FC2ブログ
プロフィール

cosmostudy

Author:cosmostudy
Architect

建築施工のプロへの道

NHK 日曜美術館

日曜美術館 今週のお花
日美 今週の花

一級建築士 過去問題

【 学科試験 】
令和01年度
学科I,Ⅱ (計画,環境・設備)
学科III(法規)
学科IV,Ⅴ(構造,施工)
平成30年度
学科I,Ⅱ (計画,環境・設備)
学科III(法規)
学科IV,Ⅴ(構造,施工)
平成29年度
学科I,Ⅱ (計画,環境・設備)
学科III(法規)
学科IV,Ⅴ(構造,施工)
平成28年度
学科I,Ⅱ (計画,環境・設備)
学科III(法規)
学科IV・Ⅴ(構造・施工)
平成27年度
学科I,Ⅱ (計画,環境・設備)
学科III(法規)
学科IV・Ⅴ(構造・施工)
平成26年度
学科I,Ⅱ (計画,環境・設備)
学科III(法規)
学科IV・Ⅴ(構造・施工)
平成25年度
学科I,Ⅱ (計画,環境・設備)
学科III(法規)
学科IV・Ⅴ(構造・施工)

合格基準点等
(正答枝、配点、合格基準点)
令和01年度
平成30年度
平成29年度
平成28年度
平成27年度
平成26年度
平成25年度
【 設計製図 】
平成29年度
小規模なリゾートホテル
設計課題
下書用紙
答案用紙

平成28年度
子ども・子育て支援センター
設計課題
答案用紙

平成27年度
市街地に建つデイサ付き
高齢者向け集合住宅
設計課題
答案用紙

合格基準点,解答例等
平成29年度
合格基準点等
標準解答例

平成28年度
合格基準点等
標準解答例

平成27年度
合格基準点等
標準解答例

二級建築士 過去問題

【 学科試験 】
令和01年度
学科I,Ⅱ(計画,法規)
学科Ⅲ,Ⅳ(構造,施工)
平成30年度
学科I,Ⅱ(計画,法規)
学科Ⅲ,Ⅳ(構造,施工)
平成29年度
学科I,Ⅱ(計画,法規)
学科Ⅲ,Ⅳ(構造,施工)
平成28年度
学科I,Ⅱ(計画,法規)
学科Ⅲ,Ⅳ(構造,施工)
平成27年度
学科I,Ⅱ(計画,法規)
学科Ⅲ,Ⅳ(構造,施工)
平成26年度
学科I,Ⅱ(計画,法規)
学科Ⅲ,Ⅳ(構造,施工)
平成25年度
学科I,Ⅱ(計画,法規)
学科Ⅲ,Ⅳ(構造,施工)

正答枝、配点、合格基準点
令和01年度
平成30年度
平成29年度
平成28年度
平成27年度
平成26年度
平成25年度
【 設計製図 】
平成30年度
地域住民が交流できるカフェ
を併設する二世帯住宅
鉄筋コンクリート造(ラーメン構造)3 階建て
設計課題
答案用紙

