FC2ブログ
プロフィール

cosmostudy

Author:cosmostudy
Architect

建築施工のプロへの道

NHK 日曜美術館

日曜美術館 今週のお花
日美 今週の花

一級建築士 過去問題

【 学科試験 】
令和01年度
学科I,Ⅱ (計画,環境・設備)
学科III(法規)
学科IV,Ⅴ(構造,施工)
平成30年度
学科I,Ⅱ (計画,環境・設備)
学科III(法規)
学科IV,Ⅴ(構造,施工)
平成29年度
学科I,Ⅱ (計画,環境・設備)
学科III(法規)
学科IV,Ⅴ(構造,施工)
平成28年度
学科I,Ⅱ (計画,環境・設備)
学科III(法規)
学科IV・Ⅴ(構造・施工)
平成27年度
学科I,Ⅱ (計画,環境・設備)
学科III(法規)
学科IV・Ⅴ(構造・施工)
平成26年度
学科I,Ⅱ (計画,環境・設備)
学科III(法規)
学科IV・Ⅴ(構造・施工)
平成25年度
学科I,Ⅱ (計画,環境・設備)
学科III(法規)
学科IV・Ⅴ(構造・施工)

合格基準点等
(正答枝、配点、合格基準点)
令和01年度
平成30年度
平成29年度
平成28年度
平成27年度
平成26年度
平成25年度
【 設計製図 】
平成29年度
小規模なリゾートホテル
設計課題
下書用紙
答案用紙

平成28年度
子ども・子育て支援センター
設計課題
答案用紙

平成27年度
市街地に建つデイサ付き
高齢者向け集合住宅
設計課題
答案用紙

合格基準点,解答例等
平成29年度
合格基準点等
標準解答例

平成28年度
合格基準点等
標準解答例

平成27年度
合格基準点等
標準解答例

二級建築士 過去問題

【 学科試験 】
令和01年度
学科I,Ⅱ(計画,法規)
学科Ⅲ,Ⅳ(構造,施工)
平成30年度
学科I,Ⅱ(計画,法規)
学科Ⅲ,Ⅳ(構造,施工)
平成29年度
学科I,Ⅱ(計画,法規)
学科Ⅲ,Ⅳ(構造,施工)
平成28年度
学科I,Ⅱ(計画,法規)
学科Ⅲ,Ⅳ(構造,施工)
平成27年度
学科I,Ⅱ(計画,法規)
学科Ⅲ,Ⅳ(構造,施工)
平成26年度
学科I,Ⅱ(計画,法規)
学科Ⅲ,Ⅳ(構造,施工)
平成25年度
学科I,Ⅱ(計画,法規)
学科Ⅲ,Ⅳ(構造,施工)

正答枝、配点、合格基準点
令和01年度
平成30年度
平成29年度
平成28年度
平成27年度
平成26年度
平成25年度
【 設計製図 】
平成30年度
地域住民が交流できるカフェ
を併設する二世帯住宅
鉄筋コンクリート造(ラーメン構造)3 階建て
設計課題
答案用紙

平成29年度
家族のライフステージの変化
に対応できる三世代住宅
(木造2階建て)
設計課題
答案用紙

平成28年度
景勝地に建つ土間スペース
のある週末住宅
(木造2階建て)
設計課題
答案用紙

平成27年度
3階に住宅のある貸店舗
(乳幼児用雑貨店)
RC造(ラーメン構造)3階建
設計課題
答案用紙


合格基準点,解答例等
平成29年度
合格基準点等
標準解答例
平成28年度
合格基準点等
標準解答例
平成27年度
合格基準点等
標準解答例


その他の製図解答例
平成21年度【RC造】
「商店街に建つ陶芸作家
 のための工房
 のある店舗併用住宅」
▶︎ 解答例

リンク2

施工 コメント 設備工事

2018-05-29

1.3.20 設備工事

重要ポイント

1.設備工事
(1)電気設備工事
 ①避雷設備
  避雷針:高さ20mを超える建築物には、原則として、
      避雷針を設けなければならない。

 ②耐火構造などの防火区画の貫通
  配電管、給水管などの管が
  耐火構造などの防火区画を貫通する場合、
  その管と耐火構造などの防火区画とのすき間を
  モルタルなどの不燃材料で埋めなければならない。

