FC2ブログ
プロフィール

cosmostudy

Author:cosmostudy
Architect

建築施工のプロへの道

NHK 日曜美術館

日曜美術館 今週のお花
日美 今週の花

一級建築士 過去問題

【 学科試験 】
令和01年度
学科I,Ⅱ (計画,環境・設備)
学科III(法規)
学科IV,Ⅴ(構造,施工)
平成30年度
学科I,Ⅱ (計画,環境・設備)
学科III(法規)
学科IV,Ⅴ(構造,施工)
平成29年度
学科I,Ⅱ (計画,環境・設備)
学科III(法規)
学科IV,Ⅴ(構造,施工)
平成28年度
学科I,Ⅱ (計画,環境・設備)
学科III(法規)
学科IV・Ⅴ(構造・施工)
平成27年度
学科I,Ⅱ (計画,環境・設備)
学科III(法規)
学科IV・Ⅴ(構造・施工)
平成26年度
学科I,Ⅱ (計画,環境・設備)
学科III(法規)
学科IV・Ⅴ(構造・施工)
平成25年度
学科I,Ⅱ (計画,環境・設備)
学科III(法規)
学科IV・Ⅴ(構造・施工)

合格基準点等
(正答枝、配点、合格基準点)
令和01年度
平成30年度
平成29年度
平成28年度
平成27年度
平成26年度
平成25年度
【 設計製図 】
平成29年度
小規模なリゾートホテル
設計課題
下書用紙
答案用紙

平成28年度
子ども・子育て支援センター
設計課題
答案用紙

平成27年度
市街地に建つデイサ付き
高齢者向け集合住宅
設計課題
答案用紙

合格基準点,解答例等
平成29年度
合格基準点等
標準解答例

平成28年度
合格基準点等
標準解答例

平成27年度
合格基準点等
標準解答例

二級建築士 過去問題

【 学科試験 】
令和01年度
学科I,Ⅱ(計画,法規)
学科Ⅲ,Ⅳ(構造,施工)
平成30年度
学科I,Ⅱ(計画,法規)
学科Ⅲ,Ⅳ(構造,施工)
平成29年度
学科I,Ⅱ(計画,法規)
学科Ⅲ,Ⅳ(構造,施工)
平成28年度
学科I,Ⅱ(計画,法規)
学科Ⅲ,Ⅳ(構造,施工)
平成27年度
学科I,Ⅱ(計画,法規)
学科Ⅲ,Ⅳ(構造,施工)
平成26年度
学科I,Ⅱ(計画,法規)
学科Ⅲ,Ⅳ(構造,施工)
平成25年度
学科I,Ⅱ(計画,法規)
学科Ⅲ,Ⅳ(構造,施工)

正答枝、配点、合格基準点
令和01年度
平成30年度
平成29年度
平成28年度
平成27年度
平成26年度
平成25年度
【 設計製図 】
平成30年度
地域住民が交流できるカフェ
を併設する二世帯住宅
鉄筋コンクリート造(ラーメン構造)3 階建て
設計課題
答案用紙

平成29年度
家族のライフステージの変化
に対応できる三世代住宅
(木造2階建て)
設計課題
答案用紙

平成28年度
景勝地に建つ土間スペース
のある週末住宅
(木造2階建て)
設計課題
答案用紙

平成27年度
3階に住宅のある貸店舗
(乳幼児用雑貨店)
RC造(ラーメン構造)3階建
設計課題
答案用紙


合格基準点,解答例等
平成29年度
合格基準点等
標準解答例
平成28年度
合格基準点等
標準解答例
平成27年度
合格基準点等
標準解答例


その他の製図解答例
平成21年度【RC造】
「商店街に建つ陶芸作家
 のための工房
 のある店舗併用住宅」
▶︎ 解答例

リンク2

施工 コメント 改修工事

2018-05-26

1.3.19 改修工事

重要ポイント

1.防水改修工事
 ①ルーフドレイン回りの処理
  防水層および保護層の撤去端部は、
  既存の防水層や保護層を含め、
  ポリマーセメントモルタルで勾配1/2程度に仕上げる

2.外壁改修工事
(1)コンクリート打放し仕上げ外壁の改修
 ①樹脂注入工法
 ・自動式低圧エポキシ樹脂注入工法
 ・手動式エポキシ樹脂注入工法
 ・機械式エポキシ樹脂注入工法

 ② Uカットシール材充てん工法

(2)モルタル塗り仕上げ外壁の改修
 ①浮き部改修工事
 ・アンカーピンニング部分エポキシ樹脂注入工法
  浮き部分に対するアンカーピン本数は、
  一般部 16本/㎡
  指定部分 25本/㎡
  とする。
 *指定部分:
  見上げ面、ひさしのはな、まぐさ隅角部