平成29年度
家族のライフステージの変化
に対応できる三世代住宅
(木造2階建て)
設計課題
答案用紙

平成28年度
景勝地に建つ土間スペース
のある週末住宅
(木造2階建て)
設計課題
答案用紙

平成27年度
3階に住宅のある貸店舗
(乳幼児用雑貨店)
RC造(ラーメン構造)3階建
設計課題
答案用紙


合格基準点,解答例等
平成29年度
合格基準点等
標準解答例
平成28年度
合格基準点等
標準解答例
平成27年度
合格基準点等
標準解答例


その他の製図解答例
平成21年度【RC造】
「商店街に建つ陶芸作家
 のための工房
 のある店舗併用住宅」
▶︎ 解答例

リンク2

施工 コメント 基礎工事

2018-04-30

1.3.4 基礎工事

重要ポイント

1.杭の中心間隔
  杭の中心間隔


2.プレボーリング打撃併用工法と
  プレボーリング工法の掘削孔の径
 プレボーリング打撃併用工法


3.杭の施工精度
  杭の施工精度


4.打込み杭のポイント
 ①積込み・荷卸しは2点支持、建込みは1点支持。
 ②杭の打込みは、群の中心から外側に向かって打ち進める。

5.場所打ちコンクリート杭の比較と特徴
 場所打ちコンクリート杭の比較と特徴


6.場所打ちコンクリート杭のポイント
 ①コンクリートは、原則として、
  気温のよる温度補正は行わない。

 ②単位セメント量の最小値
  無水掘りの場合:270kg/m3
  上記以外の場合:330kg/m3

 ③場所打ちコンクリート杭の鉄筋のかぶり厚さ
  100mm

 ④スライムの除去は確実に行う。

 ⑤鉄筋かごの組み立ては、鉄線で結束する。
  帯筋の継手は、片面10d以上のフレアーグルーブ溶接

 ⑥鉄筋かごの長さの調整は、最下段の鉄筋かごで行う。

 ⑦トレミー管の先端は、
  コンクリートの中に2m以上埋まっているように保持する。

7.地盤改良
 地盤改良


スポンサーサイト



施工 コメント: 0

施工 コメント 土工事

2018-04-28

1.3.3 土工事

重要ポイント

1.掘削に伴う土の容積増加
 ①砂質土:1.1~1.2倍になる。
 ②粘土質:1.25~1.35倍になる。

2.根切り
 ①一般的に、
  1.5m以上の根切り工事を行う場合、
  山留めを設けなければならない。

 ②山留め壁がある場合の掘削は、
  中央部から両側へ向かって掘削していく。

3.手掘りによる掘削高さと法面勾配
 ①岩盤・硬い粘土からなる地山
  5m未満または90度以下
  5m以上は75度以下

 ②砂からなる地山:
  35度以下または5m未満

4.排水
 ①かま場排水工法
 ・かま場と称する排水ピットに
  水中ポンプを設置して排水する工法。

 ・根切り底に溜まる雨水の排水に適する。

 ②ディープウェル工法
 径25~45㎝のストレーナーを有する管を土中に挿入し、
 高揚程のポンプで排水する工法。

 ③ウェルポイント工法(強制排水工法)
 ・ライザーパイプの先端にウェルポイントと称する
  集水管を取り付けた揚水管を地下水面下に多数打込み、
  真空ポンプを用いて地下水を強制的に汲み上げ
  排水する工法

 ・粘性土地盤より砂質地盤に適する。

 ・掘削斜面からの湧水の処理に適する。

 ④リチャージ工法
 ディープウェルで汲み上げた水を戻す工法。
 
 ・地盤沈下を抑える。

 ・下水道料金がかからない。

5.床付け・埋戻し・盛土
 ①床付け:
  機械掘削は、床付け面30㎝程度を残し、
  最後の30㎝は手堀り、又は爪がない特殊バケットで仕上げる。

 ②埋戻し:
  転圧・水締めなどは、30㎝程度ごとに行う。

 ③盛土:
  転圧などは、30㎝程度ごとに行う。

6.山留め工法の分類と概要・特徴

  山留め工法の分類と概要・特徴

7.支保工の設置
 ①腹起しの継手は、
  火打ちばりの内側(切ばりと仕口付近を除く)
  または近くなど、曲げモーメントの小さい位置に設ける。

 ②切ばりの継手は、交差部の近くに設ける。

 ③構面内外の座屈が生じないように、
  各支保工の結束はしっかり行う。

 ④鋼材(リース材)の許容応力度は、
  長期許容応力度と短期許容応力度との
  平均値以下とする。

 ⑤支柱は十分な安全性を確認した上で、乗入れ構台の支柱と兼用できる。

施工 コメント: 0

施工 コメント 仮設工事

2018-04-23

1.3.2 仮設工事

重要ポイント

1.仮囲い
 ①木造以外では2以上の階数を有する建築物の工事の場合、
  高さが1.8m以上の仮囲いを設けなければならない。

 ②仮囲いに設ける扉は、引き戸、内開きとする。


2.登り桟橋
 ①勾配は、30度以下とする。

 ②高さ8m以上の登りさん橋の折り返しまたは踊り場は、
  高さ7m以内ごとに設ける。

  登り桟橋


3.乗入れ構台
 躯体コンクリート打設時に、
 乗り入れ構台大引下の床の均し作業ができるように、
 大引下端を床上端より20~30㎝程度上に設定する。
 支柱は、地下躯体の主要構造部分(基礎ばり、柱、はり)
 に当たらないように配置する。
 車乗り入れ部の勾配は、1/10~1/6程度とする。