(2)空調設備工事
 ①防火ダンパーの規定
 ・ダンパー及びダンパーと防火区画との間のダクトは
  厚さ 1.5mm以上の鉄板で作る。

 ・火災・誤作動後などの復旧のため、
  450mm角以上の天井点検口を設ける。

 ②自然換気の場合の給気口の位置
 ・給気口は、居室の天井高さの1/2以下の位置に設ける

 ③煙感知器の取付け場所
  煙感知器は、火災の際、煙を感知し、
  火災が広がるのを防ぐ装置に連動するものだが、
  煙は、吸込口(排気口)に向かって流れるため、
  吸込口(排気口)の近くの位置、または、
  吸出口(給気口)から 1.5m以上離れた位置に設ける

(3)給水設備工事
 ①給気配管
  ウォーターハンマーの発生する恐れのある配管には
  エアチャンバーなどの防止機具を取付ける。

 ②受水槽
 ・建築物の部分からタンクの天井までは 1m 以上
  底または周壁までは、600mm以上離す。

 ・受水槽の有効容量が、2m3以上の場合は、
  通気装置を設ける。

(4)排水設備工事
 ①排水横管の施工
  勾配は、管が太いものの方が、
  細いものに比べて小さくできる

 ②排水トラップ
 ・封水深さは、50〜100mmとする。
 ・二重トラップとならないように設ける。

 ③雨水桝
 「ため桝」によることを標準とし、
  ふたはマンホールふた、または格子ふたとする。

 ④トラップ桝
  雨水排水管(雨水排水立て管を除く)を
  汚水排水のための配管設備に連結する場合において
  当該雨水排水管に排水トラップを設ける。

(5)ガス設備工事
 ①ガス漏れ検知器の位置
 ・換気口の空気の吹出口から 1.5m以内の場所、
  ガス燃焼器の廃ガスに触れやすい場所などには設けない。

 ・都市ガスの検知器の下端は、
  天井面の下方 30㎝以内の位置に設け、
  プロパンガスの検知器の上端は、
  床面の上方 30㎝以内の位置に設ける。

 ②ガス配管の試験
  ガス配管の工事完了後、
  最高使用圧力の 1.1倍以上の圧力をかけて、
  気密試験を行う。

(6)エレベーター
 ①一般の規定
 ・給水・排水などの配管設備は、
  エレベーターの昇降路に設けない
  ただし、エレベーターに必要な配管設備や
  地震時においても
  エレベーターの機能に支障が生じないものとして、
  国土交通大臣の認定を受けたものは、
  この限りではない。

 ・出入口の床先とかごの床先との水平距離は、
  4㎝以下とする。

 ②非常用エレベーター
 ・高層建築物の火災の際、消防隊が使用するエレベーター

 ・一般的には、はしご車が届かないと考えられる
  高さ31mを超える建築物に設ける。

 ・乗降ロビーの天井および壁の室内に面する部分は、
  下地、仕上げとも不燃材料で造る。
  また、予備電源を有する証明設備を設ける。

(7)消火設備
 ①スプリンクラー設備
 ・スプリンクラーに用いる配管材料は、
  水道用亜鉛めっき鋼管、配管用炭素鋼鋼管、
  圧力配管用炭素鋼鋼管などを用いる。

 ②消防用水
 ・消防用水は、消防ポンプ自動車が
  2m以内に接近できるように設ける。

*消防設備は、
 ご存知、建築消防 advice と建築物の防火避難規定の解説(キミボン)
 最新のものを参照ください。

  
  建築消防advice2018


  
  建築物の防火避難規定の解説2016
スポンサーサイト



スポンサーリンクA8

スポンサーリンク

施工 コメント: 0

< 前の記事 ホーム 次の記事 >






    



管理者にだけ公開させる

ホーム

検索フォーム

スポンサーリンク2

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ村・ブログランキング

◆Recommendation◆



設計製図の課題研究の必携品
トレースするだけでも 研究になります

コンパクト建築設計資料集成
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

made in Germany
ロットリング 平行定規 A2 522002 [日本正規品]


□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

P・ドラッガー(著)
すでに起こった未来―変化を読む眼




未来の年表 人口減少日本でこれから起きること (講談社現代新書)


------------------

スポンサーリンク

チームの各人が自らの強みを知って、最大限に活かすことができれば、しいては組織全体が…. そうすれば最強の組織をつくることができる

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0