FC2ブログ
プロフィール

cosmostudy

Author:cosmostudy
Architect

建築施工のプロへの道

NHK 日曜美術館

日曜美術館 今週のお花
日美 今週の花

一級建築士 過去問題

【 学科試験 】
令和01年度
学科I,Ⅱ (計画,環境・設備)
学科III(法規)
学科IV,Ⅴ(構造,施工)
平成30年度
学科I,Ⅱ (計画,環境・設備)
学科III(法規)
学科IV,Ⅴ(構造,施工)
平成29年度
学科I,Ⅱ (計画,環境・設備)
学科III(法規)
学科IV,Ⅴ(構造,施工)
平成28年度
学科I,Ⅱ (計画,環境・設備)
学科III(法規)
学科IV・Ⅴ(構造・施工)
平成27年度
学科I,Ⅱ (計画,環境・設備)
学科III(法規)
学科IV・Ⅴ(構造・施工)
平成26年度
学科I,Ⅱ (計画,環境・設備)
学科III(法規)
学科IV・Ⅴ(構造・施工)
平成25年度
学科I,Ⅱ (計画,環境・設備)
学科III(法規)
学科IV・Ⅴ(構造・施工)

合格基準点等
(正答枝、配点、合格基準点)
令和01年度
平成30年度
平成29年度
平成28年度
平成27年度
平成26年度
平成25年度
【 設計製図 】
平成29年度
小規模なリゾートホテル
設計課題
下書用紙
答案用紙

平成28年度
子ども・子育て支援センター
設計課題
答案用紙

平成27年度
市街地に建つデイサ付き
高齢者向け集合住宅
設計課題
答案用紙

合格基準点,解答例等
平成29年度
合格基準点等
標準解答例

平成28年度
合格基準点等
標準解答例

平成27年度
合格基準点等
標準解答例

二級建築士 過去問題

【 学科試験 】
令和01年度
学科I,Ⅱ(計画,法規)
学科Ⅲ,Ⅳ(構造,施工)
平成30年度
学科I,Ⅱ(計画,法規)
学科Ⅲ,Ⅳ(構造,施工)
平成29年度
学科I,Ⅱ(計画,法規)
学科Ⅲ,Ⅳ(構造,施工)
平成28年度
学科I,Ⅱ(計画,法規)
学科Ⅲ,Ⅳ(構造,施工)
平成27年度
学科I,Ⅱ(計画,法規)
学科Ⅲ,Ⅳ(構造,施工)
平成26年度
学科I,Ⅱ(計画,法規)
学科Ⅲ,Ⅳ(構造,施工)
平成25年度
学科I,Ⅱ(計画,法規)
学科Ⅲ,Ⅳ(構造,施工)

正答枝、配点、合格基準点
令和01年度
平成30年度
平成29年度
平成28年度
平成27年度
平成26年度
平成25年度
【 設計製図 】
平成30年度
地域住民が交流できるカフェ
を併設する二世帯住宅
鉄筋コンクリート造(ラーメン構造)3 階建て
設計課題
答案用紙

平成29年度
家族のライフステージの変化
に対応できる三世代住宅
(木造2階建て)
設計課題
答案用紙

平成28年度
景勝地に建つ土間スペース
のある週末住宅
(木造2階建て)
設計課題
答案用紙

平成27年度
3階に住宅のある貸店舗
(乳幼児用雑貨店)
RC造(ラーメン構造)3階建
設計課題
答案用紙


合格基準点,解答例等
平成29年度
合格基準点等
標準解答例
平成28年度
合格基準点等
標準解答例
平成27年度
合格基準点等
標準解答例


その他の製図解答例
平成21年度【RC造】
「商店街に建つ陶芸作家
 のための工房
 のある店舗併用住宅」
▶︎ 解答例

リンク2

自己啓発本の紹介

2017-09-01

自己啓発書籍の紹介
♠️♦️❤️♣️★★


   

⚫︎「ブラック・スワン ー 不確実性のリスクと本質 」
 ナシーム・ニコラス・タブレ著・望月衛訳 ダイヤモンド社
 人は自分で思っているほど実際には物事を把握し予測することはできない
 と著者タブレは言う。
 表題のブラッグ・スワンとは、
 白鳥は白いと信じられてきたが、
 オーストラリア大陸で黒い白鳥が発見され
 常識が覆された逸話に由来する。
 本書では「ブラック・スワン」の特徴として以下の3つをあげる。
 1.予測できない
 2.非常にインパクトがある
 3.実際に起きると後付けの説明で予測可能もしくは既知のこととして扱われる。
 「サブプライムローン危機」発生以前に刊行されたこともあり、
 経済・金融関係者の話題をさらった示唆に富んだ書籍。





●本当に自分に合った仕事を見つけるにはどうしたらいいか?
「バタフライハンター」
 クリス・バラード書・渡辺佐智江訳 日経BP
 人は自分の仕事を「労務」「キャリア」「天職」
 のいずれかとして捉えて働いているという仕事学者の分析



●「クリエイティブ・クラスの世紀」
  リチャード・フロリダ著・井口典夫訳 ダイヤモンド社
ホワイトカラー/ブルーカラーという分類、
またナレッジワーカー(知識労働者)以降の、
いわゆるプロフェッショナルとされる知識労働者を指して本書では
「クリエイティブ・クラス」と呼んでいるが、その意味合いは多様。



⚫︎「プロジェクト・ブック」
 阿部仁史・本江正成・小野田泰明・堀口徹著、彰明社



⚫︎「考える技術・書く技術 ー 問題解決力を伸ばすピラミッド原則」
 バーバラ・ミント著・山崎 康司訳、ダイヤモンド社



⚫︎「ハイ・コンセプト「新しいこと」を考え出す人の時代」
 ダニエル・ピンク著、大前 研一訳、三笠書房
歴史的に見て価値の高いものは、第一次産業から第二次産業へ近年では情報への移動してきており、現代ではコンセプトが重要だと説く。このような時代では、情報時代には最も価値があるとされてきた医師・会計士・弁護士などのプロフェッションまでもが、コンセプトが加わらないと大きく価値を減じてしまう。この本では、コンセプトを、
1.機能だけでなく「デザイン」
2.議論よりは「物語」
3.個別よりも「全体の調和」
4.論理ではなく「共感」
5.まじめだけではなく「遊び心」
6.「モノ」よりも「生きがい」の感性
として定義している。



⚫︎「水源」
 アイン・ランド書・藤森かよこ訳、ビジネス社
フランク・ロイド・ライトがモデルともいわれる建築家を主人公にした、創造性を発揮する自己実現の欲望に正直な個人が社会にどのような影響を及ぼすのかを描いたフィクション小説。全米で500万部以上発行されている。日本では同書がゲーリー・クーパー主演で映画化された「摩天楼」が有名。


スポンサーサイト



書籍 コメント: 0

ホーム

検索フォーム

スポンサーリンク2

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ村・ブログランキング

◆Recommendation◆



設計製図の課題研究の必携品
トレースするだけでも 研究になります

コンパクト建築設計資料集成
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

made in Germany
ロットリング 平行定規 A2 522002 [日本正規品]


□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

P・ドラッガー(著)
すでに起こった未来―変化を読む眼




未来の年表 人口減少日本でこれから起きること (講談社現代新書)


------------------

スポンサーリンク

チームの各人が自らの強みを知って、最大限に活かすことができれば、しいては組織全体が…. そうすれば最強の組織をつくることができる

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0