4.単管足場と枠組足場の比較
  単管足場


5.つり足場
 ①つり足場の作業床は、
  幅40㎝以上とし、かつ、すき間がないようにする。

 ②つり足場の上で、
 脚立、はしごなどを用いて労働者に作業をさせてはならない。

6.つり部材
 つり部材の安全係数
 つり部材


7.防護だな(朝顔)
  防護だな


8.はしご道
 はしご道の上端は床から60㎝以上突き出させる。


9.昇降設備
 高さまたは深さが、1.5m超える箇所で作業を行うときは、
 労働者が安全に昇降するための設備などを設ける。
  昇降設備
 

施工 コメント: 0

施工 コメント 地盤調査

2018-04-20

1.3.1 地盤調査

重要ポイント

1.一般事項
 支持杭を採用する場合、
 杭先端下部5~10m程度まで地盤調査を行う。

2.ボーリング
 ①ボーリングとは、
  地盤構成の確認や土質試験用試料の採取、
  標準貫入試験およびボーリング孔内載荷試験などの
  原位置試験を行うための孔をつくる作業。

 ②直接基礎の場合、ボーリング調査の深度は、
  建物幅の1.5~2倍程度。

3.ボーリングを利用した原位置試験
 ①孔内載荷試験
  地盤の強さ変形特性を求めるための試験
  鉛直方向と水平方向とがある。
  それぞれ、孔底と孔壁で行う。

 ②地下水の調査
 ・地下水の調査方法には揚水試験と現場透水試験がある。
 ・揚水試験:
  揚水井を設け、それを中心に十字状に観測井を設け、
  揚水井から水を汲み上げて、
  観測井の水位低下を観測するもの。
 ・現場透水試験:
  井戸を掘って水をくみ上げ、
  地盤中の水の通りやすさを調べる

4.サウンディング
 ①標準貫入試験
  ボーリング孔を利用して、重さ63.5±0.5kgのおもりを
  76±1㎝の高さから自由落下させ、
  サンプラーを30㎝貫入させるのに必要な打撃回数
 (N値)から、原位置における土の硬軟、締り具合の相対値を
  定量的に知るためのN値を求める試験。
  試験時に乱した土の試料が得られるので、
  地層が直接観察できる利点がある。
  砂質土のせん断強さの調査によく採用される。

  ・ボーリング孔が鉛直な場合に比べて、
   鉛直でない場合、N値は大きくなる。

  ・砂質地盤に比べて砂礫地盤の方が、N値は大きい

  ・本打ちの打撃数は、
   特に必要のない限り50回を限度とする。
 
 ②ポータブルコーン貫入試験
  この試験は、先端にコーンを取り付けたロッドを
  人力により一定速度( 1㎝/s)で地盤に連続圧入する。
  軟弱な粘土、シルト、または泥炭(ピート、クチャ)を
  主体とする軟弱地盤の場合に適した方法。
  調査深度はごく軟弱な地盤でも5m程度が限度。

 ③スウェーデン式貫入試験
  土の硬軟、締り具合、あるいは土質構成を判定する。
  この試験は硬くない粘土層に適し、
  砂質土に対しても緩いものや薄層のものであれば可能。

 ④オランダ式二重管コーン貫入試験(ダッチコーン)
  原位置において、
  コーンを静的に地盤に押し込むときの貫入抵抗から、
  土層の硬軟締り具合、あるいはその構成を判定する。
  特に軟弱な粘性土の調査に適している。
  一般に、砂礫層、玉石層などは、
  反力装置の関係上測定は不可能。

5.物理探査
 ①弾性波速度検層(PS検層)
  P波・S波の速度分布を測定し、その速度値から、
  地盤の硬軟の判定およびポアソン比、剛性率、ヤング率
  などを求めて、構造物の耐震設計資料を得る。

