FC2ブログ
プロフィール

cosmostudy

Author:cosmostudy
Architect

建築施工のプロへの道

NHK 日曜美術館

日曜美術館 今週のお花
日美 今週の花

一級建築士 過去問題

【 学科試験 】
令和01年度
学科I,Ⅱ (計画,環境・設備)
学科III(法規)
学科IV,Ⅴ(構造,施工)
平成30年度
学科I,Ⅱ (計画,環境・設備)
学科III(法規)
学科IV,Ⅴ(構造,施工)
平成29年度
学科I,Ⅱ (計画,環境・設備)
学科III(法規)
学科IV,Ⅴ(構造,施工)
平成28年度
学科I,Ⅱ (計画,環境・設備)
学科III(法規)
学科IV・Ⅴ(構造・施工)
平成27年度
学科I,Ⅱ (計画,環境・設備)
学科III(法規)
学科IV・Ⅴ(構造・施工)
平成26年度
学科I,Ⅱ (計画,環境・設備)
学科III(法規)
学科IV・Ⅴ(構造・施工)
平成25年度
学科I,Ⅱ (計画,環境・設備)
学科III(法規)
学科IV・Ⅴ(構造・施工)

合格基準点等
(正答枝、配点、合格基準点)
令和01年度
平成30年度
平成29年度
平成28年度
平成27年度
平成26年度
平成25年度
【 設計製図 】
平成29年度
小規模なリゾートホテル
設計課題
下書用紙
答案用紙

平成28年度
子ども・子育て支援センター
設計課題
答案用紙

平成27年度
市街地に建つデイサ付き
高齢者向け集合住宅
設計課題
答案用紙

合格基準点,解答例等
平成29年度
合格基準点等
標準解答例

平成28年度
合格基準点等
標準解答例

平成27年度
合格基準点等
標準解答例

二級建築士 過去問題

【 学科試験 】
令和01年度
学科I,Ⅱ(計画,法規)
学科Ⅲ,Ⅳ(構造,施工)
平成30年度
学科I,Ⅱ(計画,法規)
学科Ⅲ,Ⅳ(構造,施工)
平成29年度
学科I,Ⅱ(計画,法規)
学科Ⅲ,Ⅳ(構造,施工)
平成28年度
学科I,Ⅱ(計画,法規)
学科Ⅲ,Ⅳ(構造,施工)
平成27年度
学科I,Ⅱ(計画,法規)
学科Ⅲ,Ⅳ(構造,施工)
平成26年度
学科I,Ⅱ(計画,法規)
学科Ⅲ,Ⅳ(構造,施工)
平成25年度
学科I,Ⅱ(計画,法規)
学科Ⅲ,Ⅳ(構造,施工)

正答枝、配点、合格基準点
令和01年度
平成30年度
平成29年度
平成28年度
平成27年度
平成26年度
平成25年度
【 設計製図 】
平成30年度
地域住民が交流できるカフェ
を併設する二世帯住宅
鉄筋コンクリート造(ラーメン構造)3 階建て
設計課題
答案用紙

平成29年度
家族のライフステージの変化
に対応できる三世代住宅
(木造2階建て)
設計課題
答案用紙

平成28年度
景勝地に建つ土間スペース
のある週末住宅
(木造2階建て)
設計課題
答案用紙

平成27年度
3階に住宅のある貸店舗
(乳幼児用雑貨店)
RC造(ラーメン構造)3階建
設計課題
答案用紙


合格基準点,解答例等
平成29年度
合格基準点等
標準解答例
平成28年度
合格基準点等
標準解答例
平成27年度
合格基準点等
標準解答例


その他の製図解答例
平成21年度【RC造】
「商店街に建つ陶芸作家
 のための工房
 のある店舗併用住宅」
▶︎ 解答例

リンク2

施工 コメンタール まとめ

2018-05-30

施工 コメンタール

一級建築士 学科試験 施工
の重要ポイントを整理したものです。

知っておくべき基本事項、
および設計製図にも役立つものを念頭に整理しました。

 1.1 施工計画・工程管理

 1.2.1 現場管理
 1.2.2 材料管理
 1.2.3 申請・届出

 1.3.1 地盤調査
 1.3.2 仮設工事
 1.3.3 土工事
 1.3.4 基礎工事
 1.3.5 鉄筋工事
 1.3.6 型枠工事
 1.3.7 コンクリート工事
 1.3.8 鉄骨工事
 1.3.9 プレキャスト鉄筋コンクリート工事
 1.3.10 メーソンリー工事
 1.3.11 防水工事
 1.3.12 張り石工事
 1.3.13 タイル工事
 1.3.14 木工事
 1.3.15 左官工事
 1.3.16 カーテンウォール・ガラス工事
 1.3.17 内装工事
 1.3.18 塗装工事
 1.3.19 改修工事
 1.3.20 設備工事


