FC2ブログ
プロフィール

cosmostudy

Author:cosmostudy
Architect

建築施工のプロへの道

NHK 日曜美術館

日曜美術館 今週のお花
日美 今週の花

一級建築士 過去問題

【 学科試験 】
令和01年度
学科I,Ⅱ (計画,環境・設備)
学科III(法規)
学科IV,Ⅴ(構造,施工)
平成30年度
学科I,Ⅱ (計画,環境・設備)
学科III(法規)
学科IV,Ⅴ(構造,施工)
平成29年度
学科I,Ⅱ (計画,環境・設備)
学科III(法規)
学科IV,Ⅴ(構造,施工)
平成28年度
学科I,Ⅱ (計画,環境・設備)
学科III(法規)
学科IV・Ⅴ(構造・施工)
平成27年度
学科I,Ⅱ (計画,環境・設備)
学科III(法規)
学科IV・Ⅴ(構造・施工)
平成26年度
学科I,Ⅱ (計画,環境・設備)
学科III(法規)
学科IV・Ⅴ(構造・施工)
平成25年度
学科I,Ⅱ (計画,環境・設備)
学科III(法規)
学科IV・Ⅴ(構造・施工)

合格基準点等
(正答枝、配点、合格基準点)
令和01年度
平成30年度
平成29年度
平成28年度
平成27年度
平成26年度
平成25年度
【 設計製図 】
平成29年度
小規模なリゾートホテル
設計課題
下書用紙
答案用紙

平成28年度
子ども・子育て支援センター
設計課題
答案用紙

平成27年度
市街地に建つデイサ付き
高齢者向け集合住宅
設計課題
答案用紙

合格基準点,解答例等
平成29年度
合格基準点等
標準解答例

平成28年度
合格基準点等
標準解答例

平成27年度
合格基準点等
標準解答例

二級建築士 過去問題

【 学科試験 】
令和01年度
学科I,Ⅱ(計画,法規)
学科Ⅲ,Ⅳ(構造,施工)
平成30年度
学科I,Ⅱ(計画,法規)
学科Ⅲ,Ⅳ(構造,施工)
平成29年度
学科I,Ⅱ(計画,法規)
学科Ⅲ,Ⅳ(構造,施工)
平成28年度
学科I,Ⅱ(計画,法規)
学科Ⅲ,Ⅳ(構造,施工)
平成27年度
学科I,Ⅱ(計画,法規)
学科Ⅲ,Ⅳ(構造,施工)
平成26年度
学科I,Ⅱ(計画,法規)
学科Ⅲ,Ⅳ(構造,施工)
平成25年度
学科I,Ⅱ(計画,法規)
学科Ⅲ,Ⅳ(構造,施工)

正答枝、配点、合格基準点
令和01年度
平成30年度
平成29年度
平成28年度
平成27年度
平成26年度
平成25年度
【 設計製図 】
平成30年度
地域住民が交流できるカフェ
を併設する二世帯住宅
鉄筋コンクリート造(ラーメン構造)3 階建て
設計課題
答案用紙