 ②常時微動測定
  常時微動は、工場機械、交通機関などの
  人工的な震動源で引き起こされる。
  変位振幅が数μm以下
  振動周期が0.05秒ぐらいから数秒ぐらいまでの
  雑振動。
  その卓越周期は同じ場所での地震動の卓越周期と一致する
  という性質がある。
  測定することにより、地震動の周期特性を知り、
  建物の耐震設計や設計用地震波の作成に利用され、
  卓越周期から地盤種別が判断できる。

6.平板載荷試験
  建造物を設置する地盤に載荷板を通じて荷重を加え、
  荷重と沈下の関係から地盤の支持力を求めるために行う
  原位置試験で、実際の構造物の支持力の検討に利用する。

 ①載荷板は直径30㎝以上の円形とし、
  上下面が平滑で厚さ25mm以上の鋼板とする。
  載荷板幅の1.5〜2倍までの深さの地盤の支持力特性
  の調査が可能。

 ②試験地盤面は、
  載荷板の中心から1.0m以上の範囲を水平に整地する。

7.サンプリング
  土質試験のための地盤土を代表する土質試料を採取
  することをサンプリングという。
  ボーリング孔からの試料の採取は、
  平面的に分散させず、深さ方向に密にする。

8.土質試験
 ①一軸圧縮試験
  側圧を受けない状態で自立する供試体の
  最大圧縮応力(一軸圧縮強さ)を求める。

 ②三軸圧縮試験
  拘束圧を作用させた状態での圧縮強さを調べるもの。
  粘着力、内部摩擦角が測定できる。

 ③圧密試験
  圧密とは、粘土中の間隙水が排出されるために生じる
  体積減少(密度は増加する)のこと。
  この圧密沈下を予測するために圧密試験を実施する。
  側面を拘束した状態で、
  軸方向に排水を許しながら載荷して、圧密係数を求める。

施工 コメント: 0

施工コメント 申請・届出

2018-04-19

1.2.3 申請・届出

重要ポイント

1.建築関係一般
  建築関係一般

2.道路関係
  道路関係

3.公害関係
  公害関係

4.労働安全衛生法関係
  労働安全衛生法関係

 (注1)建設工事の計画届を
     労働基準監督署長に届け出るべき仕事(建築)
    ①高さ31mを超える建築物または
     工作物の建築等(解体も含む)の仕事
    ②掘削の高さまたは深さが10m以上である
     地山の掘削の作業を行う仕事
    ③石綿などの除去の作業を行う仕事

 (注2)建設物設置届を
     労働基準監督署長に届け出るべきものの例
    ①型枠支保工:支柱の高さが3.5m以上のもの
    ②足場:つり足場、張出し足場、高さ10m以上の足場で、
     かつ、60日以上存続させるもの。
     (30日前までに)

5.その他安全関係
  その他安全関係


6.その他
  その他


施工 コメント: 0

施工 コメント 材料管理

2018-04-18

1.2.2 材料管理

重要ポイント

1.材料管理に関する一般事項
 ①JISまたはJASのマーク表示のある材料並びに
  規格、基準などの規格証明書が添付された材料は、
  設計図書に定める品質および性能を有するもの
  として取り扱うことができ、材料の試験は省略できる。

 ②塗料、接着剤などの化学製品の取扱いに当たっては、
  製造所が作成したMSDS(化学物質等安全データシート)
  を常備し、その記載内容を周知を徹底することにより、
  作業員の健康維持などに努める。

2.各材料の取扱いに関する留意点
 ①セメント
 防湿に注意し、通風や圧力は避ける。
 積み増さねは、床を30㎝以上あげ、10袋以下とする。

 ②鉄筋
 コンクリートとの付着強度を低下させる原因となる
 泥・油分などの有害物の付着および
 雨露や潮風にさらして有害な錆の発生を起こさないよう、
 枕木を使用して地面から10㎝以上離して保管する。

 ③骨材 
 軽量骨材や吸水性の大きい高炉スラグ砕石の場合は、
 保管中も散水(プレウォッチングプレソーキング)して、
 所定の吸水状態を保ち、
 コンクリート練混ぜ中に骨材が吸水不足により
 セメントペースト中の水分を吸収することがないようにする。

 ④せき板
 せき板に用いる木材やコンクリート用型枠合板の保管は、
 通風をよくして乾燥させる。
 屋内保管が望ましいが、屋外で保管する場合は
 直射日光が当たるのを避け、濡らさないように注意する。