ご活用下さい☆//

とっぴなイラストと語呂合わせで覚えやすい
原口さんシリーズ
 「建築の施工」編
  
ゼロからはじめる建築の「施工」入門
スポンサーサイト



施工 コメント: 0

施工 コメント 設備工事

2018-05-29

1.3.20 設備工事

重要ポイント

1.設備工事
(1)電気設備工事
 ①避雷設備
  避雷針:高さ20mを超える建築物には、原則として、
      避雷針を設けなければならない。

 ②耐火構造などの防火区画の貫通
  配電管、給水管などの管が
  耐火構造などの防火区画を貫通する場合、
  その管と耐火構造などの防火区画とのすき間を
  モルタルなどの不燃材料で埋めなければならない。

(2)空調設備工事
 ①防火ダンパーの規定
 ・ダンパー及びダンパーと防火区画との間のダクトは
  厚さ 1.5mm以上の鉄板で作る。

 ・火災・誤作動後などの復旧のため、
  450mm角以上の天井点検口を設ける。

 ②自然換気の場合の給気口の位置
 ・給気口は、居室の天井高さの1/2以下の位置に設ける

 ③煙感知器の取付け場所
  煙感知器は、火災の際、煙を感知し、
  火災が広がるのを防ぐ装置に連動するものだが、
  煙は、吸込口(排気口)に向かって流れるため、
  吸込口(排気口)の近くの位置、または、
  吸出口(給気口)から 1.5m以上離れた位置に設ける

(3)給水設備工事
 ①給気配管
  ウォーターハンマーの発生する恐れのある配管には
  エアチャンバーなどの防止機具を取付ける。

 ②受水槽
 ・建築物の部分からタンクの天井までは 1m 以上
  底または周壁までは、600mm以上離す。

 ・受水槽の有効容量が、2m3以上の場合は、
  通気装置を設ける。

(4)排水設備工事
 ①排水横管の施工
  勾配は、管が太いものの方が、
  細いものに比べて小さくできる

 ②排水トラップ
 ・封水深さは、50〜100mmとする。
 ・二重トラップとならないように設ける。

 ③雨水桝
 「ため桝」によることを標準とし、
  ふたはマンホールふた、または格子ふたとする。

 ④トラップ桝
  雨水排水管(雨水排水立て管を除く)を
  汚水排水のための配管設備に連結する場合において
  当該雨水排水管に排水トラップを設ける。

(5)ガス設備工事
 ①ガス漏れ検知器の位置
 ・換気口の空気の吹出口から 1.5m以内の場所、
  ガス燃焼器の廃ガスに触れやすい場所などには設けない。

 ・都市ガスの検知器の下端は、
  天井面の下方 30㎝以内の位置に設け、
  プロパンガスの検知器の上端は、
  床面の上方 30㎝以内の位置に設ける。

 ②ガス配管の試験
  ガス配管の工事完了後、
  最高使用圧力の 1.1倍以上の圧力をかけて、
  気密試験を行う。

(6)エレベーター
 ①一般の規定
 ・給水・排水などの配管設備は、
  エレベーターの昇降路に設けない
  ただし、エレベーターに必要な配管設備や
  地震時においても
  エレベーターの機能に支障が生じないものとして、
  国土交通大臣の認定を受けたものは、
  この限りではない。

 ・出入口の床先とかごの床先との水平距離は、
  4㎝以下とする。

 ②非常用エレベーター
 ・高層建築物の火災の際、消防隊が使用するエレベーター

 ・一般的には、はしご車が届かないと考えられる
  高さ31mを超える建築物に設ける。

 ・乗降ロビーの天井および壁の室内に面する部分は、
  下地、仕上げとも不燃材料で造る。
  また、予備電源を有する証明設備を設ける。

(7)消火設備
 ①スプリンクラー設備
 ・スプリンクラーに用いる配管材料は、
  水道用亜鉛めっき鋼管、配管用炭素鋼鋼管、
  圧力配管用炭素鋼鋼管などを用いる。

