FC2ブログ
プロフィール

cosmostudy

Author:cosmostudy
Architect

建築施工のプロへの道

NHK 日曜美術館

日曜美術館 今週のお花
日美 今週の花

一級建築士 過去問題

【 学科試験 】
令和01年度
学科I,Ⅱ (計画,環境・設備)
学科III(法規)
学科IV,Ⅴ(構造,施工)
平成30年度
学科I,Ⅱ (計画,環境・設備)
学科III(法規)
学科IV,Ⅴ(構造,施工)
平成29年度
学科I,Ⅱ (計画,環境・設備)
学科III(法規)
学科IV,Ⅴ(構造,施工)
平成28年度
学科I,Ⅱ (計画,環境・設備)
学科III(法規)
学科IV・Ⅴ(構造・施工)
平成27年度
学科I,Ⅱ (計画,環境・設備)
学科III(法規)
学科IV・Ⅴ(構造・施工)
平成26年度
学科I,Ⅱ (計画,環境・設備)
学科III(法規)
学科IV・Ⅴ(構造・施工)
平成25年度
学科I,Ⅱ (計画,環境・設備)
学科III(法規)
学科IV・Ⅴ(構造・施工)

合格基準点等
(正答枝、配点、合格基準点)
令和01年度
平成30年度
平成29年度
平成28年度
平成27年度
平成26年度
平成25年度
【 設計製図 】
平成29年度
小規模なリゾートホテル
設計課題
下書用紙
答案用紙

平成28年度
子ども・子育て支援センター
設計課題
答案用紙

平成27年度
市街地に建つデイサ付き
高齢者向け集合住宅
設計課題
答案用紙

合格基準点,解答例等
平成29年度
合格基準点等
標準解答例

平成28年度
合格基準点等
標準解答例

平成27年度
合格基準点等
標準解答例

二級建築士 過去問題

【 学科試験 】
令和01年度
学科I,Ⅱ(計画,法規)
学科Ⅲ,Ⅳ(構造,施工)
平成30年度
学科I,Ⅱ(計画,法規)
学科Ⅲ,Ⅳ(構造,施工)
平成29年度
学科I,Ⅱ(計画,法規)
学科Ⅲ,Ⅳ(構造,施工)
平成28年度
学科I,Ⅱ(計画,法規)
学科Ⅲ,Ⅳ(構造,施工)
平成27年度
学科I,Ⅱ(計画,法規)
学科Ⅲ,Ⅳ(構造,施工)
平成26年度
学科I,Ⅱ(計画,法規)
学科Ⅲ,Ⅳ(構造,施工)
平成25年度
学科I,Ⅱ(計画,法規)
学科Ⅲ,Ⅳ(構造,施工)

正答枝、配点、合格基準点
令和01年度
平成30年度
平成29年度
平成28年度
平成27年度
平成26年度
平成25年度
【 設計製図 】
平成30年度
地域住民が交流できるカフェ
を併設する二世帯住宅
鉄筋コンクリート造(ラーメン構造)3 階建て
設計課題
答案用紙

平成29年度
家族のライフステージの変化
に対応できる三世代住宅
(木造2階建て)
設計課題
答案用紙

平成28年度
景勝地に建つ土間スペース
のある週末住宅
(木造2階建て)
設計課題
答案用紙

平成27年度
3階に住宅のある貸店舗
(乳幼児用雑貨店)
RC造(ラーメン構造)3階建
設計課題
答案用紙


合格基準点,解答例等
平成29年度
合格基準点等
標準解答例
平成28年度
合格基準点等
標準解答例
平成27年度
合格基準点等
標準解答例


その他の製図解答例
平成21年度【RC造】
「商店街に建つ陶芸作家
 のための工房
 のある店舗併用住宅」
▶︎ 解答例

リンク2

構コメ 鉄骨構造

2018-03-05

構造コメンタール

2.3 鉄骨構造
 重要ポイント
 1.鋼材の規格
   例)SN400A
  N:鋼材の種別
  400:引張強さ(下限値)
  A:A - SS材と同等
    B - 降伏点(比)の上限を規定、溶接性 良
    C - Bの性能に加え、板厚方向の引張力に対する性能を確保
     ( C材といわれる場合がある)

 2.許容応力度
  ①基準強度 F
   F 値は「降伏点」または「引張強さの70%」
   の小さい方の値。
  ②圧縮、引張、曲げの長期許容応力度
    F / 1.5
   せん断の曲げの長期許容応力度
    F /( 1.5√ 3 )
  ③短期許容応力度
   長期許容応力度の 1.5倍
  ④圧縮材は座屈があるので、
   細長比より許容応力度を低減する。
  ⑤曲げ材は横座屈があるので、
   圧縮フランジの横補剛間隔、
   曲げモーメントの分布のなどにより
   許容応力度を低減。
  ⑥10,000回を超える繰り返し応力を受ける場合は、
   疲労の検討を行う。