 ⑤溶接棒
 所定の品質ものものを、乾燥した状態で使用する。

 ⑥PC板
 平積みとして保管する場合は、
 枕木2本使用し、積み重ね枚数は6枚以下とする。

 ⑦PC鋼材
 現場において加工・組立てを行う場合、
 加熱または溶接を行ってはならない。

 ⑧板ガラス
 原則として縦置き(床面との角度 85°程度)とし、
 乾燥した場所にロープなどで緊結して保管する。

 ⑨塗料
 塗料置き場は、不燃材料で造った平屋根とし、
 周囲の建物から 1.5m以上離す


施工 コメント: 0

施工 コメント 現場管理

2018-04-17

1.2.1 現場管理

重要ポイント

1.安全衛生管理体制
 安全で快適な作業環境を作るため、
 元請負業者と下請負業者が一体となって
 安全衛生管理体制を確立する。
 安全衛生管理は、現場代理人が責任者となって行う。
  安全衛生管理体制

2.作業における安全衛生
 事業者は労働災害を防止するため、
 一定の作業について有資格者の中から作業主任者を
 専任しなければならない。
  作業における安全衛生

3.安全衛生教育
 特別教育の必要な業務
 ①つり上げ荷重が5t 未満のクレーンの運転業務

 ②つり上げ荷重が1t 未満の移動式クレーンの運転業務

 ③つり上げ荷重が1t 未満
  クレーン・移動式クレーン・デリックの玉掛け業務

 ④作業床の高さが10m未満高所作業車の運転業務


施工 コメント: 0

施工 コメント 施工計画・工程管理

2018-04-16

1.1 施工計画・工程管理

重要ポイント

1.施工計画書の内容と構成
 ①施工計画書の内容
  施工の手順・方法を具体的に記述したもので、
  仮設、安全・環境対策、工程、品質計画など
  の内容を含む。

 ②施工計画書の構成
  施工計画書
  ・基本工程表
  ・総合施工計画書
  ・工事種別施工計画書
    工程表
    施工要領書
    品質管理計画
  施工計画書の内容と構成
 
2.設計図書の構成と優先順位
 ①設計図書には、
 標準仕様書設計図特記仕様書現場説明書質疑回答書
 が含まれる。
  ※見積書は含まれない。

 ②設計図書の優先順位
  ・質疑回答書
  ・現場説明書
  ・特記仕様書
  ・設計図
  ・標準仕様書
  
3.工事用電力の同時使用係数
 ①同時使用係数とは、
  機器を同時に使用する度合いを示す係数

 ②工事用照明はほぼ一斉に点灯するので、
  個々に使用する溶接機より同時使用係数は大きい。
  工事用電力の同時使用係数

4.鉄骨建方方式と揚重計画
 ①鉄骨の建方には高層建物によく採用される積上方式と、
  低層・中層建物によく採用される建逃方式がある。
  鉄骨建方方式と揚重計画

 ②一般に、
  積上方式には固定式タワークレーンが採用され、
  建逃方式にはトラッククレーンなどの
  移動式クレーンが採用される。

5.工程表の作成上の留意点
 ①躯体工事には、
  天候の影響および労働力の季節変動を見込む。

 ②仕上げ工事は、
  養生・乾燥期間などの余裕を見込む必要があり、
  工期の短縮は難しい。

6.ネットワーク工程表
 ネットワーク工程表において、
 最も時間のかかる作業経路をクリティカルパスといい、
 これを重点管理することが、
 工程管理上、最も重要である。

7.品質管理
 ① ISO 9001:品質マネジメントシステム
 ② ISO 14001:環境マネジメントシステム

施工 コメント: 0

一級建築士 学科試験 施工に関する重要ポイント

2018-04-16

施工 コメンタール

一級建築士 学科試験 施工に関する重要ポイントを整理したものです。
知っておくべき基本事項を念頭に整理したものです。

 1.1 施工計画・工程管理
 1.2.1 現場管理
 1.2.2 材料管理
 1.2.3 申請・届出
 1.3.1 地盤調査
 1.3.2 仮設工事
 1.3.3 土工事
 1.3.4 基礎工事
 1.3.5 鉄筋工事
 1.3.6 型枠工事
 1.3.7 コンクリート工事
 1.3.8 鉄骨工事
 1.3.9 プレキャスト鉄筋コンクリート工事
 1.3.10 メーソンリー工事
 1.3.11 防水工事
 1.3.12 張り石工事
 1.3.13 タイル工事
 1.3.14 木工事
 1.3.15 左官工事
 1.3.16 カーテンウォール・ガラス工事
 1.3.17 内装工事
 1.3.18 塗装工事
 1.3.19 改修工事
 1.3.20 設備工事