 ②消防用水
 ・消防用水は、消防ポンプ自動車が
  2m以内に接近できるように設ける。

*消防設備は、
 ご存知、建築消防 advice と建築物の防火避難規定の解説(キミボン)
 最新のものを参照ください。

  
  建築消防advice2018


  
  建築物の防火避難規定の解説2016

施工 コメント: 0

施工 コメント 改修工事

2018-05-26

1.3.19 改修工事

重要ポイント

1.防水改修工事
 ①ルーフドレイン回りの処理
  防水層および保護層の撤去端部は、
  既存の防水層や保護層を含め、
  ポリマーセメントモルタルで勾配1/2程度に仕上げる

2.外壁改修工事
(1)コンクリート打放し仕上げ外壁の改修
 ①樹脂注入工法
 ・自動式低圧エポキシ樹脂注入工法
 ・手動式エポキシ樹脂注入工法
 ・機械式エポキシ樹脂注入工法

 ② Uカットシール材充てん工法

(2)モルタル塗り仕上げ外壁の改修
 ①浮き部改修工事
 ・アンカーピンニング部分エポキシ樹脂注入工法
  浮き部分に対するアンカーピン本数は、
  一般部 16本/㎡
  指定部分 25本/㎡
  とする。
 *指定部分:
  見上げ面、ひさしのはな、まぐさ隅角部

 ②モルタル塗替え工法
 ・総塗り厚が 25mm以上になる場合は、
  ステンレス製アンカーピンを打ち込み、
  ステンレス製ラスを張るか、
  溶接金網ネットなどを取付け
  安全性を確保した上でモルタルを塗り付ける。

(3)タイル張り仕上げ外壁の改修
 ①タイル張りの撤去
  タイル張り仕上げを撤去してひび割れ部分を改修する場合は、
  ひび割れ周辺をダイヤモンドカッターなどで
  健全部分と縁を切って損傷が拡大しないように
  タイル目地に沿って切り込む。

 ②エポキシ樹脂注入工法

 ③Uカットシール材充てん工法

 ④タイル部分張替え工法


3.耐震改修工事
(1)現場打ち鉄筋コンクリート壁の増設
 ①既存部分の処理
  打継ぎ面となる範囲の既存構造体コンクリート面に
  目荒しを行う。

 ②鉄筋の加工および組立て
  既存部との取合い部分には、割裂補強筋を設ける。

 ③コンクリートの打込み
 ・打込み区画は、1壁ごととし、
  原則として、打継ぎはしない。

 ・流し込み工法:
  型枠の上部から重力を利用して流し込む工法。
  打込み高さが高い場合は、2段以上に配置する。

 ・圧入工法:
  コンクリートポンプなどの圧送力を利用して、
  高流動コンクリートを直接圧入して打設する工法。

  型枠下部には、鉄筋などが圧入の障害とならない位置に
  圧入孔管を設ける。

  打込み高さが高い場合は、2段以上に配置する。

  型枠上部には、空気抜き孔やオーバーフロー管を設ける。
  オーバーフロー管の流出先の高さは、
  必ずコンクリートの圧入高さより高くし、
  既存ばりの下端の高さより5~10㎝程度高くする。

(2)鉄骨ブレースの設置工事
 ①既存躯体との取合い
 ・既存部との取合い部分には、
  割裂補強筋(スパイラル筋、フープ筋、はしご筋など)
  を設ける。
  割裂補強筋は、鉄骨ブレース設置後、
  既存躯体と鉄骨ブレース枠の間に
  アンカー筋スタッドを交互に縫うように
  全周にわたって配置する。

(3)柱補強工事
 ①溶接金網巻き工法および溶接閉鎖フープ巻き工法
 ・既存柱の外周部を
  60~150mm程度の厚さの鉄筋コンクリート
  または鉄筋補強モルタルで巻き立てする補強する工法

