FC2ブログ
プロフィール

cosmostudy

Author:cosmostudy
Architect

建築施工のプロへの道

NHK 日曜美術館

日曜美術館 今週のお花
日美 今週の花

一級建築士 過去問題

【 学科試験 】
令和01年度
学科I,Ⅱ (計画,環境・設備)
学科III(法規)
学科IV,Ⅴ(構造,施工)
平成30年度
学科I,Ⅱ (計画,環境・設備)
学科III(法規)
学科IV,Ⅴ(構造,施工)
平成29年度
学科I,Ⅱ (計画,環境・設備)
学科III(法規)
学科IV,Ⅴ(構造,施工)
平成28年度
学科I,Ⅱ (計画,環境・設備)
学科III(法規)
学科IV・Ⅴ(構造・施工)
平成27年度
学科I,Ⅱ (計画,環境・設備)
学科III(法規)
学科IV・Ⅴ(構造・施工)
平成26年度
学科I,Ⅱ (計画,環境・設備)
学科III(法規)
学科IV・Ⅴ(構造・施工)
平成25年度
学科I,Ⅱ (計画,環境・設備)
学科III(法規)
学科IV・Ⅴ(構造・施工)

合格基準点等
(正答枝、配点、合格基準点)
令和01年度
平成30年度
平成29年度
平成28年度
平成27年度
平成26年度
平成25年度
【 設計製図 】
平成29年度
小規模なリゾートホテル
設計課題
下書用紙
答案用紙

平成28年度
子ども・子育て支援センター
設計課題
答案用紙

平成27年度
市街地に建つデイサ付き
高齢者向け集合住宅
設計課題
答案用紙

合格基準点,解答例等
平成29年度
合格基準点等
標準解答例

平成28年度
合格基準点等
標準解答例

平成27年度
合格基準点等
標準解答例

二級建築士 過去問題

【 学科試験 】
令和01年度
学科I,Ⅱ(計画,法規)
学科Ⅲ,Ⅳ(構造,施工)
平成30年度
学科I,Ⅱ(計画,法規)
学科Ⅲ,Ⅳ(構造,施工)
平成29年度
学科I,Ⅱ(計画,法規)
学科Ⅲ,Ⅳ(構造,施工)
平成28年度
学科I,Ⅱ(計画,法規)
学科Ⅲ,Ⅳ(構造,施工)
平成27年度
学科I,Ⅱ(計画,法規)
学科Ⅲ,Ⅳ(構造,施工)
平成26年度
学科I,Ⅱ(計画,法規)
学科Ⅲ,Ⅳ(構造,施工)
平成25年度
学科I,Ⅱ(計画,法規)
学科Ⅲ,Ⅳ(構造,施工)

正答枝、配点、合格基準点
令和01年度
平成30年度
平成29年度
平成28年度
平成27年度
平成26年度
平成25年度
【 設計製図 】
平成30年度
地域住民が交流できるカフェ
を併設する二世帯住宅
鉄筋コンクリート造(ラーメン構造)3 階建て
設計課題
答案用紙

平成29年度
家族のライフステージの変化
に対応できる三世代住宅
(木造2階建て)
設計課題
答案用紙

平成28年度
景勝地に建つ土間スペース
のある週末住宅
(木造2階建て)
設計課題
答案用紙

平成27年度
3階に住宅のある貸店舗
(乳幼児用雑貨店)
RC造(ラーメン構造)3階建
設計課題
答案用紙


合格基準点,解答例等
平成29年度
合格基準点等
標準解答例
平成28年度
合格基準点等
標準解答例
平成27年度
合格基準点等
標準解答例


その他の製図解答例
平成21年度【RC造】
「商店街に建つ陶芸作家
 のための工房
 のある店舗併用住宅」
▶︎ 解答例

リンク2

設コメ 省エネルギー・保全・管理

2018-04-04

建築設備 コメンタール 

§2.建築設備
 2.2 省エネルギー・保全・管理
 1°.省エネルギー手法
  ①アクティブソーラー
   屋根などに設けた集熱装置で水や空気を暖め、
   ポンプやファンなど機械設備を使用して蓄熱し、
   冷暖房、給湯に太陽熱を利用するシステム。

  ②パッシブソーラー
   建築物の構造や間取りなどを工夫して日射熱を取入れ、
   建築物自体に蓄熱するなど機械力を使用せずに
   太陽熱利用を図るシステム。

  ③ダイレクトゲイン
   ガラスを透過して室内に取り込まれた日射熱
  (ダイレクトゲイン)を熱容量の大きな床などに蓄熱させ、
   夜間に放熱させて暖房効果を得る方式。

