FC2ブログ
プロフィール

cosmostudy

Author:cosmostudy
Architect

建築施工のプロへの道

NHK 日曜美術館

日曜美術館 今週のお花
日美 今週の花

一級建築士 過去問題

【 学科試験 】
令和01年度
学科I,Ⅱ (計画,環境・設備)
学科III(法規)
学科IV,Ⅴ(構造,施工)
平成30年度
学科I,Ⅱ (計画,環境・設備)
学科III(法規)
学科IV,Ⅴ(構造,施工)
平成29年度
学科I,Ⅱ (計画,環境・設備)
学科III(法規)
学科IV,Ⅴ(構造,施工)
平成28年度
学科I,Ⅱ (計画,環境・設備)
学科III(法規)
学科IV・Ⅴ(構造・施工)
平成27年度
学科I,Ⅱ (計画,環境・設備)
学科III(法規)
学科IV・Ⅴ(構造・施工)
平成26年度
学科I,Ⅱ (計画,環境・設備)
学科III(法規)
学科IV・Ⅴ(構造・施工)
平成25年度
学科I,Ⅱ (計画,環境・設備)
学科III(法規)
学科IV・Ⅴ(構造・施工)

合格基準点等
(正答枝、配点、合格基準点)
令和01年度
平成30年度
平成29年度
平成28年度
平成27年度
平成26年度
平成25年度
【 設計製図 】
平成29年度
小規模なリゾートホテル
設計課題
下書用紙
答案用紙

平成28年度
子ども・子育て支援センター
設計課題
答案用紙

平成27年度
市街地に建つデイサ付き
高齢者向け集合住宅
設計課題
答案用紙

合格基準点,解答例等
平成29年度
合格基準点等
標準解答例

平成28年度
合格基準点等
標準解答例

平成27年度
合格基準点等
標準解答例

二級建築士 過去問題

【 学科試験 】
令和01年度
学科I,Ⅱ(計画,法規)
学科Ⅲ,Ⅳ(構造,施工)
平成30年度
学科I,Ⅱ(計画,法規)
学科Ⅲ,Ⅳ(構造,施工)
平成29年度
学科I,Ⅱ(計画,法規)
学科Ⅲ,Ⅳ(構造,施工)
平成28年度
学科I,Ⅱ(計画,法規)
学科Ⅲ,Ⅳ(構造,施工)
平成27年度
学科I,Ⅱ(計画,法規)
学科Ⅲ,Ⅳ(構造,施工)
平成26年度
学科I,Ⅱ(計画,法規)
学科Ⅲ,Ⅳ(構造,施工)
平成25年度
学科I,Ⅱ(計画,法規)
学科Ⅲ,Ⅳ(構造,施工)

正答枝、配点、合格基準点
令和01年度
平成30年度
平成29年度
平成28年度
平成27年度
平成26年度
平成25年度
【 設計製図 】
平成30年度
地域住民が交流できるカフェ
を併設する二世帯住宅
鉄筋コンクリート造(ラーメン構造)3 階建て
設計課題
答案用紙

平成29年度
家族のライフステージの変化
に対応できる三世代住宅
(木造2階建て)
設計課題
答案用紙

平成28年度
景勝地に建つ土間スペース
のある週末住宅
(木造2階建て)
設計課題
答案用紙

平成27年度
3階に住宅のある貸店舗
(乳幼児用雑貨店)
RC造(ラーメン構造)3階建
設計課題
答案用紙


合格基準点,解答例等
平成29年度
合格基準点等
標準解答例
平成28年度
合格基準点等
標準解答例
平成27年度
合格基準点等
標準解答例


その他の製図解答例
平成21年度【RC造】
「商店街に建つ陶芸作家
 のための工房
 のある店舗併用住宅」
▶︎ 解答例

リンク2

品確法 温熱環境・エネルギー消費量に関すること

2018-02-19

品確法の住宅性能表示制度
温熱環境・エネルギー消費量に関すること

5つめは温熱環境・エネルギー消費量に関することです。

5°.温熱環境・エネルギー消費量
住宅室内で冬期に暖かく夏期に涼しく過ごしたいとするのは自然な要求ですが、そのためには室内の温度を適切に制御することが重要な課題となります。

