FC2ブログ
プロフィール

cosmostudy

Author:cosmostudy
Architect

建築施工のプロへの道

NHK 日曜美術館

日曜美術館 今週のお花
日美 今週の花

一級建築士 過去問題

【 学科試験 】
令和01年度
学科I,Ⅱ (計画,環境・設備)
学科III(法規)
学科IV,Ⅴ(構造,施工)
平成30年度
学科I,Ⅱ (計画,環境・設備)
学科III(法規)
学科IV,Ⅴ(構造,施工)
平成29年度
学科I,Ⅱ (計画,環境・設備)
学科III(法規)
学科IV,Ⅴ(構造,施工)
平成28年度
学科I,Ⅱ (計画,環境・設備)
学科III(法規)
学科IV・Ⅴ(構造・施工)
平成27年度
学科I,Ⅱ (計画,環境・設備)
学科III(法規)
学科IV・Ⅴ(構造・施工)
平成26年度
学科I,Ⅱ (計画,環境・設備)
学科III(法規)
学科IV・Ⅴ(構造・施工)
平成25年度
学科I,Ⅱ (計画,環境・設備)
学科III(法規)
学科IV・Ⅴ(構造・施工)

合格基準点等
(正答枝、配点、合格基準点)
令和01年度
平成30年度
平成29年度
平成28年度
平成27年度
平成26年度
平成25年度
【 設計製図 】
平成29年度
小規模なリゾートホテル
設計課題
下書用紙
答案用紙

平成28年度
子ども・子育て支援センター
設計課題
答案用紙

平成27年度
市街地に建つデイサ付き
高齢者向け集合住宅
設計課題
答案用紙

合格基準点,解答例等
平成29年度
合格基準点等
標準解答例

平成28年度
合格基準点等
標準解答例

平成27年度
合格基準点等
標準解答例

二級建築士 過去問題

【 学科試験 】
令和01年度
学科I,Ⅱ(計画,法規)
学科Ⅲ,Ⅳ(構造,施工)
平成30年度
学科I,Ⅱ(計画,法規)
学科Ⅲ,Ⅳ(構造,施工)
平成29年度
学科I,Ⅱ(計画,法規)
学科Ⅲ,Ⅳ(構造,施工)
平成28年度
学科I,Ⅱ(計画,法規)
学科Ⅲ,Ⅳ(構造,施工)
平成27年度
学科I,Ⅱ(計画,法規)
学科Ⅲ,Ⅳ(構造,施工)
平成26年度
学科I,Ⅱ(計画,法規)
学科Ⅲ,Ⅳ(構造,施工)
平成25年度
学科I,Ⅱ(計画,法規)
学科Ⅲ,Ⅳ(構造,施工)

正答枝、配点、合格基準点
令和01年度
平成30年度
平成29年度
平成28年度
平成27年度
平成26年度
平成25年度
【 設計製図 】
平成30年度
地域住民が交流できるカフェ
を併設する二世帯住宅
鉄筋コンクリート造(ラーメン構造)3 階建て
設計課題
答案用紙

平成29年度
家族のライフステージの変化
に対応できる三世代住宅
(木造2階建て)
設計課題
答案用紙

平成28年度
景勝地に建つ土間スペース
のある週末住宅
(木造2階建て)
設計課題
答案用紙

平成27年度
3階に住宅のある貸店舗
(乳幼児用雑貨店)
RC造(ラーメン構造)3階建
設計課題
答案用紙


合格基準点,解答例等
平成29年度
合格基準点等
標準解答例
平成28年度
合格基準点等
標準解答例
平成27年度
合格基準点等
標準解答例


その他の製図解答例
平成21年度【RC造】
「商店街に建つ陶芸作家
 のための工房
 のある店舗併用住宅」
▶︎ 解答例

リンク2

環 コメ 音響

2018-04-02

環境工学 コメンタール 音響

1.7 音響
 1°.音の単位とその評価
 ①音の強さ I :[ w/m2 ]
  単位面積を単位時間に通過するエネルギー
 音響出力 W の点音源から距離 r 離れた点での音の強さ
  I = ( 1/ 4πr2)×W = P2/ρc
  P:音圧、ρ:空気密度、c:音速
 ※音の強さは、音響出力に比例して増加し、
  距離の二乗に反比例して減衰する。
 ※音圧は、距離に反比例して減衰する。

 ②音の強さのレベル I L:[ dB デシベル ]
  ある音の強さ I [ w/m2 ]と基準の音の強さ I0
  との比の常用対数をとって10倍したもの。
   I L = 10×log10( I / I0) [ dB ]

 ③ラウドネスレベル(音の大きさのレベル):
  [ phon フォン]
  1000Hzの音圧レベルA[ dB ]の音と同じ大きさ
  に聞こえる音をA [ phon ]の音という。
  人間の聴覚は、通常の音圧レベルでは、
  3,000~4,000Hz付近が最も敏感で、
  低音部に対しては弱い。

