fc2ブログ
プロフィール

cosmostudy

Author:cosmostudy
Architect

建築施工のプロへの道

NHK 日曜美術館

日曜美術館 今週のお花
日美 今週の花

二級建築士 過去問題

【 学科試験 】
令和03年度
学科I,Ⅱ(計画,法規)
学科Ⅲ,Ⅳ(構造,施工)
令和02年度
学科I,Ⅱ(計画,法規)
学科Ⅲ,Ⅳ(構造,施工)
令和01年度
学科I,Ⅱ(計画,法規)
学科Ⅲ,Ⅳ(構造,施工)
平成30年度
学科I,Ⅱ(計画,法規)
学科Ⅲ,Ⅳ(構造,施工)
平成29年度
学科I,Ⅱ(計画,法規)
学科Ⅲ,Ⅳ(構造,施工)
平成28年度
学科I,Ⅱ(計画,法規)
学科Ⅲ,Ⅳ(構造,施工)
平成27年度
学科I,Ⅱ(計画,法規)
学科Ⅲ,Ⅳ(構造,施工)
平成26年度
学科I,Ⅱ(計画,法規)
学科Ⅲ,Ⅳ(構造,施工)
平成25年度
学科I,Ⅱ(計画,法規)
学科Ⅲ,Ⅳ(構造,施工)

正答枝、配点、合格基準点
令和03年度
令和02年度
令和01年度
平成30年度
平成29年度
平成28年度
平成27年度
平成26年度
平成25年度
【 設計製図 】
令和3年度
歯科診療所併用住宅
鉄筋コンクリート造3階建て
設計課題
答案用紙

令和2年度
シェアハウスを併設した高齢者夫婦の住まい
木造 2 階建て
設計課題
答案用紙

令和元年度
夫婦で営む建築設計事務所を併設した住宅
木造 2 階建て
設計課題
答案用紙

平成30年度(11.11実施)
地域住民が交流できるカフェ
を併設する二世帯住宅
鉄筋コンクリート造(ラーメン構造)3 階建て
設計課題
答案用紙

平成30年度(9.9実施)
地域住民が交流できるカフェ
を併設する二世帯住宅
鉄筋コンクリート造(ラーメン構造)3 階建て
設計課題
答案用紙

平成29年度
家族のライフステージの変化
に対応できる三世代住宅
(木造2階建て)
設計課題
答案用紙

平成28年度
景勝地に建つ土間スペース
のある週末住宅
(木造2階建て)
設計課題
答案用紙

平成27年度
3階に住宅のある貸店舗
(乳幼児用雑貨店)
RC造(ラーメン構造)3階建
設計課題
答案用紙


合格基準点,解答例等
令和3年度
合格基準点等
標準解答例
令和2年度
合格基準点等
標準解答例
令和元年度
合格基準点等
標準解答例
平成30年度
合格基準点等
標準解答例
平成29年度
合格基準点等
標準解答例
平成28年度
合格基準点等
標準解答例
平成27年度
合格基準点等
標準解答例


その他の製図解答例
平成21年度【RC造】
「商店街に建つ陶芸作家
 のための工房
 のある店舗併用住宅」
▶︎ 解答例

一級建築士 過去問題

【 学科試験 】
令和03年度
学科I,Ⅱ (計画,環境・設備)
学科III(法規)
学科IV,Ⅴ(構造,施工)
令和02年度
学科I,Ⅱ (計画,環境・設備)
学科III(法規)
学科IV,Ⅴ(構造,施工)
令和01年度
学科I,Ⅱ (計画,環境・設備)
学科III(法規)
学科IV,Ⅴ(構造,施工)
平成30年度
学科I,Ⅱ (計画,環境・設備)
学科III(法規)
学科IV,Ⅴ(構造,施工)
平成29年度
学科I,Ⅱ (計画,環境・設備)
学科III(法規)
学科IV,Ⅴ(構造,施工)
平成28年度
学科I,Ⅱ (計画,環境・設備)
学科III(法規)
学科IV・Ⅴ(構造・施工)
平成27年度
学科I,Ⅱ (計画,環境・設備)
学科III(法規)
学科IV・Ⅴ(構造・施工)
平成26年度
学科I,Ⅱ (計画,環境・設備)
学科III(法規)
学科IV・Ⅴ(構造・施工)
平成25年度
学科I,Ⅱ (計画,環境・設備)
学科III(法規)
学科IV・Ⅴ(構造・施工)