このとき、できる限りエネルギーの使用量を削減しつつ暖冷房を行うために、住宅の構造躯体の断熱措置などに十分な工夫を講じることが必要です。

なお、石油などの化石燃料により生み出されるエネルギーの使用を抑制することは、地球規模での環境問題としてきわめて重要な温室効果ガスの発生抑制を図る観点からも、必要な措置と考えられます。

・省エネ法の住宅省エネルギー基準の改正(平成25年10月)
・エコまち法の低炭素建築物認定基準の制定(平成24年12月)
に伴って、 品確法に関する部分も改正され、5-2 一次エネルギー消費量による計算が追加されました。
①設備を含めた一次エネルギー消費量を評価する基準を導入(下記の 5-2)
②外皮性能の計算方法の変更
※一次エネルギー消費量は、省エネルギー基準よりも水準の高い低炭素建築物認定基準相当が最上位の等級に設定されます。(5-2の等級5)

温熱環境・エネルギー消費量

5-1 温熱環境(断熱等性能等級)
5-2 エネルギー消費量

5-1 温熱環境(断熱等性能等級)
暖房器具に使用するエネルギーの削減のための断熱化等による対策の程度を表示します。
(等級4~1)
等級は、下記のように、省エネルギー基準に基づいて判断します。
等級4:平成28年に制定された基準(通称「28年基準」)に適合する。
    一般に次世代省エネといわれています。
等級3:平成4年に制定された基準(通称「4年基準」)に適合する。
    一般に新省エネ基準といわれています。
等級2:昭和55 年に制定された基準(通称「55年基準」)に適合する。
    一般に省エネ住宅といわれています。
等級1:その他
    省エネ対策のないもの

5-2 エネルギー消費量
住宅で使用する電気、灯油、都市ガスなど(二次エネルギー)を石油、石炭、天然ガスなど(一次エネルギー)に換算してどれくらい消費したかを表すものです。(等級5、4、1)

等級は下記のように省エネルギー基準に基づいて判断します。

等級5:一次エネルギー消費量のより大きな削減のための対策
(基準省令に定める建築物のエネルギー消費性能の向上の一層の促進のために誘導すべき基準(その設定の基礎となる基準一次エネルギー消費量が、基準省令第10条第1項の規定により求められたものであるものに限る。)に相当する程度)が講じられている。

等級4:一次エネルギー消費量の大きな削減のための対策
(基準省令に定める建築物エネルギー消費性能基準(その設定の基礎となる基準一次エネルギー消費量が、基準省令第5条第1項の規定により求められたものであるものに限る。)に相当する程度)が講じられている。

等級1:その他

【一次エネルギー消費量】
暖房設備、冷房設備、換気設備、照明設備、給湯設備(太陽熱利用設備、コージェネレーション設備を含む)による一次エネルギー消費量と、太陽光発電やコージェネレーション設備により発電されたエネルギー量から当該住宅の一次エネルギー消費量(設計一次エネルギー消費量)を求め、基準となる一次エネルギー消費量(基準一次エネルギー)と比較することで評価します。

一般的には、
国立研究開発法人建築研究所の下記プログラムにより行います。
住宅・住戸の一次エネルギー性能の判定プログラム(Ver. 2.3.1)

共同住宅などの共用部分に関しては、非住宅対応のプログラムになります。
エネルギー消費性能計算プログラム (非住宅版) Ver. 2.4

地域区分は、下記の8地域からなり評価します。
1・2 北海道等
3   北東北等
4   東北、北関東等
5・6 関東、東海、近畿、中国、四国、北九州等
7   南九州等
8   沖縄等
スポンサーサイト



スポンサーリンクA8

スポンサーリンク

住宅性能表示制度 コメント: 0

< 前の記事 ホーム 次の記事 >






    



管理者にだけ公開させる

ホーム

検索フォーム

スポンサーリンク2

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ村・ブログランキング

◆Recommendation◆



設計製図の課題研究の必携品
トレースするだけでも 研究になります

コンパクト建築設計資料集成
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

made in Germany
ロットリング 平行定規 A2 522002 [日本正規品]


□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

P・ドラッガー(著)
すでに起こった未来―変化を読む眼




未来の年表 人口減少日本でこれから起きること (講談社現代新書)


------------------

スポンサーリンク

チームの各人が自らの強みを知って、最大限に活かすことができれば、しいては組織全体が…. そうすれば最強の組織をつくることができる

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0