FC2ブログ
プロフィール

cosmostudy

Author:cosmostudy
Architect

建築施工のプロへの道

NHK 日曜美術館

日曜美術館 今週のお花
日美 今週の花

一級建築士 過去問題

【 学科試験 】
令和01年度
学科I,Ⅱ (計画,環境・設備)
学科III(法規)
学科IV,Ⅴ(構造,施工)
平成30年度
学科I,Ⅱ (計画,環境・設備)
学科III(法規)
学科IV,Ⅴ(構造,施工)
平成29年度
学科I,Ⅱ (計画,環境・設備)
学科III(法規)
学科IV,Ⅴ(構造,施工)
平成28年度
学科I,Ⅱ (計画,環境・設備)
学科III(法規)
学科IV・Ⅴ(構造・施工)
平成27年度
学科I,Ⅱ (計画,環境・設備)
学科III(法規)
学科IV・Ⅴ(構造・施工)
平成26年度
学科I,Ⅱ (計画,環境・設備)
学科III(法規)
学科IV・Ⅴ(構造・施工)
平成25年度
学科I,Ⅱ (計画,環境・設備)
学科III(法規)
学科IV・Ⅴ(構造・施工)

合格基準点等
(正答枝、配点、合格基準点)
令和01年度
平成30年度
平成29年度
平成28年度
平成27年度
平成26年度
平成25年度
【 設計製図 】
平成29年度
小規模なリゾートホテル
設計課題
下書用紙
答案用紙

平成28年度
子ども・子育て支援センター
設計課題
答案用紙

平成27年度
市街地に建つデイサ付き
高齢者向け集合住宅
設計課題
答案用紙

合格基準点,解答例等
平成29年度
合格基準点等
標準解答例

平成28年度
合格基準点等
標準解答例

平成27年度
合格基準点等
標準解答例

二級建築士 過去問題

【 学科試験 】
令和01年度
学科I,Ⅱ(計画,法規)
学科Ⅲ,Ⅳ(構造,施工)
平成30年度
学科I,Ⅱ(計画,法規)
学科Ⅲ,Ⅳ(構造,施工)
平成29年度
学科I,Ⅱ(計画,法規)
学科Ⅲ,Ⅳ(構造,施工)
平成28年度
学科I,Ⅱ(計画,法規)
学科Ⅲ,Ⅳ(構造,施工)
平成27年度
学科I,Ⅱ(計画,法規)
学科Ⅲ,Ⅳ(構造,施工)
平成26年度
学科I,Ⅱ(計画,法規)
学科Ⅲ,Ⅳ(構造,施工)
平成25年度
学科I,Ⅱ(計画,法規)
学科Ⅲ,Ⅳ(構造,施工)

正答枝、配点、合格基準点
令和01年度
平成30年度
平成29年度
平成28年度
平成27年度
平成26年度
平成25年度
【 設計製図 】
平成30年度
地域住民が交流できるカフェ
を併設する二世帯住宅
鉄筋コンクリート造(ラーメン構造)3 階建て
設計課題
答案用紙

平成29年度
家族のライフステージの変化
に対応できる三世代住宅
(木造2階建て)
設計課題
答案用紙

平成28年度
景勝地に建つ土間スペース
のある週末住宅
(木造2階建て)
設計課題
答案用紙

平成27年度
3階に住宅のある貸店舗
(乳幼児用雑貨店)
RC造(ラーメン構造)3階建
設計課題
答案用紙


合格基準点,解答例等
平成29年度
合格基準点等
標準解答例
平成28年度
合格基準点等
標準解答例
平成27年度
合格基準点等
標準解答例


その他の製図解答例
平成21年度【RC造】
「商店街に建つ陶芸作家
 のための工房
 のある店舗併用住宅」
▶︎ 解答例

リンク2

設コメ 空気調和設備

2018-04-03

建築設備 コメンタール 

§2.建築設備
 2.1 空気調和設備
 1°.空気調和の目的と空気調和設備の基本構成
  ①空気調和の目的
  温度、湿度、気流、空気質を適切に調整すること。

  ②空気調和設備の構成
  一般に、空気調和機設備、冷温熱源設備と
  それらを制御する自動制御装置の他、
  機器をつなぐ配管設備、ダクト設備・吹出口・吸込口
  などで構成されている。

 2°.室内の温度制御と配管流量の制御
 1)室内の温度制御
  ①CAV(Constant Air Volume:定風量)方式:
   室内の吹き出す風量は一定で、
   吹き出す空気の温度を変えることによって
   室温を調節する方式。

  ②VAV(Variable Air Volume:変風量)方式:
   室内に吹出す空気の温度を一定に保ち、
   吹出す風量を変えることによって
   室温を調節する方式。

 2)配管流量の制御
  ①三方弁制御:
   負荷が減少すると空調機のコイルへの流量をバイパスさせ、
   系統全体の流量を一定に保つ方式。
   (CWV:定流量方式)
   循環ポンプは負荷の変動に関係なく、
   定速で運転する。

