FC2ブログ
プロフィール

cosmostudy

Author:cosmostudy
Architect

建築施工のプロへの道

NHK 日曜美術館

日曜美術館 今週のお花
日美 今週の花

一級建築士 過去問題

【 学科試験 】
令和01年度
学科I,Ⅱ (計画,環境・設備)
学科III(法規)
学科IV,Ⅴ(構造,施工)
平成30年度
学科I,Ⅱ (計画,環境・設備)
学科III(法規)
学科IV,Ⅴ(構造,施工)
平成29年度
学科I,Ⅱ (計画,環境・設備)
学科III(法規)
学科IV,Ⅴ(構造,施工)
平成28年度
学科I,Ⅱ (計画,環境・設備)
学科III(法規)
学科IV・Ⅴ(構造・施工)
平成27年度
学科I,Ⅱ (計画,環境・設備)
学科III(法規)
学科IV・Ⅴ(構造・施工)
平成26年度
学科I,Ⅱ (計画,環境・設備)
学科III(法規)
学科IV・Ⅴ(構造・施工)
平成25年度
学科I,Ⅱ (計画,環境・設備)
学科III(法規)
学科IV・Ⅴ(構造・施工)

合格基準点等
(正答枝、配点、合格基準点)
令和01年度
平成30年度
平成29年度
平成28年度
平成27年度
平成26年度
平成25年度
【 設計製図 】
平成29年度
小規模なリゾートホテル
設計課題
下書用紙
答案用紙

平成28年度
子ども・子育て支援センター
設計課題
答案用紙

平成27年度
市街地に建つデイサ付き
高齢者向け集合住宅
設計課題
答案用紙

合格基準点,解答例等
平成29年度
合格基準点等
標準解答例

平成28年度
合格基準点等
標準解答例

平成27年度
合格基準点等
標準解答例

二級建築士 過去問題

【 学科試験 】
令和01年度
学科I,Ⅱ(計画,法規)
学科Ⅲ,Ⅳ(構造,施工)
平成30年度
学科I,Ⅱ(計画,法規)
学科Ⅲ,Ⅳ(構造,施工)
平成29年度
学科I,Ⅱ(計画,法規)
学科Ⅲ,Ⅳ(構造,施工)
平成28年度
学科I,Ⅱ(計画,法規)
学科Ⅲ,Ⅳ(構造,施工)
平成27年度
学科I,Ⅱ(計画,法規)
学科Ⅲ,Ⅳ(構造,施工)
平成26年度
学科I,Ⅱ(計画,法規)
学科Ⅲ,Ⅳ(構造,施工)
平成25年度
学科I,Ⅱ(計画,法規)
学科Ⅲ,Ⅳ(構造,施工)

正答枝、配点、合格基準点
令和01年度
平成30年度
平成29年度
平成28年度
平成27年度
平成26年度
平成25年度
【 設計製図 】
平成30年度
地域住民が交流できるカフェ
を併設する二世帯住宅
鉄筋コンクリート造(ラーメン構造)3 階建て
設計課題
答案用紙

平成29年度
家族のライフステージの変化
に対応できる三世代住宅
(木造2階建て)
設計課題
答案用紙

平成28年度
景勝地に建つ土間スペース
のある週末住宅
(木造2階建て)
設計課題
答案用紙

平成27年度
3階に住宅のある貸店舗
(乳幼児用雑貨店)
RC造(ラーメン構造)3階建
設計課題
答案用紙


合格基準点,解答例等
平成29年度
合格基準点等
標準解答例
平成28年度
合格基準点等
標準解答例
平成27年度
合格基準点等
標準解答例


その他の製図解答例
平成21年度【RC造】
「商店街に建つ陶芸作家
 のための工房
 のある店舗併用住宅」
▶︎ 解答例

リンク2

設コメ 電気設備

2018-04-10

建築設備 コメンタール 

§2.建築設備
2.4 電気設備
1.電圧の種別
  電圧の種別

2.受変電設備
 ①受変電設備:
  契約電力が 50kW以上で必要
 
 ②設置形式
  開放形:
   受変電機器を現場で組み立てて配線する。
   設置面積は大きいが、設備は安い。
  閉鎖形:
   キュービクルともいい、
   鋼製のキャビネットに各機器を収めた
   工場組み立てのユニット。
   高価であるが設置面積は小さく、安全性も高い。
   キュービクルは屋外にも設置できる。
   