 2°.レベルの合成
 ①同一デシベル値をもつ2つの音を合成した場合、
  1つの場合よりも約3dB大きくなる。

 ②2つの音の差が15dB以上あると、
  大きいほうの値とほとんど変わらない。

 3°.距離減衰
 ①音の強さは、点音源からの距離の二乗に反比例して減衰する。
 (距離が2倍になると、音の強さは1/4倍になり、
  音の強さのレベルは約6dB小さくなる。)

 ②音圧は、点音源からの距離に反比例して減衰する。
 (距離が2倍になると、音の強さは1/2倍になり、
  音の強さのレベルは約6dB小さくなる。)
 
 4°.遮音
 ①壁体等の遮音の程度をdBで示したもの。
  値が大きいほど、壁体等の遮音性能が高い。
  TL = 10×log10(入射音のエネルギー/ 透過音のエネルギー)
    = 10×log10(1/τ)
  τ:透過率 小さいほど、透過損失は大きくなる。
  遮音1A

 ②透過損失は、
 ・材料の密度が大きいほど大きくなる。
 ・材料の厚さが厚いほど大きくなる。
 ・音の周波数が大きい(高音)ほど大きくなる。
 (質量則)
 ③単層壁の透過損失は、コインシデンス効果により、
  ある周波数の音(中高音域)の透過損失が低下する。

 ④コインシデンス効果
  音波と壁体との共振によって透過損失が低下する現象。
  遮音5A

 ⑤中空二重壁は、
  単層壁より中高音域の透過損失は大きいが、
  低音域で空気層の共鳴透過があり、
  単層壁よりも透過損失が小さくなることがある。

 ⑥室間の壁の遮音等級(Dr値):
  値が大きいほど、室間の遮音性能が高い。

 ⑦床衝撃音の遮音等級(Lr値):
  値が小さいほど、遮音性能

 5°.吸音
 ①吸音率
  ある面に入射した音のエネルギーに対する、
  反射音以外(吸収音と透過音)の音のエネルギーの割合。

 ②吸音材料には、
 ・高音を吸収する多孔質材料、
 ・低音を吸収する板状材料、
 ・特定の周波数の音を吸収する孔あき板などがある。
  
 ③低音から高音までの吸収には、
  孔あき板のすぐ下に多孔質材料を入れると効果的。

 ④吸音材料と躯体(コンクリート等)は、
  密着させないで、空気層を設ける

 6°.室内音響計画
 ①残響時間
  拡散音場において、
  音源停止後の室内の平均音響エネルギー密度が、
  最初の100万分の1に減衰するまでの時間、
  すなわち、音の強さのレベルが60dB低下するのに要する時間

 ②セイビンの式
  T = 0.161 V/A = 0.161V/(<α>S)
  T:残響時間 [ sec ]
  V:室の容積 [ m3 ]
  A:室の総吸音力 [ m2:メーターセイビン ]
  <α>:室内の平均吸音率
  S:室内の総表面積
  ※残響時間は室容積に比例し、室の総吸音率に反比例する。
  ※発生音源の大小には関係しない。

 ③最適残響事件:
  教会音楽 > 音楽 > 学校講堂 > 室内楽 > 映画館 > 講演

 ④大規模な音楽ホールの室内音響計画においては、
  エコー等の音響障害を避けるために、
  客席後部の壁や天井は吸音率を高くする。

 7°.騒音
 ①騒音レベル LA [ dB(A)]
  JISによって規定された
  騒音計における周波数補正回路のA特性
  で測定した値(A特性音圧レベル)を
  そのまま用いる評価尺度で、
  一般的騒音の感覚量との対応が良好。

 ② NC値
  室内騒音の評価に用いられているもので、
  値が小さいほど静かさを必要とすることを示す。
  NC 値は、騒音レベル [ dB(A) ]から10引いた値にほぼ等しい。

スポンサーサイト



スポンサーリンクA8

スポンサーリンク

環境・設備 コメント: 0

< 前の記事 ホーム 次の記事 >






    



管理者にだけ公開させる

ホーム

検索フォーム

スポンサーリンク2

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ村・ブログランキング

◆Recommendation◆



設計製図の課題研究の必携品
トレースするだけでも 研究になります

コンパクト建築設計資料集成
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

made in Germany
ロットリング 平行定規 A2 522002 [日本正規品]


□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

P・ドラッガー(著)
すでに起こった未来―変化を読む眼




未来の年表 人口減少日本でこれから起きること (講談社現代新書)


------------------

スポンサーリンク

チームの各人が自らの強みを知って、最大限に活かすことができれば、しいては組織全体が…. そうすれば最強の組織をつくることができる

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0