  ④ライトシェルフ
   窓部分に取り付けた庇によって太陽光直射を遮蔽しつつ、
   庇の上面に反射した光を庇上部の拡散窓(欄間)から
   取り入れて、室内天井面に反射させ、柔らかな拡散光を
   室内奥に導入する建築的工夫の一つ。

  ⑤クールチューブ
   外気を地中埋設管(クールチューブ)を経由して
   利用することにより、地中の恒温性を最大限利用して
   外気の予冷・予熱を行うシステム。

  ⑥コージェネレーションシステム
   発電の際の排熱を冷暖房や給湯の熱源として
   利用するように、1つのエネルギー源から
   電力と熱の2つを同時に取り出し、
   エネルギーの有効利用を図るシステム。

  ⑦燃料電池
   水の電気分解の逆反応原理
  (水素と酸素が結合して水ができるときに電力が発生)
   を利用したもの。
   燃料電池を用いたコージェネレーションシステムは、
  「発電効率・総合熱効率が高い」、
  「騒音・振動が少ない」、
  「有害な排気ガスはほとんど発生しない」
   などの利点がある。

  ⑧地域暖房方式
   地域の1か所又は数か所のプラントにおいて製造された
   冷水、蒸気、温水などの熱媒を、
   その地域内の複数の建築物へ供給する方式。

  ⑨BEMS(ビルディング管理システム:
   Building Energy Management System)
   建築物の省エネルギーを実現しながら
   室内環境を適正に保つために、コンピューターによる
   情報処理機能を利用し、一元的な管理を行う為のシステム。
   
 2°.省エネルギー基準
  ①PAL(Perimeter Annual Load)年間熱負荷係数
   【 建築的な省エネルギー 】
   建物外周部の熱的性能を評価する指標
   PAL
   = ペリメーターゾーンの年間熱負荷(MJ/年)
    / ペリメーターゾーンの床面積 [ m2 ]

  ②CEC(Coefficient of Energy Consumption)
   エネルギー消費係数
   【 設備的な省エネルギー】
  ・空調(AC)
  ・空調機以外の換気(V)
  ・照明( L )
  ・給湯( HW )
  ・エレベーター( EV )
  の5種類について示され、
  その値が小さいほど、
  延べ面積当たりのエネルギー消費量は小さい。

  ・V、L、EVの場合
   CEC
  = 年間実態消費エネルギー/年間仮想消費エネルギー量

  ・AC、HW の場合
   CEC
  =年間実態消費エネルギー/年間仮想負荷
  省エネルギー基準


 3°.各種建築物のエネルギー消費量
  ①用途別の一次エネルギー消費原単位 [ MJ/(m2・年) ]
   建物の使用時間の長いホテルや病院の原単位は大きく、
   百貨店、事務所、学校の順に小さくなる。

  ②ホテル、病院は、給湯用の比率が大きい。

  ③学校は、夏休みがあるので、冷房用の比率は小さい。

  ④事務所建築は、空調用が約1/2、照明用が約1/3を占める。

【 その他 重要用語 】

●CASBEE(建築物総合環境性能評価システム)
 建築物の環境性能で評価し格付けする手法。
 建築物における環境性能評価指標として、
 BEE(建築物の環境性能効率)で評価する。

 BEE=建築物の環境品質・性能Q/建築物の外部環境負荷L
   =Q/L

●PM(予防保全:Preventive Maintenance)
 計画的に点検・試験・調整を行い、
 使用中の故障を未然に防止するための保全方法。

●LCC(ライフサイクルコスト:Life Cycle Cost)
 建築や設備の建設から取り壊しまでにかかる総費用

●LCCO2(ライフサイクルCO2::Life Cycle CO2
 建築や設備の建設から取り壊しまでに発生するCO2の総量。
スポンサーサイト



スポンサーリンクA8

スポンサーリンク

環境・設備 コメント: 0

< 前の記事 ホーム 次の記事 >






    



管理者にだけ公開させる

ホーム

検索フォーム

スポンサーリンク2

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ村・ブログランキング

◆Recommendation◆



設計製図の課題研究の必携品
トレースするだけでも 研究になります

コンパクト建築設計資料集成
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

made in Germany
ロットリング 平行定規 A2 522002 [日本正規品]


□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

P・ドラッガー(著)
すでに起こった未来―変化を読む眼




未来の年表 人口減少日本でこれから起きること (講談社現代新書)


------------------

スポンサーリンク

チームの各人が自らの強みを知って、最大限に活かすことができれば、しいては組織全体が…. そうすれば最強の組織をつくることができる

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0