 ・コンクリートおよび構造体用モルタルの打込みは、
  流込み工法と圧入工法がある。

 ・流込み工法の1回の打込み高さは 1m程度とし、
  1回ごとに締固めを行う。

 ・RC巻き立て補強において、
  柱の変更能力の向上のみを図る場合は、
  曲げ耐力の上昇を防ぎながら
  せん断耐力を向上させる目的で、
  床上とはり下に 30~50mm程度のスリットを設ける

 ②鋼板系巻き立て補強
 ・鋼板巻き工法
  厚さ4.5〜9mm薄鋼板を角形や円形に巻いて、
  すき間に高流動モルタルを充填する。
  鋼板の形状は円形または角形とし、角形の場合は、
  角部に半径が板厚の3倍以上のアールを設ける。

 ・帯巻き工法

 ③連続繊維補強工法
 ・柱の隅角部は半径20〜30mmR面取りとする。
 ・一般には、
  炭素繊維シートを、エポキシ樹脂を含浸させながら
  柱の周囲に巻きつける。
 ・炭素繊維シートの重ね長さは母材破断を確保できる長さとし、
  200mm以上とする。
  また、重ね位置は各面に分散させる。

 

施工 コメント: 0

施工 コメント 塗装工事

2018-05-25

1.3.18 塗装工事

重要ポイント

1.材料の取扱い
 ①塗装材料は、開封しないままで現場に搬入する。

 ②上塗り用の塗装は、原則として、製造所において
  指定された色およびつやに調整されたものとする。
  使用量が少ない場合は工事監理者の承認により、
  同一製造所の同種塗料に限って工事現場で
  調色することができる。

2.気象および環境
 ①気温が5℃未満の場合は、作業を中止する。

 ②湿度が 85%以上の場合は、作業を中止する。

 ③降雨のおそれがある場合は、作業を中止する。
  特に、コンクリート下地・モルタル下地の場合、
  表面含水率は10%以下とする。

 ④強い風が吹いている場合は、作業を中止する。

3.塗装の種類と適用素地
   塗装の種類

  適用素地


 ①鉄面の合成樹脂調合ペイント塗りの下塗り塗料には
  錆止めペイント、中塗り・上塗り塗料には
  合成樹脂調合ペイントを用いる。

 ②エッチングプライマーは、
  亜鉛めっき鋼の素地調整に用いる。
  

施工 コメント: 0

施工 コメント 内装工事

2018-05-24

1.3.17 内装工事

重要ポイント

1.床
 ①(合成高分子系)床タイル
  床タイルの張り付けにあたっては、接着剤は、
  所定のくし目ごてを用いて下地面に均一に塗布する。

 ②床シート(長尺シート)
  施工に先立って、温度20℃以上の室温にて敷きのばし、
  24時間以上放置して巻きぐせをとる。

 ③床タイル・床シートの注意点
 ・湿気のおそれのある床には、
  エポキシ樹脂系またはウレタン樹脂系接着剤を用いる。

 ・室温5℃以下では接着剤は硬化せず、
  また、割れやすくなるので、温度管理に配慮する。

 ・所定のオープンタイム
 (接着剤を塗った後、材料を張るまでの時間)
  をとり、溶剤の揮発を適切に行い、張り付ける。

 ・接着剤のオープンタイムは、
  温度・湿度によって大きく左右されるので、
  季節によって調整が必要である。
  夏期に比べて、冬期の方が長くなる。

 ④フローリング
 ・フローリング類の割付けは、室の中足から両側へ張り進める。
  割付けが半端になる場合は、
  壁際の見え隠れとなる場所で行う。

 ・フローリング類は木質材であり、
  湿度の変化によって膨張収縮するため、
  巾木、敷居などとの取り合い部ではエキスパンションをとる。

2.壁・天井
 ①鋼製天井下地の工法
 ・吊りボルトは、周囲は壁際から150mm以内に配置し、
  間隔は900mm程度とする。

 ・ダクトなどに吊りボルトを溶接しない。

 ・天井ふところが1500mm以上ある場合には、
  縦横間隔 1800mm程度に吊りボルトの振止め補強を行う。

 【 特定天井の規定 】

3.石こうボード
 ①化粧石こうボード
  穴あけ作業は、化粧面から行う。

 ②シージング石こうボード
  室内の多湿箇所に使用する。
  小口や切断面には、防水処理をする。
 (アクリル系シーラーなど)