 3.高力ボルト接合
  ①高力ボルト摩擦接合と高力ボルト引張接合がある。
  ②摩擦接合の耐力は
   摩擦面の数、すべり係数、設計ボルト張力に比例する。
  (二面摩擦は一面摩擦の2倍の耐力)
  ③F11Tの高力ボルトは締め付け後、
   かなりの時間を経過した後に、
   突然に張力が抜けてしまう遅れ破壊が起こる可能性がある。

 4.完全溶込み溶接(フルペネ Full Penetration)
  ①母材に開先を作り、板厚全てを溶着金属で埋めて接合する。
  完全溶込み溶接
  ②用 語
  ルート間隔:開先の底部の間隔。ルートギャップ
    過小の場合、溶込み不良が発生しやすくなる。
  開先角度:開先のなす角度。ベベル角度とは異なる。
    溶接部位を組み立ててからでないと測定できない。
  エンドタブ:溶接の始端部と終端部に取り付ける補助板
    欠陥部がでやすいため捨て板の目的で用いられる。

 5.すみ肉溶接
  ①せん断力で応力伝達する。
  すみ肉溶接
  ②用語
  脚長、サイズ、のど厚、有効長さ

 6.部分溶込み溶接(パーシャル Partioal Penetration)
  片面溶接でルート部に曲げまたは荷重の偏心によって生じる
  付加曲げによる引張応力が作用する場合には使用できない。  
  これ以外の場合であれば、部分溶込み溶接を使用でき、
  母材と同じ許容応力度とすることができる。
  部分溶け込み溶接1
  部分溶け込み溶接2

 7.併用継手
  高力ボルトと溶接を併用した場合は、
  高力ボルトを先に施工した場合に限り、
  両者の耐力を加算できる。

 8.圧縮材
  ①細長比 λ= lk/i により許容応力度を低減する。
  ②柱材の細長比は 200以下とする。

 9.曲げ材
  ①横座屈を防止するために横補剛材を入れる。
   横補剛間隔が小さい程、許容応力度は大きくなる。
  ②箱形断面部材は横座屈が生じないので、
   長期許容曲げ応力度は F / 1.5 となる。
  ③はりのたわみはスパンの 1/300以下、
   片持ばりの場合は 1/250以下とする。

10.保有耐力横補剛
  ①鋼材に十分に塑性変形が生じるまで
   横座屈しないように横補剛すること
  ②高強度の鋼材を使用する場合の方が、
   横補剛間隔が小さくなる。
  (補剛箇所数が多くなる。)

11,幅厚比
  ①断面の平板部分の局部座屈を防止するために、
   幅厚比(幅/厚)の制限がある。
  ②高強度の鋼材の方が幅厚比の制限が厳しい。
  (幅厚比の制限値が小さい。)

12.保有耐力接合
  部材が必要に応じた塑性変形を生じるまで
  接合部が破断しないように接合部の破断耐力を、
  保有水平耐力時の応力以上とする。
  400N/mm2クラスの鋼材は 1.3倍以上
  490N/mm2クラスの鋼材は 1.2倍以上
  の耐力を持たせる。

13.筋かい
  ①筋かい材の降伏後に
   塑性変形して地震のエネルギーを吸収できるように
   次式を満たすようにする。
   接合部の破断耐力 ≧ 筋かいの降伏耐力の1.2倍
  ②筋かいを設けると変形能力が下がり、
   脆性破壊を招く恐れがあるので、
   水平力を割増して強度を補う。
  ③山形鋼溝形鋼
   をガセットプレートの片側だけに接合した場合、
   突出脚の 1/2の面積を無効と考えて断面算定を行う。
  (高力ボルトの本数により、無効部分を決める方法もある。)

14.柱 脚
  ①露出柱脚
   ピンまたは剛接とみなせる場合以外は、半剛接
  ②根巻き柱脚
   根巻き高さは鉄骨径の 2.5倍以上
  ③埋込み柱脚
   埋込み深さは鉄骨柱径の 2.0倍以上

  
スポンサーサイト



スポンサーリンクA8

スポンサーリンク

構造 コメント: 0

< 前の記事 ホーム 次の記事 >






    



管理者にだけ公開させる

ホーム

検索フォーム

スポンサーリンク2

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ村・ブログランキング

◆Recommendation◆



設計製図の課題研究の必携品
トレースするだけでも 研究になります

コンパクト建築設計資料集成
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

made in Germany
ロットリング 平行定規 A2 522002 [日本正規品]


□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

P・ドラッガー(著)
すでに起こった未来―変化を読む眼




未来の年表 人口減少日本でこれから起きること (講談社現代新書)


------------------

スポンサーリンク

チームの各人が自らの強みを知って、最大限に活かすことができれば、しいては組織全体が…. そうすれば最強の組織をつくることができる

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0