  ②二方弁制御:
   負荷の変動に対応して配管系の循環水量を変化させる方式。
   (VWV:変流量方式)
   ポンプの消費電力が節約できる利点がある。

 3°.冷凍機(チラー)
 1)圧縮式冷凍機
  ①冷凍サイクル:
   圧縮 → 凝縮 → 膨張 → 蒸発

  ②圧縮機を使用するため、吸収式冷凍機に比べて、
   振動・騒音が大きく、電力消費量が多い。
   冷却塔は小さい。

 2)吸収式冷凍機
  ①冷凍サイクル:
   蒸発 → 吸収 → 分離(再生) → 凝縮

  ②圧縮機がなく、化学作用によるため、
   騒音、振動が比較的小さく、電力消費量が少ない。

  ③冷却水は、凝縮器の他に吸収器の冷却にも必要とするため、
   圧縮式よりも冷却水量が多くなる。

  ④二重効用形は、一重効用形よりも
   加熱量は減少することができる。
   冷却塔も小さくできるが、
   圧縮式などの電気冷凍機と比較すると大きい。

 4°.ヒートポンプ
  ①屋内~屋外の冷媒の流れを逆にすることで、
   ヒートポンプ1台で冷暖房が可能となる。

  ②空気熱源ヒートポンプの能力は
   外気温度 7℃としているため、
   寒冷地では能力が不足する。

  ③ヒートポンプは、適温の熱源があれば、
   1/2~1/5のエネルギーで暖房できるので、効率が良い。

 5°.蓄熱式空調システム
 1)氷蓄熱の長所
  ①氷蓄熱の最大の長所は、蓄熱槽容量を小さくできること。
   都市部のビルのように、
   空調機械室面積が限られている場合に適している。

  ②空調機へ流れる冷水が低温であるため、
   水蓄熱方式と比較して配管系の流量が少なくてすみ、
   ポンプ動力を削減できる。

 2)氷蓄熱の短所
  ①製氷運転を行うため、
   必然的に冷凍機の運転温度も低くなるので、
   水蓄熱方式と比較して冷凍効率が低下する。

  ②他の方式と比較すると、建設費がやや割高
   
 6°.主な空調方式
  ①単一ダクト方式
   建物全体あるいはゾーンごとに1台の空調機を設け、
   その空調機から冷風または温風を1本の主ダクトより
   分岐して各室に給気する最も基本的な方式。

  ②ファンコイルユニット方式
   冷温水発生機等から冷温水の供給を受け、
   各室に設けたファンとコイル、およびフィルターを
   内臓したファンコイルユニットで空調を行う方式。
   ホテルの客室、病院の病室および大規模ビルの
   ペリメーター(外周部)ゾーンに適している。

  ③パッケージユニット方式
   冷凍機、ファン、エアフィルター、加湿器、自動制御機器
   を一つのケーシングに組み込んだパッケージユニット
   を設置して空調を行う方式。

  ④床吹き出し空調方式
   主に、フリーアクセスフロアを利用した床下チャンバー方式
   で給気する方式。床吹出口の移設・増設に対応しやすく、
   居住域の換気効率を高めることができ、
   省エネルギー効果も期待できる。

  ⑤外気冷房方式
   中間期(春秋)や冬でも冷房が必要な場合、
   低温の外気をそのまま利用して冷房を行う方式。
   内部発熱が大きく、必要換気量が小さい建築物ほど
   省エネルギー効果が大きい。

 7°.放射床暖房方式
  ①頭寒足熱で、上下の温度差がつきにくく暖房感は良好。

  ②予熱時間が長いので、一時的に使用する室には適さない。

  ③床暖房の床表面温度は 29℃以下とする。

【 その他 重要用語 】

●COP(成績係数: Coefficient of Performance )
 冷凍機やヒートポンプの効率を示す指標。
 COPが高いほど効率がよい。

●ADPI(空気拡散性能指標:Air Diffusion Performance Index)
 居住域の放射を含まないドラフト感に対する指標。
 ADPIが大きいほど気流分布が良好。

● IPF(氷充填率:Ice Packing Factor)
 氷蓄熱方式における蓄熱槽中に氷が占める体積比率。
 
スポンサーサイト



スポンサーリンクA8

スポンサーリンク

環境・設備 コメント: 0

< 前の記事 ホーム 次の記事 >






    



管理者にだけ公開させる

ホーム

検索フォーム

スポンサーリンク2

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ村・ブログランキング

◆Recommendation◆



設計製図の課題研究の必携品
トレースするだけでも 研究になります

コンパクト建築設計資料集成
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

made in Germany
ロットリング 平行定規 A2 522002 [日本正規品]


□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

P・ドラッガー(著)
すでに起こった未来―変化を読む眼




未来の年表 人口減少日本でこれから起きること (講談社現代新書)


------------------

スポンサーリンク

チームの各人が自らの強みを知って、最大限に活かすことができれば、しいては組織全体が…. そうすれば最強の組織をつくることができる

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0