施工 コメント: 0

施工 コメントカーテンウォール・ガラス工事

2018-05-23

1.3.16 カーテンウォール・ガラス工事

重要ポイント

1.カーテンウォール工事
(1)用語
 ①カーテンウォール:
  耐力を負担しない壁。
  一般的には、工場で製品化され、
  現場で取り付ける外壁製品

 ②スパンドレル方式:
  腰壁部分と下がり壁部分とを
  一体化した部分を同一階のはり
  またはスラブに取付け、
  中間部(サッシ)で層間変位を吸収できる方式。

 ③方立方式(マリオン方式)
  細長い方立を、上下階のはり、またはスラブ間(層間)に
  架け渡す方式で、方立間に無目(横架材)を渡し、
  方立と無目に囲まれた部分にガラスや金属板などを
  はめ込む方式(ノックダウン方式)が一般的である。

(2)水密性能
 ①水密性能は、所定の注水量のもとで
  室内側に漏水を生じない限界の圧力差を示し
  その単位は Pa(kgf/m2)

 ②毎分 4ℓ/m2の水量を噴霧しつづけ、
  脈動圧を10分間加えることにより水密性能を調べる。

(3)取付け形式
 ①層間変位に追従させる場合
  ・ロッキング形式
  ・スライド形式

 ②層間変位に追従させない場合
  ・固定形式

(4)施工
 ①カーテンウォール部材は、パネル材では3箇所以上、
  形材では2箇所以上仮止めし、脱落しないように固定する。

 ②躯体取付け金物の取付け位置の許容差は、
  鉛直方向で ±10mm、水平方向で、 ±25mmとする。

2.ガラス工事
(1)ガラスの種類
 ①熱線反射板ガラス
 ・清掃は、ガラスの反射膜を傷つけないように、
  柔らかいスポンジなどを用いて水洗いとする。

施工 コメント: 0

施工 コメント 左官工事

2018-05-18

1.3.15 左官工事

重要ポイント

1.材料
 砂の最大寸法は、塗り厚に支障のない限り大きいものを用いる。
 但し、塗り厚の半分以下とする。

2.現場打設コンクリート下地
 ①つけ送り厚さが25mmを超える場合は、
  溶接金網・アンカーピンまたはネットなどを
  取り付けた上で、モルタルを塗りつける。

 ② 1回のつけ送り厚さは、9mm以下とする。

3.ラスシート下地
 ラスシートを鉄骨下地に取り付ける場合は、
 ビス締めを原則とし、取付け部の強度および
 柔軟性を確保できるような方法を採用する。

4.コンクリート下地セメントモルタル塗り
 ①調 合
 ・左官工事の原則として、
  下地側に塗られるものほど強度を大きくする。
  モルタルの調合比

  富調合と貧調合
 
 ・一回の塗り厚は6mmを標準とし、9mm以下とする。

 ・下塗りは、2週間以上できるだけ長期間放置する。

 ・モルタルの1回の練り混ぜ量は、
  2時間で使い切る量とし、夏期は1.5時間以内とする。

施工 コメント: 0

施工 コメント 木工事

2018-05-17

1.3.14 木工事

重要ポイント

1.木材含水率
・構造材の含水率は、20%以下とする。
  18%以下が望ましい。
・造作材の含水率は、15%以下とする。
・床板など広葉樹材の含水率は、13%以下とする。

2.現場施工
・ひきたて寸法は製材工場出荷時の木材断面寸法

・釘の長さは、材厚の2.5倍以上とする。(板厚10mm以上)

・構造用ボルトは、径13mm(M12)以上

・布基礎に取り付けるアンカーボルトの間隔は、
 2.7m以下とする。
 (階数が 2以下の軸組み工法の場合)

・1階の柱に筋かいが取り付く場合は、
 柱芯より200mm内外の位置にアンカーボルトを埋込む。

・大引の継手は、束芯から150mm程度持ち出し、
 腰掛けあり継ぎ、釘2本打ち

3.防腐処理
・防腐剤は、木材保存処理剤などを用いる。

・防腐剤の塗り回数は、2回とする。

4.大壁造の面材耐力壁
・構造用面材は、
 柱、間柱および土台・はり・けた・その他の横架材に
 確実に釘で留め付ける。

・1階および2階部の上下同位置に
 構造用面材の耐力壁を設ける場合は、
 胴差部において、構造用面材相互間に、
 原則として、6mm以上のあきを設ける。

・構造用面材の張り方は、構造用合板を用いる場合は
 3 × 9 版(910mm × 2,730mm)縦張りとする。
 やむをえず、3 × 6 版(910mm × 1,820mm)を
 用いる場合は、縦張りまたは横張りとする。