 ②モルタル塗替え工法
 ・総塗り厚が 25mm以上になる場合は、
  ステンレス製アンカーピンを打ち込み、
  ステンレス製ラスを張るか、
  溶接金網ネットなどを取付け
  安全性を確保した上でモルタルを塗り付ける。

(3)タイル張り仕上げ外壁の改修
 ①タイル張りの撤去
  タイル張り仕上げを撤去してひび割れ部分を改修する場合は、
  ひび割れ周辺をダイヤモンドカッターなどで
  健全部分と縁を切って損傷が拡大しないように
  タイル目地に沿って切り込む。

 ②エポキシ樹脂注入工法

 ③Uカットシール材充てん工法

 ④タイル部分張替え工法


3.耐震改修工事
(1)現場打ち鉄筋コンクリート壁の増設
 ①既存部分の処理
  打継ぎ面となる範囲の既存構造体コンクリート面に
  目荒しを行う。

 ②鉄筋の加工および組立て
  既存部との取合い部分には、割裂補強筋を設ける。

 ③コンクリートの打込み
 ・打込み区画は、1壁ごととし、
  原則として、打継ぎはしない。

 ・流し込み工法:
  型枠の上部から重力を利用して流し込む工法。
  打込み高さが高い場合は、2段以上に配置する。

 ・圧入工法:
  コンクリートポンプなどの圧送力を利用して、
  高流動コンクリートを直接圧入して打設する工法。

  型枠下部には、鉄筋などが圧入の障害とならない位置に
  圧入孔管を設ける。

  打込み高さが高い場合は、2段以上に配置する。

  型枠上部には、空気抜き孔やオーバーフロー管を設ける。
  オーバーフロー管の流出先の高さは、
  必ずコンクリートの圧入高さより高くし、
  既存ばりの下端の高さより5~10㎝程度高くする。

(2)鉄骨ブレースの設置工事
 ①既存躯体との取合い
 ・既存部との取合い部分には、
  割裂補強筋(スパイラル筋、フープ筋、はしご筋など)
  を設ける。
  割裂補強筋は、鉄骨ブレース設置後、
  既存躯体と鉄骨ブレース枠の間に
  アンカー筋スタッドを交互に縫うように
  全周にわたって配置する。

(3)柱補強工事
 ①溶接金網巻き工法および溶接閉鎖フープ巻き工法
 ・既存柱の外周部を
  60~150mm程度の厚さの鉄筋コンクリート
  または鉄筋補強モルタルで巻き立てする補強する工法

 ・コンクリートおよび構造体用モルタルの打込みは、
  流込み工法と圧入工法がある。

 ・流込み工法の1回の打込み高さは 1m程度とし、
  1回ごとに締固めを行う。

 ・RC巻き立て補強において、
  柱の変更能力の向上のみを図る場合は、
  曲げ耐力の上昇を防ぎながら
  せん断耐力を向上させる目的で、
  床上とはり下に 30~50mm程度のスリットを設ける

 ②鋼板系巻き立て補強
 ・鋼板巻き工法
  厚さ4.5〜9mm薄鋼板を角形や円形に巻いて、
  すき間に高流動モルタルを充填する。
  鋼板の形状は円形または角形とし、角形の場合は、
  角部に半径が板厚の3倍以上のアールを設ける。

 ・帯巻き工法

 ③連続繊維補強工法
 ・柱の隅角部は半径20〜30mmR面取りとする。
 ・一般には、
  炭素繊維シートを、エポキシ樹脂を含浸させながら
  柱の周囲に巻きつける。
 ・炭素繊維シートの重ね長さは母材破断を確保できる長さとし、
  200mm以上とする。
  また、重ね位置は各面に分散させる。

 
スポンサーサイト



スポンサーリンクA8

スポンサーリンク

施工 コメント: 0

< 前の記事 ホーム 次の記事 >






    



管理者にだけ公開させる

ホーム

検索フォーム

スポンサーリンク2

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ村・ブログランキング

◆Recommendation◆



設計製図の課題研究の必携品
トレースするだけでも 研究になります

コンパクト建築設計資料集成
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

made in Germany
ロットリング 平行定規 A2 522002 [日本正規品]


□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

P・ドラッガー(著)
すでに起こった未来―変化を読む眼




未来の年表 人口減少日本でこれから起きること (講談社現代新書)


------------------

スポンサーリンク

チームの各人が自らの強みを知って、最大限に活かすことができれば、しいては組織全体が…. そうすれば最強の組織をつくることができる

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0