3.受変電室の位置・面積・構造
 ①受変電室は、
  日常の保守点検が容易で、
  引き込みや機器の搬出入に便利な場所とし、
  防火、騒音、重量を考慮するとともに、
  浸水や災害の恐れがなく、
  水の浸透や湿気の少ない場所とする。

 ②熱が多量の放出されるので、
  換気回数10回/h以上の換気が必要。

 ③受変電室には他設備の配管・ダクトは通さない

 ④電気室の面積は、延べ面積1~2%程度

4.予備電源設備
 ①非常電源用の自家発電装置は、
  非常電源が停電してから電圧確立および投入まで
  40秒以内の所要時間とする。

 ②無停電電源装置(UPS):
  オンラインの電算機などの瞬時停電に対応。

 ③定電圧定周波装置(CVCF):
  電圧などの変動による電算機の誤作動やデータの破壊を防ぐ。

5.電気方式
 ①同じ電力を供給する場合、
  電圧を高くすると電流が少なくなり、電線を細くできる。

 ②三相は単相に比べて電圧降下が小さい。
  単相2線100V:
   主に住宅などの小建築、中小ビルの電灯・コンセント
  単相3線100V/200V:
   主に100Vは電灯・コンセント、
   200Vはエアコン・40W以上の蛍光灯など
  三相3線200V:
   主に動力用

 ③ 3路スイッチは、階段の上階と下階など
  照明を2カ所から点滅する場合に用いる。

6.配電方式
 ・バスダクト方式
  ダクト内に絶縁物を介して銅などの裸電線を直接収めたもの。
  工場や大規模建築物の引込み幹線および
  電気室内の高圧配線などに使用される。

 ・フロアダクト方式
  扁平な角パイプを、床スラブ内に縦横格子状に埋め込み、
  適当な箇所にジャンクションボックスを設ける方式。

 ・セルラダクト方式
  コンクリートスラブの捨て型枠となる
  波型デッキプレートの溝を利用し、
  下面から特殊なプレートを取り付けて
  電気、電話等の配線ダクトにしたもの。

 ・アンダーカーペット方式
  床上とカーペットの間にごく薄い平形のケーブルを
  直接敷設する方式。
  増設や変更に対して、容易に対抗できる。

 ・フリーアクセスフロア方式
  床を2重床とし、
  その間を配線スペースやダクトスペースとするもの。
  コンピュータールームなどに採用される。

 ※直接埋設式地中電線路の土被り:
  車両その他重量物の圧力がある場合 1.2m以上
  その他 0.6m以上
 
7.動力制御設備
 ①スターデルタ始動方式を採用すると、
  電動機等の始動電流を小さく抑え、
  電路、遮断器等の容量が過大になることを防ぐことができる。

 ②熱源機器やポンプなどは、
  大容量の機器を1台設けるよりも小容量の機器を複数台設け、
  負荷に応じて運転台数を制御することが
  省エネルギー上、望ましい。

8.情報通信設備
 ①PBX(Private Branch Exchange:構内電話交換機):
  事務所内などでの電話機相互の接続(内線接続)と、
  電話局の回線(局線)と事業所内の電話機との
  接続(回線接続)を効果的、かつ、経済的に行う装置。

 ②LAN(Local Area Network:構内情報通信網):
  同一建物内等に分散配置されたパソコンやプリンタ等の
  端末同士をつないで、データのやりとりの合理化を図るもの。

9.避雷設備
 ①避雷設備は、高さ20mを超える建築物に必要。

 ②引下げ動線には、鉄、銅、アルミの他、
  建築物の鉄骨や相互接続した鉄筋も利用可能。

スポンサーリンクA8

スポンサーリンク

建築設備 コメンタール 

§2.建築設備
2.4 電気設備
1.電圧の種別

2.受変電設備
 ①受変電設備:
  契約電力が 50kW以上で必要
 
 ②設置形式
  開放形:
   受変電機器を現場で組み立てて配線する。
   設置面積は大きいが、設備は安い。
  閉鎖形:
   キュービクルともいい、
   鋼製のキャビネットに各機器を収めた
   工場組み立てのユニット。
   高価であるが設置面積は小さく、安全性も高い。
   キュービクルは屋外にも設置できる。
   
