FC2ブログ
プロフィール

cosmostudy

Author:cosmostudy
Architect

建築施工のプロへの道

NHK 日曜美術館

日曜美術館 今週のお花
日美 今週の花

一級建築士 過去問題

【 学科試験 】
令和01年度
学科I,Ⅱ (計画,環境・設備)
学科III(法規)
学科IV,Ⅴ(構造,施工)
平成30年度
学科I,Ⅱ (計画,環境・設備)
学科III(法規)
学科IV,Ⅴ(構造,施工)
平成29年度
学科I,Ⅱ (計画,環境・設備)
学科III(法規)
学科IV,Ⅴ(構造,施工)
平成28年度
学科I,Ⅱ (計画,環境・設備)
学科III(法規)
学科IV・Ⅴ(構造・施工)
平成27年度
学科I,Ⅱ (計画,環境・設備)
学科III(法規)
学科IV・Ⅴ(構造・施工)
平成26年度
学科I,Ⅱ (計画,環境・設備)
学科III(法規)
学科IV・Ⅴ(構造・施工)
平成25年度
学科I,Ⅱ (計画,環境・設備)
学科III(法規)
学科IV・Ⅴ(構造・施工)

合格基準点等
(正答枝、配点、合格基準点)
令和01年度
平成30年度
平成29年度
平成28年度
平成27年度
平成26年度
平成25年度
【 設計製図 】
平成29年度
小規模なリゾートホテル
設計課題
下書用紙
答案用紙

平成28年度
子ども・子育て支援センター
設計課題
答案用紙

平成27年度
市街地に建つデイサ付き
高齢者向け集合住宅
設計課題
答案用紙

合格基準点,解答例等
平成29年度
合格基準点等
標準解答例

平成28年度
合格基準点等
標準解答例

平成27年度
合格基準点等
標準解答例

二級建築士 過去問題

【 学科試験 】
令和01年度
学科I,Ⅱ(計画,法規)
学科Ⅲ,Ⅳ(構造,施工)
平成30年度
学科I,Ⅱ(計画,法規)
学科Ⅲ,Ⅳ(構造,施工)
平成29年度
学科I,Ⅱ(計画,法規)
学科Ⅲ,Ⅳ(構造,施工)
平成28年度
学科I,Ⅱ(計画,法規)
学科Ⅲ,Ⅳ(構造,施工)
平成27年度
学科I,Ⅱ(計画,法規)
学科Ⅲ,Ⅳ(構造,施工)
平成26年度
学科I,Ⅱ(計画,法規)
学科Ⅲ,Ⅳ(構造,施工)
平成25年度
学科I,Ⅱ(計画,法規)
学科Ⅲ,Ⅳ(構造,施工)

正答枝、配点、合格基準点
令和01年度
平成30年度
平成29年度
平成28年度
平成27年度
平成26年度
平成25年度
【 設計製図 】
平成30年度
地域住民が交流できるカフェ
を併設する二世帯住宅
鉄筋コンクリート造(ラーメン構造)3 階建て
設計課題
答案用紙

平成29年度
家族のライフステージの変化
に対応できる三世代住宅
(木造2階建て)
設計課題
答案用紙

平成28年度
景勝地に建つ土間スペース
のある週末住宅
(木造2階建て)
設計課題
答案用紙

平成27年度
3階に住宅のある貸店舗
(乳幼児用雑貨店)
RC造(ラーメン構造)3階建
設計課題
答案用紙


合格基準点,解答例等
平成29年度
合格基準点等
標準解答例
平成28年度
合格基準点等
標準解答例
平成27年度
合格基準点等
標準解答例


その他の製図解答例
平成21年度【RC造】
「商店街に建つ陶芸作家
 のための工房
 のある店舗併用住宅」
▶︎ 解答例

リンク2

構コメ 木構造

2018-03-01

構造コメンタール

2.7 木構造
 重要ポイント
 1.構造計算
  構造計算が必要な木造建築物は、
  3階建以上または、
  延べ面積が500㎡を超えるもの、ならびに
  高さ13mまたは軒高 9mを超えるもの。
  (法第 20条)