5.敷居・鴨居の加工
 敷居・鴨居の溝じゃくりを行う場合は、
 木表に溝をつくる。

6.ホールダウン金物
 耐震壁周囲で柱に引き抜き力が生じた場合、
 柱が土台や横架材から抜けないように
 柱と基礎(土台・横架材)や管柱相互間の補強
 を目的として用いられる金物。

施工 コメント: 0

施工 コメント タイル工事

2018-05-16

1.3.13 タイル工事

重要ポイント

1.タイル後張り工法
①材料
外壁に用いるタイルは1類Ⅱ類とし、
耐凍害性に優れたものとする。

②張付けモルタル
・張付けモルタルの調合は、セメントと砂の割合を容積比で表す。
・細骨材の最大径
 張付けモルタルの細骨材の最大径

・張付けモルタルは、練り混ぜから施工完了まで60分以内

③改良圧着張り
・1回の塗付け面積を2m2以内とし、張付けモルタルを下地面側に4~6mmむらなく塗る。

・タイルの裏面にも張付けモルタルを 1~3mm平らにならし、
 直に下地面に押さえつける。

④改良積み上げ張り
・張付けモルタルを塗り厚7~10mmとして、
 タイル裏面に張り付けた状態で貼り付ける。

・1日の張付け高さは、1.5m以内とする。
 四丁掛け以上のタイルの場合は1.0m以内。

⑤密着張り
・張付けモルタルの下地面に対する塗付けは二度塗りとし、
 その合計の塗り厚は5~8mmとする。

・一度に塗り付けるける面積は、
 2m2以内または30分以内に張り付けられる面積とする。

・タイルの張付けは、上部より下部へと行い、
 一段おきに数段張り付けた後、間のタイルを張る。

・振動工具(ヴィブラート)による加振は、
 張付けモルタルがタイルの四周から
 目地部分に盛り上がる状態になるまで行う。

⑥伸縮調整目地
 タイル張り壁面の伸縮調整目地は、
 コンクリート躯体のひび割れ誘発目地、
 水平打継ぎ目地およびモルタル下地の伸縮調整目地と
 一致させる。

⑦タイル目地
・タイル張付け後、少なくとも1日以上経過した後、
 目地を充填する。
・目地の深さは、タイル厚の1/2以内とする。

施工 コメント: 0

施工 コメント 張り石工事

2018-05-15

1.3.12 張り石工事

重要ポイント

1.材料
 ①各部位に用いる石材は、次表を標準とする。
  材料 適部位

 ②雨がかりの床面には、本磨きは使用しない。
  材料 表面仕上げ

 ジェットバーナー(JB)仕上げとは、
 バーナーによる火炎を当てて粗面とした仕上げ。
 WJ:ウォータージェット仕上

 ③ 湿式工法・乾式工法用の
 引き金物・だぼ・かすがいおよびファスナーの材質は、
 ステンレス(SUS304)とする。


2.工法による石材の寸法
 張り石工事の工法による
 石材の寸法


3.用語
引き金物
 張り石などで比較的大きい材料を取り付ける場合、
 はく落などの無いように下地と緊結するために用いる針金

だぼ
 石または木材を接合するとき、ずれ込みを防ぐために
 差し込む小片。
 石工事では、棒状の金物。木工事では、木片。

かすがい
 両端を直角に曲げた金物。
 石工事や木工事などの目地や継手などで使用される。

施工 コメント: 0

ホーム 次ページ >

検索フォーム

スポンサーリンク2

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ村・ブログランキング

◆Recommendation◆



設計製図の課題研究の必携品
トレースするだけでも 研究になります

コンパクト建築設計資料集成
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

made in Germany
ロットリング 平行定規 A2 522002 [日本正規品]


□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

P・ドラッガー(著)
すでに起こった未来―変化を読む眼




未来の年表 人口減少日本でこれから起きること (講談社現代新書)


------------------

スポンサーリンク

チームの各人が自らの強みを知って、最大限に活かすことができれば、しいては組織全体が…. そうすれば最強の組織をつくることができる

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0