平成29年度
家族のライフステージの変化
に対応できる三世代住宅
(木造2階建て)
設計課題
答案用紙

平成28年度
景勝地に建つ土間スペース
のある週末住宅
(木造2階建て)
設計課題
答案用紙

平成27年度
3階に住宅のある貸店舗
(乳幼児用雑貨店)
RC造(ラーメン構造)3階建
設計課題
答案用紙


合格基準点,解答例等
平成29年度
合格基準点等
標準解答例
平成28年度
合格基準点等
標準解答例
平成27年度
合格基準点等
標準解答例


その他の製図解答例
平成21年度【RC造】
「商店街に建つ陶芸作家
 のための工房
 のある店舗併用住宅」
▶︎ 解答例

リンク2

計画 コメンタール 防災・避難

2018-06-28

建築計画 コメンタール
■■ 重要ポイント ■■  

§9.防災・避難
1.防火・防災計画
 ①2方向避難の確保が重要
   但し、消防による解釈と建築基準法による
  解釈は異なるので注意が必要

 ②エレベーター、エスカレーターを
  避難経路としてはならない。


 ③建物の防火・防災性を高めるには、
  防火区画を細分化して防火区画の面積を小さくする


 ④庇、バルコニーは上階への延焼防止に有効。
  スパンドレル部分(上下間の層間)も
  層間区画 1.0m必要。
  外壁、ガラスカーテンウォールの場合は注意


 ⑤横長の窓は縦長の窓に比べ、
  噴出する火炎が外壁から離れにくく、
  上階への延焼の危険性が高い。


2.避難計画

 ①日常使用する動線を利用して避難できるようにする
  上階からの避難階への階段と
  下階からの避難階への階段を
  連続させてはならない。


 ②避難計算用在館者密度:
  百貨店、スーパーマーケットの売場:0.5人/m2
  事務室:0.125人/m2


 ③群集歩行速度:
 ・群集密度 1.5人/m2の時 1.0m/sec
  群集密度が大きくなると歩行速度は遅くなる。


 ④煙の流動速度:
  水平方向:0.5~1.0m/sec、垂直方向 3.0〜5.0m/sec


 ⑤避難安全検証法:
  火災時の避難行動、煙の状況を予測し、
  建築物の避難安全に関する性能を検証する
  性能基準による検討方法。
  階避難安全検証法と全館避難安全検証法がある。

 (基本的な考え方)
  室内の煙の降下速度よりも
  室内にいる全ての人が避難を完了すること


3.防煙・排煙
 ①排煙口は防煙区画の各部から水平距離で30m以内
  になる位置に設ける。


 ②排煙口には、手動解放装置を設ける。


 ③電源を要する排煙設備には、
  予備電源(30分以上継続)を設ける。


 ④加圧防煙システム:
  火災時に出火した居室を排煙すると同時に、
  付室に新鮮空気を加圧して、
  避難方向と逆方向の煙の流れをつくり、
  避難経路への煙の侵入を防ぐシステム。
  加圧防煙システム


 ⑤天井チャンバー方式の防煙垂れ壁は、
  垂れ壁の下端が天井面から25㎝以上。


4.避難階段と特別避難階段
 ①特別避難階段は、
  屋内から付室あるいはバルコニーを経て
  階段室に至る構造でなければならない。


 ②特別避難階段の付室は、
  避難時に階段室への煙の侵入を防止し、
  また、階段室へ人が一気に流れ込んで将棋倒しなど
  にならないように緩衝する役目がある。


 ③避難階段に通じる出入口の幅は、
  避難時に人の流れをコントロールするため、
  階段の有効幅と同じとするか、
  有効幅よりやや狭くする。


 ④特別避難階段では、
  廊下から付室に入る扉と付室から階段室に入る扉
  との距離が遠い程、
  人の流れのコントロールや煙の侵入に対して
  効果がある。


  特別避難階段の構造


5.内装制限
 ①内装制限をすることにより、
  フラッシュオーバーまでの時間を長くでき、
  初期消火に有効。
  (フラッシュオーバー以前の段階で消火すること)

  床は内装制限から除かれている。


 ②木材の出火危険温度:
  着火点260℃、発火点400〜450℃


■■ 重要用語 ■■

□天井チャンバー方式
 天井面に特別な排煙口を設けずに、
 天井懐内に設けた吸込口より機械排煙を行う方式。


□火災荷重 [ kg/m2 ]
 単位面積当たりの可燃物量を、
 同じ発熱量をもつ木材の重さに換算したもの。
 この値が小さい程、
 燃えやすいものが室内に少ないことを示す。


□フラッシュオーバー現象
 燃焼による可燃ガスが室の上部に溜まり、
 そのガスが一定の温度と濃度になると、
 急激な爆発的燃焼を起こす現象。
スポンサーサイト



スポンサーリンクA8

スポンサーリンク

計画 コメント: 0

< 前の記事 ホーム 次の記事 >






    



管理者にだけ公開させる

ホーム

検索フォーム

スポンサーリンク2

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ村・ブログランキング

◆Recommendation◆



設計製図の課題研究の必携品
トレースするだけでも 研究になります

コンパクト建築設計資料集成
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

made in Germany
ロットリング 平行定規 A2 522002 [日本正規品]


□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

P・ドラッガー(著)
すでに起こった未来―変化を読む眼




未来の年表 人口減少日本でこれから起きること (講談社現代新書)


------------------

スポンサーリンク

チームの各人が自らの強みを知って、最大限に活かすことができれば、しいては組織全体が…. そうすれば最強の組織をつくることができる

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0