まずは、施工計画・工程管理より

========================================
1.1 施工計画・工程管理
重要ポイント
1.施工計画書の内容と構成
 ①施工計画書の内容
  施工の手順・方法を具体的に記述したもので、
  仮設、安全・環境対策、工程、品質計画など
  の内容を含む。

 ②施工計画書の構成
  施工計画書
  ・基本工程表
  ・総合施工計画書
  ・工事種別施工計画書
    工程表
    施工要領書
    品質管理計画
  施工計画書の内容と構成
 
2.設計図書の構成と優先順位
 ①設計図書には、
 標準仕様書設計図特記仕様書現場説明書質疑回答書
 が含まれる。
  ※見積書は含まれない。

 ②設計図書の優先順位
  ・質疑回答書
  ・現場説明書
  ・特記仕様書
  ・設計図
  ・標準仕様書
  
3.工事用電力の同時使用係数
 ①同時使用係数とは、
  機器を同時に使用する度合いを示す係数

 ②工事用照明はほぼ一斉に点灯するので、
  個々に使用する溶接機より同時使用係数は大きい。
  工事用電力の同時使用係数

4.鉄骨建方方式と揚重計画
 ①鉄骨の建方には高層建物によく採用される積上方式と、
  低層・中層建物によく採用される建逃方式がある。
  鉄骨建方方式と揚重計画

 ②一般に、
  積上方式には固定式タワークレーンが採用され、
  建逃方式にはトラッククレーンなどの
  移動式クレーンが採用される。

5.工程表の作成上の留意点
 ①躯体工事には、
  天候の影響および労働力の季節変動を見込む。

 ②仕上げ工事は、
  養生・乾燥期間などの余裕を見込む必要があり、
  工期の短縮は難しい。

6.ネットワーク工程表
 ネットワーク工程表において、
 最も時間のかかる作業経路をクリティカルパスといい、
 これを重点管理することが、
 工程管理上、最も重要である。

7.品質管理
 ① ISO 9001:品質マネジメントシステム
 ② ISO 14001:環境マネジメントシステム

施工 コメント: 0

環境工学・建築設備 コメンタール

2018-04-13

環境工学・建築設備 コメンタール

一級建築士 学科試験 環境工学・建築設備の重要ポイントを整理したものです。
知っておくべき基本事項、および設計製図にも役立つものを念頭に整理しました。

 §1.環境工学
  1.1 日照・日射
  1.2 採光・照明
  1.3 色彩
  1.4 室内気候と気象
  1.5 換気
  1.6 熱・結露
  1.7 音響

 §2.建築設備
  2.1 空気調和設備
  2.2 省エネルギー・保全・管理
  2.3 給排水・衛生設備
  2.4 電気設備
  2.5 消防・防災・防犯設備

以上、学科及び製図対策にご活用ください☆//

 ゼロからはじめる建築の「設備」教室
 ゼロからはじめる 建築の[設備]演習

    

☆★★☆★☆★☆☆☆★☆★☆☆☆★

環境・設備 コメント: 0

ホーム 次ページ >

検索フォーム

スポンサーリンク2

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ村・ブログランキング

◆Recommendation◆



設計製図の課題研究の必携品
トレースするだけでも 研究になります

コンパクト建築設計資料集成
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

made in Germany
ロットリング 平行定規 A2 522002 [日本正規品]


□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

P・ドラッガー(著)
すでに起こった未来―変化を読む眼




未来の年表 人口減少日本でこれから起きること (講談社現代新書)


------------------

スポンサーリンク

チームの各人が自らの強みを知って、最大限に活かすことができれば、しいては組織全体が…. そうすれば最強の組織をつくることができる

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0