fc2ブログ
プロフィール

cosmostudy

Author:cosmostudy
Architect

建築施工のプロへの道

NHK 日曜美術館

日曜美術館 今週のお花
日美 今週の花

二級建築士 過去問題

【 学科試験 】
令和03年度
学科I,Ⅱ(計画,法規)
学科Ⅲ,Ⅳ(構造,施工)
令和02年度
学科I,Ⅱ(計画,法規)
学科Ⅲ,Ⅳ(構造,施工)
令和01年度
学科I,Ⅱ(計画,法規)
学科Ⅲ,Ⅳ(構造,施工)
平成30年度
学科I,Ⅱ(計画,法規)
学科Ⅲ,Ⅳ(構造,施工)
平成29年度
学科I,Ⅱ(計画,法規)
学科Ⅲ,Ⅳ(構造,施工)
平成28年度
学科I,Ⅱ(計画,法規)
学科Ⅲ,Ⅳ(構造,施工)
平成27年度
学科I,Ⅱ(計画,法規)
学科Ⅲ,Ⅳ(構造,施工)
平成26年度
学科I,Ⅱ(計画,法規)
学科Ⅲ,Ⅳ(構造,施工)
平成25年度
学科I,Ⅱ(計画,法規)
学科Ⅲ,Ⅳ(構造,施工)

正答枝、配点、合格基準点
令和03年度
令和02年度
令和01年度
平成30年度
平成29年度
平成28年度
平成27年度
平成26年度
平成25年度
【 設計製図 】
令和3年度
歯科診療所併用住宅
鉄筋コンクリート造3階建て
設計課題
答案用紙

令和2年度
シェアハウスを併設した高齢者夫婦の住まい
木造 2 階建て
設計課題
答案用紙

令和元年度
夫婦で営む建築設計事務所を併設した住宅
木造 2 階建て
設計課題
答案用紙

平成30年度(11.11実施)
地域住民が交流できるカフェ
を併設する二世帯住宅
鉄筋コンクリート造(ラーメン構造)3 階建て
設計課題
答案用紙

平成30年度(9.9実施)
地域住民が交流できるカフェ
を併設する二世帯住宅
鉄筋コンクリート造(ラーメン構造)3 階建て
設計課題
答案用紙

平成29年度
家族のライフステージの変化
に対応できる三世代住宅
(木造2階建て)
設計課題
答案用紙

平成28年度
景勝地に建つ土間スペース
のある週末住宅
(木造2階建て)
設計課題
答案用紙

平成27年度
3階に住宅のある貸店舗
(乳幼児用雑貨店)
RC造(ラーメン構造)3階建
設計課題
答案用紙


合格基準点,解答例等
令和3年度
合格基準点等
標準解答例
令和2年度
合格基準点等
標準解答例
令和元年度
合格基準点等
標準解答例
平成30年度
合格基準点等
標準解答例
平成29年度
合格基準点等
標準解答例
平成28年度
合格基準点等
標準解答例
平成27年度
合格基準点等
標準解答例


その他の製図解答例
平成21年度【RC造】
「商店街に建つ陶芸作家
 のための工房
 のある店舗併用住宅」
▶︎ 解答例

一級建築士 過去問題

【 学科試験 】
令和03年度
学科I,Ⅱ (計画,環境・設備)
学科III(法規)
学科IV,Ⅴ(構造,施工)
令和02年度
学科I,Ⅱ (計画,環境・設備)
学科III(法規)
学科IV,Ⅴ(構造,施工)
令和01年度
学科I,Ⅱ (計画,環境・設備)
学科III(法規)
学科IV,Ⅴ(構造,施工)
平成30年度
学科I,Ⅱ (計画,環境・設備)
学科III(法規)
学科IV,Ⅴ(構造,施工)
平成29年度
学科I,Ⅱ (計画,環境・設備)
学科III(法規)
学科IV,Ⅴ(構造,施工)
平成28年度
学科I,Ⅱ (計画,環境・設備)
学科III(法規)
学科IV・Ⅴ(構造・施工)
平成27年度
学科I,Ⅱ (計画,環境・設備)
学科III(法規)
学科IV・Ⅴ(構造・施工)
平成26年度
学科I,Ⅱ (計画,環境・設備)
学科III(法規)
学科IV・Ⅴ(構造・施工)
平成25年度
学科I,Ⅱ (計画,環境・設備)
学科III(法規)
学科IV・Ⅴ(構造・施工)