合格基準点等
(正答枝、配点、合格基準点)
令和03年度
令和02年度
令和01年度
平成30年度
平成29年度
平成28年度
平成27年度
平成26年度
平成25年度
【 設計製図 】
令和03年度
集合住宅
設計課題
答案用紙

令和02年度
高齢者介護施設
設計課題
答案用紙

令和01年度(12.8)
美術館の分館
設計課題
答案用紙

令和01年度(10.13)
美術館の分館
設計課題
答案用紙

平成30年度
健康づくりのためのスポーツ施設
設計課題
答案用紙

平成29年度
小規模なリゾートホテル
設計課題
下書用紙
答案用紙

平成28年度
子ども・子育て支援センター
設計課題
答案用紙

平成27年度
市街地に建つデイサ付き
高齢者向け集合住宅
設計課題
答案用紙

合格基準点,解答例等
令和03年度
合格基準点等
標準解答例

令和02年度
合格基準点等
標準解答例

令和01年度(12.08)
合格基準点等
標準解答例

令和01年度(10.13)
合格基準点等
標準解答例

平成30年度
合格基準点等
標準解答例

平成29年度
合格基準点等
標準解答例

平成28年度
合格基準点等
標準解答例

平成27年度
合格基準点等
標準解答例

リンク2

二級建築士 平成25年度 学科 I (建築計画)解答解説⑤

2022-05-16

二級建築士 学科試験対策


平成25年度 学科 I (建築計画) ー5/5

[ No.21 ]
給排水衛生設備に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

1.クロスコネクションは、飲料水の給水・給湯系統とその他の系統とが、配管・装置により直接接続されることをいう。


2.給水設備における高置水槽方式の高置水槽は、建築物内で最も高い位置にある水栓、器具等の必要水圧が確保できるような高さに設置する。


3.大便器の洗浄方式において、洗落とし式は、サイホン式に比べて、溜水面が広く封水深が大きいため、汚物が水中に没入し、臭気の発散・汚物の付着が少ない。


4.サーモスタット湯水混合水栓は、2ハンドル湯水混合水栓に比べて、適温調整中の無駄な湯水の削減が可能であり、節水に有効である。


5.潜熱回収型ガス給湯器は、燃焼排気ガスに含まれる排熱を回収して、有効なエネルギーとして利用することが可能である。



答え

  3


[ 解答解説 ]
1.◯
クロスコネクションは、給水・給湯の上水系統とその他の系統が配管や器具により直接接続されることをいい、上水が汚染されるおそれがあるため禁止されている。


2.◯
高置水槽方式の高置水槽は、最上階の水栓や器具等を必要最小水圧に配管の摩擦損失を見込んだ高さに設置する。


3.×
サイホン式は、屈曲した排水路を満水にしサイホン作用により水を吸引して洗浄する方式である。洗落とし式は、水の段差による流水作用で汚物を押し流す方式であり、構造がシンプルで安価だが、溜水面が狭いため汚物が付着しやすく、洗浄時に水はねや大きい洗浄音が発生しやすい


4.◯
サーモスタッド混合水栓は、水栓内に組み込まれたサーモカートリッジが温度によって膨張・収縮し、水と湯の混合比を変えることで給湯温度を調節する。水温をごく短時間に自動で調節するため、2ハンドル混合水栓ではハンドルで温度調整する間に流水する水量を節水することができる。