 2.洋小屋と和小屋
  洋小屋はトラス構造により、和小屋は単純ばり構造により、
  荷重が伝達される。
  和小屋の小屋ばりに生じる主要な力は曲げである。

 3.柱・耐力壁
  ①構造耐力上主要な部分の柱の有効細長比は 150以下

  ②地階を除く階数が2を超える建築物の1階の柱の小径は、
   圧縮材の座屈の許容応力度を用いた
   許容応力度計算によらない場合、
   13.5㎝以上とする。

  ③水平力は全て耐力壁(軸組)で負担する。
   耐力壁には筋かい構造とボード張り構造があり、
   それぞれ法令及び告示により壁倍率が規定されている、
  ・耐力壁の壁倍率の最大は5、
  ・交差する場合でも筋かいに欠込を入れてはならない。

  ④地震時等におけるねじれによる被害を防ぐために、
   各階の平面の両端から1/4の部分(側端部分)について
   壁量充足率を求め、
   その両端の比である「壁率比」が0.5以上
   であることを確認する。
   建築基準法に基づく
  「木造建築物の軸組の設置の基準」
   (いわゆる四分割法)

  柱・耐力壁1

  ⑤地震力に対する必要壁量は、
   屋根と壁の種類と床面積によって決まるので、
   はり間方向とけた行方向とで同じ値になる。

  ⑥一般に、はり間方向とけた行方向とでは、
   見付面積が異なるので、
   風圧力に対する必要壁量は異なる。
 柱・耐力壁2

   柱・耐力壁3

 4.許容応力度
  ①樹種及び応力の種類によって異なる。
   曲げ > 圧縮 > 引張 > せん断

  ②繊維方向 > 繊維に直角方向

  ③常時湿潤状態にあるものは 70%に低減する。

  ④短期許容応力度は長期の 2/1.1倍
   
 5.クリープ
  継続して荷重がかかり続けるとクリープ現象で変形が増大する。
  クリープ変形を含めた長期たわみは、初期変形に対して、
  気乾状態で約2倍
  湿潤状態または乾湿繰り返し条件で約3倍
  といわれている。

 6.引張材・圧縮材・曲げ材
  ①引張材の切り欠きは、引張強度を著しく低下させるので、
   その材の有効断面積は、
   欠損部分を除いた正味断面積の半分とするなど、
   適切に低減する。

  ②トラス部材の座屈は、構面内、構面外の両方を検討する。

  引張材・圧縮材・曲げ材

  ③はりの剛性は、
   初期変形における最大たわみが
   スパンの 1/300以下で かつ
   振動障害の生じないように設定する。

 7.接合部

  1箇所の接合部に異種の接合法を併用する場合には、
  実験などにより定める場合のほかは、
  両者の耐力を加算することはできない。
  接合部

  ボルト軸部の孔の縁に接するまですべらないと、
  ボルトの耐力は発揮されない。
 (釘と初期剛性が異なる)

 8.大断面木造建築物
  ①大断面の集成材を用いた大断面木造建築物は、
   大規模な木造建築物とすることができ、
   アーチやドームなどの架構形式により、
   大スパンの大空間も実現できる。

  ②大断面の木材では、表面が燃焼しても、
   その部分に形成される炭化層によって、
   深部まで急速に燃焼が及びことはない。

  ③大断面木造建築物の柱及びはりにおいて、
   30分耐火の性能が要求される場合、
   25mmの燃えしろを除いた断面に生じる
   長期許容応力度(長期荷重により生じる応力度)が
   短期許容応力度を超えないようにする。

 9.その他
  ・土台は、耐朽性を向上させるため、
   辺材ではなく心材を用いる。
スポンサーサイト



スポンサーリンクA8

スポンサーリンク

構造 コメント: 0

< 前の記事 ホーム 次の記事 >






    



管理者にだけ公開させる

ホーム

検索フォーム

スポンサーリンク2

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ村・ブログランキング

◆Recommendation◆



設計製図の課題研究の必携品
トレースするだけでも 研究になります

コンパクト建築設計資料集成
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

made in Germany
ロットリング 平行定規 A2 522002 [日本正規品]


□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

P・ドラッガー(著)
すでに起こった未来―変化を読む眼




未来の年表 人口減少日本でこれから起きること (講談社現代新書)


------------------

スポンサーリンク

チームの各人が自らの強みを知って、最大限に活かすことができれば、しいては組織全体が…. そうすれば最強の組織をつくることができる

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0