合格基準点等
(正答枝、配点、合格基準点)
令和03年度
令和02年度
令和01年度
平成30年度
平成29年度
平成28年度
平成27年度
平成26年度
平成25年度
【 設計製図 】
令和03年度
集合住宅
設計課題
答案用紙

令和02年度
高齢者介護施設
設計課題
答案用紙

令和01年度(12.8)
美術館の分館
設計課題
答案用紙

令和01年度(10.13)
美術館の分館
設計課題
答案用紙

平成30年度
健康づくりのためのスポーツ施設
設計課題
答案用紙

平成29年度
小規模なリゾートホテル
設計課題
下書用紙
答案用紙

平成28年度
子ども・子育て支援センター
設計課題
答案用紙

平成27年度
市街地に建つデイサ付き
高齢者向け集合住宅
設計課題
答案用紙

合格基準点,解答例等
令和03年度
合格基準点等
標準解答例

令和02年度
合格基準点等
標準解答例

令和01年度(12.08)
合格基準点等
標準解答例

令和01年度(10.13)
合格基準点等
標準解答例

平成30年度
合格基準点等
標準解答例

平成29年度
合格基準点等
標準解答例

平成28年度
合格基準点等
標準解答例

平成27年度
合格基準点等
標準解答例

リンク2

二級建築士 平成25年度 学科II(建築法規)解答解説②

2022-05-24

二級建築士 学科試験対策


平成25年度 学科II(建築法規) ー2/5

[ No.6 ]
建築物の構造計算をする場合、構造耐力上主要な部分に用いる「建築材料等」、「応力の種類」及び「長期許容応力度に対する短期許容応力度の割合」の組合せとして、建築基準法上、誤っているものは、次のうちどれか。ただし、超高層建築物の構造耐力上の安全性を確かめるための国土交通大臣が定める基準に従った構造計算は行わないものとする。

H25-2-6_建築材料と許容応力度


答え

  1


[ 解答解説 ]
1.×
令第89条第1項表で、木材(繊維方向)の長期許容引張応力度は 1.1Ft/3であるのに対し、短期許容引張応力度は2Ft/3 であり、長期の2倍ではない。したがって、誤り。


2.◯
令第90条表1により、正しい。


3.◯
令第91条第1項表により、正しい。


4.◯
令第92条第1項表により、正しい。


5.◯
令第92条の2第1項表により、正しい。





[ No.7 ]
建築基準法上、建築物の新築に当たって、構造計算によりその構造が安全であることを、確かめなくてもよいものは、次のうちどれか。ただし、地階は設けないものとし、国土交通大臣が指定する建築物には該当しないものとする。

1.木造平家建、延べ面積 1,000m2、高さ4mの老人福祉施設


2.補強コンクリートブロック造2階建、延べ面積 220m2、高さ6mの長屋


3.鉄骨造平家建、延べ面積 200m2、高さ9mの倉庫


4.鉄骨造平家建、延べ面積 250m2、高さ4mの店舗


5.鉄筋コンクリート造2階建、延べ面積 180m2、高さ7mの事務所



答え

  3


[ 解答解説 ]
構造計算を要する建築物は、法第20条第1項第二号、第三号、令第36条の2に該当するものが対象で、第四号に該当するものは構造計算を要しない。

具体的には法第6条第1項第二号、第三号に規定する建築物が、法第20条第1項第二号、第三号に該当する。法第6条第1項第四号に規定する建築物は法第20条第四号に該当する。したがって、構造計算によって安全性を確かめなくてよいものは3である。

1.◯
法第6条第1項第二号建築物のため、構造計算が必要。


2.◯
法第6条第1項第三号建築物のため、構造計算が必要。


3.×
法第6条第1項第四号建築物のため、構造計算は不要。


4.◯
法第6条第1項第三号建築物のため、構造計算が必要。


5.◯
法第6条第1項第三号建築物のため、構造計算が必要。





[ No.8 ]
荷重及び外力に関する次の記述のうち、建築基準法上、誤っているものはどれか。

1.建築物に作用する荷重及び外力としては、固定荷重、積載荷重、積雪荷重、風圧力、地震力のほか、建築物の実況に応じて、土圧、水圧、震動及び衝撃による外力を採用しなければならない。


2.屋根の積雪荷重は、屋根に雪止めがある場合を除き、その勾配が 60度を超える場合においては、零とすることができる。


3.積雪荷重は、雪下ろしを行う慣習のある地方であっても、その地方における垂直積雪量が1mを超える場合には、垂直積雪量を減らして計算することができない。


4.保有水平耐力計算により、構造耐力上主要な部分の断面に生ずる長期の応力度を計算する場合、特定行政庁が指定する多雪区域においては、積雪荷重がある場合と積雪荷重がない場合とを考慮する。