5.◯
潜熱回収型ガス給湯器は、二次熱交換器を用いて、燃焼排ガスに含まれる排熱と水蒸気の潜熱を回収・再利用することにより、高効率を実現している。





[ No.22 ]
排水設備に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

1.排水管内の圧力変動が大きい場合は、排水トラップを直列に二重に設ける。


2.Sトラップは、Pトラップに比べて、自己サイホン作用による破封を起こしやすい。


3.敷地内の雨水ますには、雨水に含まれる泥が下水道に流れ込まないように、底部に泥だめを設ける。


4.通気管の大気開口部は、窓・換気口等の開口部付近に設ける場合、当該開口部の上端から 60cm以上立ち上げるか、又は当該開口部から水平に3m以上離す。


5.排水横枝管接続部に特殊継手排水システムを用いることにより、通気管を伸頂通気管のみとすることができる。



答え

  1


[ 解答解説 ]
1.×
排水トラップを直列に二重に設ける二重トラップは、排水の流れの抵抗が増大し、排水不良の原因となるため禁止されている


2.◯
洗面器の場合、床面への排水管の接続がSトラップ、壁面への排水管の接続が Pトラップである。Sトラップは、Pトラップに比べ、封水を破る自己サイホン作用を起こしやすい。


3.◯
雨水ますには、底部に泥だめを設け、雨水に含まれる泥砂が公共下水道に流れ込まないようにする。排水施設に関する技術基準で泥だめの深さを 15cm以上としている自治体が多い。


4.◯
通気管の末端部を建物の開口部付近に設ける場合、開口部の上端から60cm以上立ち上げるか、開口部から水平距離 3m以上離して大気中に開放する。


5.◯
特殊継手排水システムは、管の内壁周囲を排水が螺旋状に流れ、管の中心に通気を確保できる特殊継手を使用するものである。排水管が通気管の役割を果たすので、伸頂通気管以外の通気管は不要となる。




[ No.23 ]
照明設備に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

1.執務空間の照明計画は、作業面の照度だけでなく、グレアも考慮する必要がある。


2.光束法によって全般照明の照明計画を行う場合、設置直後の照度は、設計照度以上となる。


3.LEDランプは、白熱電球や蛍光灯と比べて、熱放射が少なく、寿命が長い。


4.色温度の高い光源の照明器具を用いた場合、一般に、暖かみのある雰囲気となる。


5.昼光利用制御は、設計照度を得るために、室内に入る自然光に応じて、照明器具を調光する方式である。



答え

  4


[ 解答解説 ]
1.◯
グレアはまぶしさのことで、視対象とその周囲が過剰な輝度対比を生じるときに不快に感じ、目の疲労や視認能力の低下をもたらす現象をいう。執務空間の照明計画では、作業面の照度だけでなく、グレアが生じないよう視野内の輝度分布ができるだけ均一になるよう考慮する。


2.◯
全般照明の照明計画を光束法で行う場合は、経年変化によるランプの光束減少や、室や器具の汚れによる効率低下を見込んだ保守率を考慮するため、器具設置直後の照度は設計照度以上となる。


3.◯
照明器具の寿命は、白熱電球が 1,000〜2,000時間、蛍光灯が6,000〜10,000時間、LEDランプが40,000時間程度である。LEDランプは、電力の多くが発光に使われ、熱放射が少ない。


4.×
色温度は、ある色の光を放射するときの黒体の温度をいう。色温度が低い光源の照明器具ほど一般に温かみが感じられる。色温度が高くなるにつれて、光の色は、赤、オレンジ、黄、白、青白と変化する。


5.◯
昼光利用制御は、照度センサーにより自然光による明るさを検知し、照明器具を調光して室内を適切な照度に自動制御する方式である。快適な照明環境を保ちながら省エネルギーを図ることができる。