3.受変電室の位置・面積・構造
 ①受変電室は、
  日常の保守点検が容易で、
  引き込みや機器の搬出入に便利な場所とし、
  防火、騒音、重量を考慮するとともに、
  浸水や災害の恐れがなく、
  水の浸透や湿気の少ない場所とする。

 ②熱が多量の放出されるので、
  換気回数10回/h以上の換気が必要。

 ③受変電室には他設備の配管・ダクトは通さない。

 ④電気室の面積は、延べ面積の 1~2%程度。

4.予備電源設備
 ①非常電源用の自家発電装置は、
  非常電源が停電してから電圧確立および投入まで
  40秒以内の所要時間とする。

 ②無停電電源装置(UPS):
  オンラインの電算機などの瞬時停電に対応。

 ③停電圧定周波装置(CVCF):
  電圧などの変動による電算機の誤作動やデータの破壊を防ぐ。

5.電気方式
 ①同じ電力を供給する場合、
  電圧を高くすると電流が少なくなり、電線を細くできる。

 ②三相は単相に比べて電圧降下が小さい。
  単相2線100V:
   主に住宅などの小建築、中小ビルの電灯・コンセント
  単相3線100V/200V:
   主に100Vは電灯・コンセント、
   200Vはエアコン・40W以上の蛍光灯など
  三相3線200V:
   主に動力用

 ③ 3路スイッチは、階段の上階と下階など
  照明を2カ所から点滅する場合に用いる。

6.配電方式
 ・バスダクト方式
  ダクト内に絶縁物を介して銅などの裸電線を直接収めたもの。
  工場や大規模建築物の引込み幹線および
  電気室内の高圧配線などに使用される。

 ・フロアダクト方式
  扁平な角パイプを、床スラブ内に縦横格子状に埋め込み、
  適当な箇所にジャンクションボックスを設ける方式。

 ・セルラダクト方式
  コンクリートスラブの捨て型枠となる
  波型デッキプレートの溝を利用し、
  下面から特殊なプレートを取り付けて
  電気、電話等の配線ダクトにしたもの。

 ・アンダーカーペット方式
  床上とカーペットの間にごく薄い平形のケーブルを
  直接敷設する方式。
  増設や変更に対して、容易に対抗できる。

 ・フリーアクセスフロア方式
  床を2重床とし、
  その間を配線スペースやダクトスペースとするもの。
  コンピュータールームなどに採用される。

 ※直接埋設式地中電線路の土被り:
  車両その他重量物の圧力がある場合 1.2m以上
  その他 0.6m以上
 
7.動力制御設備
 ①スターデルタ始動方式を採用すると、
  電動機等の始動電流を小さく抑え、
  電路、遮断器等の容量が過大になることを防ぐことができる。

 ②熱源機器やポンプなどは、
  大容量の機器を1台設けるよりも小容量の機器を複数台設け、
  負荷に応じて運転台数を制御することが
  省エネルギー上、望ましい。

8.情報通信設備
 ①PBX(Private Branch Exchange:構内電話交換機):
  事務所内などでの電話機相互の接続(内線接続)と、
  電話局の回線(局線)と事業所内の電話機との
  接続(回線接続)を効果的、かつ、経済的に行う装置。

 ②LAN(Local Area Network:構内情報通信網):
  同一建物内等に分散配置されたパソコンやプリンタ等の
  端末同士をつないで、データのやりとりの合理化を図るもの。

9.避雷設備
 ①避雷設備は、高さ20mを超える建築物に必要。

 ②引下げ動線には、鉄、銅、アルミの他、
  建築物の鉄骨や相互接続した鉄筋も利用可能。

スポンサーサイト



環境・設備 コメント: 0

< 前の記事 ホーム 次の記事 >






    



管理者にだけ公開させる

ホーム

検索フォーム

スポンサーリンク2

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ村・ブログランキング

◆Recommendation◆



設計製図の課題研究の必携品
トレースするだけでも 研究になります

コンパクト建築設計資料集成
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

made in Germany
ロットリング 平行定規 A2 522002 [日本正規品]


□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

P・ドラッガー(著)
すでに起こった未来―変化を読む眼




未来の年表 人口減少日本でこれから起きること (講談社現代新書)


------------------

スポンサーリンク

チームの各人が自らの強みを知って、最大限に活かすことができれば、しいては組織全体が…. そうすれば最強の組織をつくることができる

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0