5.建築物の地上部分の地震力については、当該建築物の各部分の高さに応じ、当該高さの部分が支える部分に作用する全体の地震力として計算する。


答え

  3


[ 解答解説 ]
1.◯
令第83条により、正しい。


2.◯
令第84条第4項により、正しい。


3.×
令第86条第6項により、誤り。


4.◯
令第82条第2号表により、正しい。


5.◯
令第88条第1項により、正しい。




[ No.9 ]
建築基準法第 35条の2の規定による内装の制限に関する次の記述のうち、 建築基準法上、誤っているものはどれか。ただし、窓その他の開口部を有しない居室、並びに自動式の消火設備及び排煙設備は設けないものとし、耐火性能検証法、防火区画検証法、階避難安全検証法、全館避難安全検証法及び国土交通大臣の認定による安全性の確認は行わないものとする。

1.地階に映画館(客席の床面積の合計 80m2)が設けられた特殊建築物で、その用途に供する部分は、内装の制限を受けない。


2.主要構造部を耐火構造とした学校は、その規模にかかわらず、内装の制限を受けない。


3.自動車修理工場は、その構造及び規模にかかわらず、内装の制限を受ける。


4.耐火建築物及び準耐火建築物以外の建築物に設ける公衆浴場で、その用途に供する部分の床面積の合計が 300m2のものは、内装の制限を受ける。


5.内装の制限を受ける居室の天井の回り縁は、内装の制限の対象とはならない。



答え

  1


[ 解答解説 ]
1.×
令第128条の4第1項第3号により、誤り。


2.◯
令第128条の4第2項、第3項により、正しい。


3.◯
令第128条の4第1項第2号により、正しい。


4.◯
令第128条の4第1項第1号表(3)により、正しい。公衆浴場は、法別表第1(い)欄(4)項(令第115条の3第3号)に該当する


5.◯
令第129条第1項本文かっこ書きにより、正しい。





[ No.10 ]
有料老人ホーム(鉄筋コンクリート造2階建、各階の床面積 150m2、高さ 6m)の避難施設等に関する次の記述のうち、建築基準法上、誤っているものはどれか。 ただし、耐火性能検証法、防火区画検証法、階避難安全検証法、全館避難安全検証法及び国土交通大臣の認定による安全性の確認は行わないものとする。

1.片側にのみ居室のある共用の廊下の幅は、1.2m以上としなければならない。


2.避難階が1階で、2階における有料老人ホームの主たる用途に供する居室の床面積の合計が 90m2の場合には、2階から1階又は地上に通ずる2以上の直通階段を設けなくてもよい。


3.建築基準法施行令第 116条の2第1項第二号の規定に該当する窓その他の開口部を有しない居室がない場合には、排煙設備を設けなくてもよい。


4.居室から地上に通ずる廊下、階段その他の通路で、採光上有効に直接外気に開放されたものには、非常用の照明装置を設けなくてもよい。


5.避難階が1階である場合、2階には、非常用の進入口を設けなくてもよい。



答え

  1


[ 解答解説 ]
有料老人ホームは法別表第1(い)欄(2)項、令第115条の3第1号、令第19条第1項の「児童福祉施設等」に該当する

1.×
令第119条により、誤り。


2.◯
令第121条第1項第4号、同条2項により、正しい。


3.◯
令第126条の2第1項本文により、正しい。


4.◯
令第126条の4本文かっこ書きにより、正しい。


5.◯
令第126条の6では、非常用進入口は3階以上の階に設けなければならないので、正しい。


スポンサーサイト



スポンサーリンクA8

スポンサーリンク

二級建築士 試験対策 コメント: 0

< 前の記事 ホーム 次の記事 >






    



管理者にだけ公開させる

ホーム

検索フォーム

スポンサーリンク2

カウントダウン



学科合格発表は
8月23日

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ村・ブログランキング

◆Recommendation◆



設計製図の課題研究の必携品
トレースするだけでも 研究になります

コンパクト建築設計資料集成
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

made in Germany
ロットリング 平行定規 A2 522002 [日本正規品]


□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

P・ドラッガー(著)
すでに起こった未来―変化を読む眼




未来の年表 人口減少日本でこれから起きること (講談社現代新書)


------------------

スポンサーリンク

チームの各人が自らの強みを知って、最大限に活かすことができれば、しいては組織全体が…. そうすれば最強の組織をつくることができる

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0