[ No.24 ]
防災・消防設備に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

1.非常用エレベーターは、火災時における館内人員の避難に使用することを主目的として設置される。


2.屋内消火栓設備は、主に火災初期段階に用いられ、手動操作により放水する設備である。


3.水噴霧消火設備は、油火災に対して有効である。


4.不活性ガス消火設備は、電気室、発電機室、コンピューター室等の電気火災に対して有効である。


5.自動火災報知設備の定温式感知器は、周囲の温度が一定の温度以上になったときに作動する。



答え

  1


[ 解答解説 ]
1.×
非常用エレベーターは、高さが31mを超える建築物に設置される。主に消防隊の救助・消防活動に使用することを目的とする


2.◯
屋内消火栓設備は、火災の初期段階に、建築物内の在館者などが、手動操作により放水して消火する設備である。


3.◯
水噴霧消火設備は、噴霧ヘッドから水を微細な霧状にして放射し、酸素供給遮断による窒息効果と、水滴による冷却効果で消火する。油火災や電気設備の火災に適する。


4.◯
不活性ガス消火設備は、窒素ガスなどの放出で火災区画内の酸素を不燃濃度にして消火する。消火した後に施設を損傷せず、電気絶縁が良いため、電気室、コンピューター室等の電気火災に適する。


5.◯
自動火災報知設備の熱感知器には、主に定温式と差動式がある。定温式熱感知器は、周囲の温度が一定の温度以上になったときに作動する。






[ No.25 ]
環境に配慮した建築設備計画に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

1.我が国において、太陽光発電システムの年間発電量が大きくなるのは、一般に、方位は真南、設置傾斜角度は 30度程度で太陽電池パネルを設置した場合である。


2.デシカント空調は、従来の冷却除湿方式の空調に比べて、潜熱のみを効率よく除去することができる。


3.Low-Eガラスを使用した複層ガラスにおいて、一般に、屋外側よりも屋内側にLow-E ガラスを用いたほうが、暖房時の断熱性が高い。


4.タスク・アンビエント照明方式は、一般に、全般照明方式に比べて、室内の冷房負荷が大きくなる。


5.屋上緑化を導入する場合、一般に、葉表面からの水分の蒸発散が大きい植物を選んだほうが、冷房負荷の低減が期待できる。



答え

  4


[ 解答解説 ]
1.◯
北緯35度の地点では、太陽光発電システムの方位を真南、設置傾斜角度を約30度にすると、年間発電量が最大になる。


2.◯
デシカント空調は、潜熱を除湿機で処理したのち、顕熱を冷却処理する方式である。比較的高めの冷水温度で冷房することが可能であり、省エネルギー化を図ることができる。


3.◯
Low-Eガラスは、ガラス面に金属膜をコーティングして放射率を下げ、伝熱を小さくしたガラスである。複層ガラスの室内側にLow-E ガラスを用いると、窓から逃げる暖房熱量を大幅に減少することができる。屋外側に用いると、窓から流入する太陽熱を大幅に減少することができる。


4.×
タスク・アンビエント照明方式は、室内全般にやや低照度の全般照明と、作業面に必要な照度を配する局所照明を同時に行う方式である。局所照明による冷房負荷の増加よりも全般照明による減少の方が大きいため、一般に、全般照明方式に比べて、室内の冷房負荷は小さくなる


5.◯
蒸発散は、植物の光合成や呼吸に伴う葉からの水分放出という。蒸発散により水分が気化する際に大気中の熱を奪い気温を下げる効果がある、屋上緑化を導入する場合は、蒸発散量の大きい植物を選ぶ方が冷房負荷の低減が期待できる。



スポンサーサイト



スポンサーリンクA8

スポンサーリンク

二級建築士 試験対策 コメント: 0

< 前の記事 ホーム 次の記事 >






    



管理者にだけ公開させる

ホーム

検索フォーム

スポンサーリンク2

カウントダウン



学科合格発表は
8月23日

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ村・ブログランキング

◆Recommendation◆



設計製図の課題研究の必携品
トレースするだけでも 研究になります

コンパクト建築設計資料集成
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

made in Germany
ロットリング 平行定規 A2 522002 [日本正規品]


□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

P・ドラッガー(著)
すでに起こった未来―変化を読む眼




未来の年表 人口減少日本でこれから起きること (講談社現代新書)


------------------

スポンサーリンク

チームの各人が自らの強みを知って、最大限に活かすことができれば、しいては組織全体が…. そうすれば最強の組織をつくることができる

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0