定量化できないもののなかにある。

「知覚的な認知が不可欠である。」

すべてを命あるものとして見る世界観が必要である。
組織社会の成熟、
グローバル経済の展開、
地球環境問題の深刻化、
緊急に提示することが求められている教育ある人間のモデルなど、
すべてが形態的である。

論理だけにたよることはできない。

「デカルト以来重点は論理的な分析に置かれてきた。
これからはこの論理的な分析と知覚的な認識とのバランスが必要とされる」
(『イノベーターの条件』(P.F.ドラッガー)より)

ドラッガーは以上のように考察してるが、
「知覚的に認識せよ」といっているのは
彼の立場的なものだと思う。
実際問題、もっと深いものへの感覚の世界への興味があったにちがいないと
と考えるのは考えすぎだろうか?

いずれにしても、論理至上主義のものは
人間性の欠如につながり、生命維持装置的なもの通じる
と考えらえる。

P.ドラッガー コメント: 0

すでに起こった未来

2017-11-27

『すでに起こった未来』より〜 日本人は知覚的である

日本はコンセプトを輸入してきた。
最初は中国から、次に西洋から輸入した。
日本の文化は、他のいかなる国とも違って知覚的だからである。
(『すでに起こった未来』(P.F.ドラッガー)より)

The_Great_Wave_off_Kanagawa.jpg


ドラッガーはエコノミストとしてロンドンのマーチャントバンクで働いていた頃、
日本画に恋をしたという。病が高じて東洋美術史を教えたこともあるそうです。
 
日本の文化は日本画と書を中心に発展した。
演劇さえ純粋に日本のものであって、劇的というよりも絵画的である。
歌舞伎はカメラとフィルムのない映画だという。
 
日本の風景画は日本の芸術の真髄である。
風景が日本人の心をつくってきた。
日本画の風景における日本人の感覚は、神道的なものの一部である。
それは欧米的な意味での宗教ではない。
神社や祭礼ははるかに古く、しかも日本のすみずみに見ることができる。
 
ドラッガーは人間環境としての国土に対する日本人特有の感覚は、
さらに古く、さらにすみずみにまで行き渡っていると見ている。
 
日本画は空間が支配する。
空間の部分が多いということではなく
空間が絵の構図を規定しているということである。
 
「日本の近代社会の成立と経済活動の発展の根底には、日本の伝統における知覚の能力がある。
これによって日本は、外国である西洋の制度や製品の本質と形態を把握し、それらを再構成することができた。
日本画から見た日本について言えることは、日本は知覚的であるということである。」
(『すでに起こった未来』(P.F.ドラッガー)より)

P.ドラッガー コメント: 0

ネクスト・ソサイエティ

2017-08-24

「知識社会に特有の上方への移動は高い代償をともなう。
 それは、競争にともなう心理的な圧力と精神的なストレスである」
(『ネクスト・ソサイエティ』)

ドラッガーは、われわれが今、直面している社会を
知識社会(ネクスト・ソサイエティ)と呼んでいます。

知識社会には、三つの特徴があります。
第一に、
万人に職業選択の自由がある転職可能な社会である。

第二に、
万人に教育の機会が与えられるがゆえに、
誰もが出世可能な社会である。

第三に、
万人が知識を手に入れ、、しかも、万人が勝てるわけではないので、
勝者と敗者がいる社会です。

ドラッガーは言います。
「知識労働者たる者は、若いうちに、
 非競争的な生活とコミュニティをつくりあげておかねければならない。
 コミュニティでのボランティア活動、
 地元のオーケストラの参加や、
 小さな町での公職など、
 仕事以外の関心事をそだてておく必要がある。」
(『ネクスト・ソサイエティ』)



子供のころから続けている、
利害のからまない会社以外のコミュニティを
つくりあげていればいいですが、
そうでない場合は、定年前よりずっと早い段階で
つくり出す必要があります。

或いは、会社勤めでない場合は
死ぬまで続けることのできる仕事であるか
という選択肢もあるかもしれません。

ひとつの会社に依存しきってしまうのは
避けたいですね。


P.ドラッガー コメント: 0

ホーム 次ページ >

検索フォーム

スポンサーリンク2

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ村・ブログランキング

◆Recommendation◆



設計製図の課題研究の必携品
トレースするだけでも 研究になります

コンパクト建築設計資料集成
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

made in Germany
ロットリング 平行定規 A2 522002 [日本正規品]


□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

P・ドラッガー(著)
すでに起こった未来―変化を読む眼




未来の年表 人口減少日本でこれから起きること (講談社現代新書)


------------------

スポンサーリンク

チームの各人が自らの強みを知って、最大限に活かすことができれば、しいては組織全体が…. そうすれば最強の組織をつくることができる

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0